サイエンスアーツ(4412)のIPOがマザーズに新規上場承認されたので詳しくご紹介したいと思います。今回も業績や上場規模などを確認し、抽選に参考になるような情報を自己評価してみたいと思います。


主幹事は岡三証券が務め公開株数220,000株、オーバーアロットメント33,000株です。上場規模は想定発行価格1,510円から計算すると約3.8億円になります。


売上は拡大していますが赤字企業になります。赤字が許されるサブスクリプション型課金モデルのSaaS形式になります。


サイエンスアーツ(4412)IPOの初値予想と上場
※サイエンスアーツ公式サイト引用


同社の「Buddycom」は単なる音声によるコミュニケーションにとどまらず、インターネットを介したクラウドサービスになります。


独自に開発した技術によって音声の他、画像や動画などのコンテンツのやり取りを可能にしています。インターネット環境であればデータやコンテンツがデジタル化されて蓄積されます。


鉄道会社や航空会社、GMS(総合スーパー)、介護施設、工場、商業施設、大規模小売店舗などあらゆる業種・業態において業務課題を解決するサービスを行います。


すでに370社の顧客に利用されているそうです。ソフトバンクやイオンリテールへの販売率が高くなっています。目論見によればJR東海やJAL(日本航空)との取引も行われています。


大手との取引があることは買い材料になると思います!


サイエンスアーツ(4412)IPOの上場基本データと引受幹事

項目上場基本データ
市場マザーズ
業種情報・通信業
事業内容 デスクレスワーカーをつなげるライブコミュニケーションプラットフォーム「Buddycom」の開発・販売
上場日11月24日
ブックビルディング期間11月04日~11月10日
想定価格1,510円
仮条件1,510円~1,710円
公開価格1,710円
初値結果4,545円(公開価格2.66倍)
企業情報https://www.buddycom.net
監査人有限責任監査法人トーマツ


【手取金の使途】

手取概算額272,840千円については、運転資金として①人件費、人材採用費及びオフィス拡張に伴う賃借料に、設備資金として②人員増に伴うオフィスの拡張に、それぞれ充当する予定。

※有価証券届出書(新規公開時)引用



項目株数データ
公募株数200,000株
売出株数20,000株
公開株数(合計)220,000株
オーバーアロットメント33,000株
上場時発行済み株数3,356,000株(公募分を含む)
想定ベースの時価総額約50.7億円
幹事団岡三証券(主幹事)
大和証券
SBI証券
SMBC日興証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
岡地証券
マネックス証券
楽天証券
エイチ・エス証券
むさし証券
委託見込岡三オンライン証券
SBIネオトレード証券


サイエンスアーツ(4412)上場評判とIPO分析

想定発行価格1,510円を基に吸収金額を算出すると約3.3億円となり、オーバーアロットメントを含めると約3.8億円規模の上場となります。赤字でもこの規模であれば人気があると思います。


同社はデジタルコンテンツの作成方法がPCのキーボードやモバイル端末からの手入力が主流であった当時から、デジタルデバイスを使いこなせない高齢者や、業務上デジタル端末への入力に支障がある現場の人々にとって、音声をそのままデジタル化する手段に対するニーズが一層高まっていくものと考えていたそうです。


アナログ無線の終了(2022年11月30日)や公衆PHSのサービス終了(2021年1月31日)に伴い、従来無線機やPHSなどでコミュニケーションを取っていた現場においても、新たなコミュニケーションの手段が必要とされています。


サイエンスアーツ(4412)上場評判と業績
※有価証券届出書引用


サイエンスアーツは「Buddycom」の利用ライセンス(ID)を、サブスクリプションでセールスパートナー(販売代理店)を通じてエンドユーザーに販売しています。


エンドユーザーは手持ちのスマートフォンやタブレットにアプリをインストールし、Buddycomを申込む際に付与されるIDと指定のパスワードを入力してログインすれば、すぐに使い始めることができます。


