名南M&A(7076)の最新初値予想や幹事配分がわかりました。自己評価を含め今回もブックビルディングスタンスを決定したいと思います。


現在のスタンス的には買い需要が発生する期待が大きいようです。上場市場がセントレックスとなっていることが不安材料です。しかし過去には何度も公開価格を超えて発進するIPOもあったため悩む銘柄です。


名南M&A初値予想と幹事配分


項目 株数データ
想定価格 1,610円
仮条件 11月12日
公開価格 11月21日
公募株数 180,000株
売出株数 260,000株
公開株数(合計) 440,000株
オーバーアロットメント 66,000株
幹事団 東海東京証券(主幹事) ←狙い目です
みずほ証券
SBI証券
岡三証券
エース証券
委託幹事 岡三オンライン証券 ←取扱い決定
DMM.com証券 ←事前申込可能
※2019年11月11日調べ


後継者問題を抱える企業が多くテレビでも問題視されている状況です。中堅中小企業のM&Aニーズはかなり多いため類似企業を含め業績が好調のようです。


M&A仲介は現在のところ東海地方に限定されるようですがそれでも業績期待があります。IPOにおいても人気のためセントレックスへの上場でも利益が狙えるようです。地方上場のため不参加となる方もいると思いますが「まさか」が起きそうな雰囲気です。


2020年9月期の単体業績予想は売上10.9億円で前期比36.4%増を見込みます。経常利益は2.1億円で前期と変わらない予想が出ています。四半期利益もほぼ変わらず100万円増の1.4億円となっています。



想定発行価格1,610円からPERを計算すると約16.83倍、PBR3.41倍になるようです。そして配当金が10円となっています。ほぼ出ないのと変わりませんがセントレックス上場ですからね。


ビジネスモデルは報酬の多くを案件成約時に受領する成功報酬型のビジネスモデルとなっています。事案により多少取り組み方が異なるようです。大型案件の成約はもちろんですが期間ごとの成約案件数の偏りにより、業績が大きく変動する可能性があります。


「事業承継型M&A」や「業界再編型M&A」は今後も増加すると言われているためしばらくは同社の経営は順調そうです。


もっと詳しく知りたい

名南M&Aの詳細情報を知りたい方は下記記事にまとめているので参考にしてください。仮条件発表後には追記する形で最新の初値予想も記載しています。

名南M&AのIPO上場承認と初値予想!セントレックスは地雷か?



kimukimu

雰囲気的にはIPO抽選に積極的に参加してもよさそうです!ただ思ったほど初値利益がでないパターンもあるかも?という心配があります。


初値予想2,000円~3,000円!


幹事名 配分単位 引受割合
東海東京証券(主幹事) 396,000株 90%
みずほ証券 13,200株 3%
SBI証券 13,200株 3%
岡三証券 13,200株 3%
エース証券 4,400株 1%


上場規模は約8.1億円なのでマザーズであれば初値2倍以上は期待できたように思います。株数は公開価格とオーバーアロットメントを合わせて506,000株になります。地方上場でこの規模は微妙なんですけどなんだか人気みたいなんですよね。


そして東海東京証券が地場の主幹事を執り行うため期待できそうです。これまでも何度も力を見せつけてきました。今回はそれほど不安になるIPOではないため多くの方がIPO抽選に参加してくるようです。


多分、思ったほど当選しないと考えられますが当選すれば5万円程度は期待が出来そうです!従業員は27人と小規模事業となっていますが親会社があるためグループ企業と考えた場合規模もそれなりに大きいです。


IPO投資について詳しくまとめた記事を作成しました。これを読めばIPOのことをより理解できるかも!前受け金不要や後期型抽選方式、さらには何処で証券口座を開設すれば良いのか?などを全てまとめています。

⇒ IPO初心者が投資で成功するための方法をブログで赤裸々解説【保存版】


IPO投資は少し飽きたと考えている投資家にお勧めできるソーシャルレンディング企業の記事を作成しました。利回りと期間限定でポイントが貰えるのでこの機会にGETでしょう!

⇒ 【全員貰える】クラウドクレジット投資でSBIポイント5,000円分の驚愕事実!



親会社グループは同社を含め18社で構成され経営コンサルティング事業、会計事務所支援事業、海外進出支援事業、不動産仲介事業、M&A仲介事業を主な事業としています。


名南M&AのPERが低めに設定されているのは地方上場であることや関連会社があるためでしょう。発行株式の殆どを親会社が保有していることから公開株式以外の株が出回る可能性は低いようです。ただし将来的には親会社が株式を売却してくるそうです。


その時にはセントレックスから本則市場(市場第一部・第二部)へ昇格しているかもしれません。もしくは東証へ鞍替えとなっているかも?


IPOで損をすることはなさそうでなので積極的に抽選に参加したいと思います。


名南M&A(7076)IPOの主幹事決定しました! 【IPO申込で資金重複でもOK】
⇒ 東海東京証券公式へ



※東海東京証券のIPO抽選が激ヤバ【口座管理料無料化できます】






クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

またクラウドバンク社長にインタビューを行い気になることもズバット聞いてみました。全ての問いに回答頂けるなんて思ってもおらず私の中で信頼度UPとなっています。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

現在のところ投資額は60万円弱でソーシャルレンディングへの投資は総額250万円を超えています。余裕資金があればぶち込みですね!

クラウドバンク投資4年の実績と評価記事