あわせてBuddycomを顧客の現場で有効に活用いただくために必要な、イヤホンマイクなどのアクセサリーも販売しています。


サービス導入企業はイオンリテールや東海旅客鉄道、JALエンジニアリング、ツクイなど多くの大企業で現場を支えるデスクレスワーカーに利用されているそうです。


サイエンスアーツ(4412)のサービス導入顧客
※有価証券届出書引用


Buddycomは利用者数に応じた定額の利用料(サブスクリプション型の課金)となり、安定的な収益獲得が可能なビジネスモデルとなっています。


利用契約は1月ごとの契約と1年ごとの契約があります。


顧客が通信した会話や画像、動画などのデータは、すべてクラウドを通して配信され同時にクラウドに保存されるSaaS形式で提供しています。


セキュリティ上の対策としては、TLS/SSLで通信を暗号化しているそうです。


インターネットに接続できる環境なら「誰でもどこでも」使うことができるため、日本国内にとどまらず世界中で販売することが可能です。


サイエンスアーツ(4412)IPOの販売実績と取引先
※有価証券届出書引用


同社はBuddycomの前身であるAldioの販売開始当初、自社営業による直接販売を中心としていましたが、現在ではセールスパートナー(販売代理店)による営業展開にシフトしているそうです。


この他、様々なソフトウェア又はハードウェアなどのソリューションを持つ他社サービスとのAPIによる連携を行った上でBuddycomを提供することもあるそうです。


また、同社はBuddycomライセンスの販売の他に、大容量データに対応したディスク型のデータベースと、高速アクセスに対応したメモリ型データベースを併せ持つ「ALTIBASE」というハイブリッド型データベースのライセンスの販売、及びサポートを提供しています。


新規顧客へのライセンスの販売は終了しており、引き続き利用中の顧客に対してのサポートを継続中です。


サイエンスアーツ(4412)の企業財務情報と配当性向

回次第16期第17期
決算年月2019年8月2020年8月
売上高179,102222,760
経常利益又は経常損失△95,238△92,373
当期純利益又は当期純損失△95,988△92,063
資本金50,00050,000
純資産額218,514278,601
総資産額451,267428,031
1株当たり純資産額74.7292.43
1株当たり当期純損失△33.26△31.48
自己資本比率(%)48.465.1
自己資本利益率(%)
株価収益率(倍)
配当性向(%)
営業活動によるキャッシュ・フロー△78,302△92,419
投資活動によるキャッシュ・フロー△12,692210
財務活動によるキャッシュ・フロー248,63864,479
現金及び現金同等物の期末残高396,317368,587
※数値は千円単位



第18期第3四半期累計期間(2020年9月01日~2021年5月31日)
  • 売上高240,071千円
  • 営業損失109,729千円
  • 経常損失107,879千円
  • 四半期純損失107,808千円



【第18期第3期のチェックポイント!】

国内ソフトウェア市場は、働き方改革や人手不足の解消などの課題解決に向けコミュニケーション促進や業務自動化・効率化につながるソフトウェアの導入が進み、2020年度は前年度比9.7%増の1兆5,052億円が見込まれています。

また、同社は主力サービスであるBuddycomの開発及び販売に注力したそうです。売上高は伸長した一方、Buddycomの開発及び人員増加による人件費の増加や広告宣伝費の増加等により、販売費及び一般管理費も増加し大きく赤字となっています。


サイエンスアーツ(4412)の株主状況とロックアップについて

会社設立は2003年9月19日、東京都新宿区神楽坂四丁目1番地1オザワビル7階に本社を構えます。社長は平岡秀一氏(1961年8月14日生まれ)、個人の株式保有率は19.48%(640,000株)です。


従業員数22人で臨時雇用者0人、平均年齢31.7歳、平均勤続年数3.0年、平均年間給与4,844,000円です。


セグメント別従業員数はBuddycom事業とその他で18人、全社共通4人になります。


氏名又は名称所有株式数(株)所有株式数割合(%)ロック
合同会社平岡秀一事務所1,500,000株45.66%
平岡 秀一640,000株19.48%
SBテクノロジー株式会社225,000株6.85%
auカブコム証券株式会社200,000株6.09%
株式会社ブロードバンドタワー133,000株4.05%
横道 克己83,600株2.54%
岡地証券株式会社70,000株2.13%
※株主上位7名の状況


【ロックアップについて】

本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人かつ貸株人である平岡秀一並びに当社株主である合同会社平岡秀一事務所、SBテクノロジー株式会社、auカブコム証券株式会社、株式会社ブロードバンドタワー、岡地証券株式会社、日本ATM株式会社、株式会社プラネット、株式会社ぐるなび及び株式会社アルファステップは、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場日後90日目の2022年2月21日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却等を行わない旨合意しております。

※有価証券届出書(新規公開時)引用



上位株主には90日間(2022年2月21日まで)のロックアップが付与されています。ロックアップ解除倍率の記載は目論見にありません。


上記の他、上場前の第三者割当による自己株式の処分に関し、JPE第2号株式会社、ツクイ・ケアテック投資事業有限責任組合、東洋テック株式会社、新株予約権の割当を受けた者との間に継続所有等の確約を行っています。


親引けは行われません。


サイエンスアーツ(4412)IPOの初値予想と幹事引受け株数

大手初値予想は仮条件発表後に掲載を予定しています。しばらくお待ちください。最新業績予想の他、仮条件発表後のPERやPBRなども後日追記します。


仮条件範囲が1,510円~1,710円に決定し、想定発行価格を下限に200円の引上げとなっています。赤字企業で業績水準が低くても人気化するようです。


公募組には単価引き上げは嬉しい材料だと思います。


ロックアップは90日間でVCや関係会社にもかけられています。新株予約権も上場後半年間は売却ができないため公開価格以外の株流通は少ないと考えられます。


解約率の低いサブスクリプション型課金モデルの収益構造となっているため個人投資家からの需要は大きそうです。機関投資家の参戦はあまり期待できないようです。


初値持越しとなった銘柄を調べると7月06日に上場したBCC(7376)以降ありません。サイエンスアーツは初値持越しとなり高値を目指して欲しいものです。短期的に資金集中の可能性はあると思います。


大手初値予想4,000円以上
修正値3,500円~4,300円

※注目度B


業績予想は2022年8月期の連結予想を確認でき、売上4.14億円で前期比13.42%増、経常利益-0.96億円となり前期-0.95億円と同水準になります。


四半期利益は-0.96億円で前期-0.95億円となっています。売上は伸びていますが人件費の膨らみによる赤字継続となっているようです。このため赤字でも違和感はなさそうです。


またEPS-30.26でBPS126.46となりPERは算出不可、PBRは13.52倍になります。新興市場の指標でよく用いられるPSRは14.4倍になります。このくらいの数値であればかなり需要が見込めそうです。


機関投資家からの評価は高そうなので公開価格割れはないと考えています。公開規模も小さいため初値高騰パターンのIPOになると思います。


取引先には大手企業が多いようですが問題なのは事業規模が小さいことです。SaaS株じゃなければ地方上場も怪しい収益規模ですからね。


幹事名割当株数引受割合
岡三証券(主幹事)187,000株85.00%
大和証券8,800株4.00%
SBI証券8,800株4.00%
SMBC日興証券4,400株2.00%
三菱UFJモルガン・スタンレー証券4,400株2.00%
岡地証券2,200株1.00%
マネックス証券1,100株0.50%
楽天証券1,100株0.50%
エイチ・エス証券1,100株0.50%
むさし証券1,100株0.50%


株数が少ないため当選は困難だと思います。赤字企業ですが公開株数が少なくSaaS形式のため初値売却で利益が見込めると思います。当選を狙うには主幹事の岡三証券からの申込を行っておきましょう。対面口座の方でも今回は厳しそうです。


また岡三オンライン証券でも抽選に参加できると思います。資金不要でIPO抽選に参加できるため口座を開設している方は申込んでおきましょう。


当サイト特典で3,500円貰えるためよかったらご利用ください。詳しくは下記記事にまとめています!




少しお得なキャンペーンだと利回りくんがお勧めです。口座開設で1,000円分のAmazonギフト券が貰えます。さらに投資を行えば追加で1,000円分貰え合計2,000円分のアマギフになります。


1口1万円からの投資なのでハードルは低いと思います!!




もう少しキャッシュバックが欲しいと考えている方は大家ドットコムで20万円以上投資を行うと1.1万円貰えます。


詳しくは下記記事にまとめています。毎月締め切りが行われるためはやめに参加すれば現金を短期間で受け取ることができます。




類似企業のPERやPBRを調べてみました

類似企業とPERやPBRは仮条件発表後に記載したいと思います。


類似企業PER
PBR
ブイキューブ(3681)PER16.22倍PBR7.48倍
Jストリーム(4308)PER15.72倍PBR2.65倍
AI CROSS(4476)PER20.3倍PBR4.54倍
※2021年11月03日の株価基準

ストックオプションの株数や発行価格を調べました

ストックオプション行使期間株式の数発行価格
2019年5月01日~2026年4月30日33,600株250円
2020年12月26日~2028年8月31日113,000株1,500円
2021年8月21日~2028年8月31日7,000株1,500円
2022年11月28日~2030年11月27日84,000株1,700円
2023年2月27日~2031年2月26日4,000株1,700円


ストックオプション(新株予約権)は153,600株が上場時点で行使期限に入ります。


継続所有の確約の他に、上場後半年を経過するまでの期間は新株予約権を行使できないことになっています。


ツイッターでもIPO記事のチェックができます!

最新情報を手に入れたい方やレア情報、気になったことをツイートしています。IPO投資歴は15年と長くソーシャルレンディングも6年目突入!安定の利益でブログも15年目に突入。


サイエンスアーツ(4412)IPOの評価と申し込みスタンスまとめ

サイエンスアーツのIPOは全力で取りに行くつもりです。赤字企業となっていますがいずれ黒字化できると思います。


売上が拡大しているため需要が見込めます。ただ従業員数が上場時で22人なのは心配です。


サイエンスアーツ(4412)IPOの評価
※サイエンスアーツ公式サイト引用


同社は多様な環境下で培ったIP無線のノウハウを活用し、独自の新規顧客獲得戦略を採用することにより、他社との差別化を図るそうです。


現状で大手企業との取引も多いため競合性を考えると優位だと考えられます。類似するサービスを大手企業が取り組むと優勢性が損なわれる可能性はありますよね。


技術革新のスピードが速いためはやく黒字化できるところまで成長しなければならないと思います。企業規模が小さいことは心配な材料です。


代表の平岡秀一氏は実質的に支配する会社の所有する分と合わせ発行済株式総数の63.8%を所有しています。株主名簿にはベンチャーキャピタル出資があり、新株予約権は発行株数の6.7%(241,600株)となっています。


当選確率は高くないため、落選覚悟で申込をコツコツ行っておきましょう!!


年末のIPOが忙しくなる前にCONNECT(コネクト)の証券口座を準備しておきましょう。2021年も20社程度の上場が12月に期待できると思います。


忙しくなる前に証券口座だけは準備しておきましょう。IPOルールは下記記事にまとめています!!


クラウドバンクを使った投資を5年間続けています

1万円から投資ができコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。実質平均利回りは6.80%で融資元本回収率は100%を維持しています!

クラウドバンク評判

下記記事で実際に投資を行っている内容をまとめています。即時入金も用意され入金を無料化できます。毎月分配金型になり日本円の出金も無料なのでお小遣いにすることも可能です。