ノバレーゼ(9160)IPOの初値予想と幹事割当数などを評価したいと思います。再上場案件でスタンダード市場、そして荷もたれ感ある上場規模とVCイグジット案件なので不人気要素が揃います。


さらにブライダル系のIPOは人気が見込めません。株式市場は高値を維持しているため公開価格を下回らなければIPO成功でしょう。


ノバレーゼ(9160)IPOの評価


項目株数データ
想定価格570円
仮条件6月14日
売出価格6月21日
公募株数0株
売出株数10,881,500株
公開株数(合計)10,881,500株
オーバーアロットメント1,632,200株
幹事団野村證券(主幹事)
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SMBC日興証券
大和証券
みずほ証券
楽天証券
松井証券
SBI証券
委託見込LINE証券
大和コネクト証券
DMM.com証券


同社は結婚式場の運営やレストラン運営などを行います。2022年12月期の売上はブライダル事業96.3%、レストラン特化型事業3.7%になります。


2016年11月に上場廃止となり、不採算店舗改善や新規出店などを行い業績を伸ばします。ただその後は新型コロナウイルス感染症により業績を大きく落としてしまいます。


赤字は2020年12月期だけでその後はV字回復となっています。この辺りは経営力の高さが伺えます。


想定発行価格570円を基にした吸収金額は約71.3億円、時価総額は約142.5億円です。


事前評価が低いため主幹事の腕のみせどころだと思います。野村證券案件と考えれば営業力で何とかなるのでは?とも感じます。初値で買い向かう投資家は誰でしょうね。


親引けがMAX実施されても13.15億円です。差し引いても市場から58.1億円程度の資金を集めないといけません!


1単元あたりの株単価が低いため投機的な資金を呼び込むこともできそうですが不安が先行する銘柄だと思います。公募組の多くはIPOに不参加かもしれません。


ノバレーゼ(9160)IPOの大手初値予想と評価はこうなる!

大手初値予想の数値を調べてみました。予想レンジが狭く公開価格割れの懸念もありそうです。


最新の初値予想は下記のようになっています!


大手初値予想550円~600円
※注目度A


ネット組は株単価が低いため売却手数料を考えると損失となる可能性もありそうです。


機関投資家リサーチで反応が悪ければ売出株数の削減を行ってくるかもしれません。VCとしてはより多くの株式を売却したいところでしょう。


同社の事業内容や上場承認時のデータは下記記事でまとめています。

ノバレーゼ(9160)の上場データと初値予想を考察!再上場のVC案件


ノバレーゼ(9160)IPOの幹事割当数と引受割合を調べました

幹事割当数と引受割合を調べました。主幹事は野村證券が単独で務めます。


幹事名割当株数引受割合
野村證券(主幹事)9,793,400株90.00%
三菱UFJモルガン・スタンレー証券272,100株2.50%
SMBC日興証券185,000株1.70%
大和証券152,300株1.40%
みずほ証券152,300株1.40%
楽天証券108,800株1.00%
松井証券108,800株1.00%
SBI証券108,800株1.00%


当選を狙うのであればどの証券会社から申込んでも当選確率が高いと思います。


野村證券はもちろんですが、三菱UFJモルガン・スタンレー証券やSMBC日興証券でも当選確率が高いでしょう。ペナルティーなどもありますからね。


楽天証券やSBI証券だと口座開設者が多いため容易に当選できないと思います。


特にSBI証券はIPOチャレンジポイントを狙った申し込みが多いですからね。


また、ノバレーゼの上場日は2023年6月30日になり3社同日上場となっています。ジーデップ・アドバンス(5885)とクラダシ(5884)が同日に上場します。


ノバレーゼはしっかりとした利益を計上しているため業績の評価はできると思います。ただ不人気事業でVC売出し株なので敬遠されるでしょう。


kimukimu

利益がでても大きくは見込めないと考えています。



6月末までバンカーズに10万円投資すると2,000円分の選べるe-GIFTが貰えます。口座開設だけでも1,500円分なので合計3,500円分貰えます!


30万円投資するとさらに選べるe-GIFTが貰えます。6月から期間限定でレベルアップしているため今がチャンスでしょう。詳しくは下記記事でまとめています。




ノバレーゼ(9160)IPOの業績予想と抽選参加スタンスまとめ

最新の業績予想を調べ抽選参加スタンスについて考えてみたいと思います。


現時点で人気は高まっていないようです。2023年は一見人気がないIPOに資金が向かうことも多いため気にかけておきたいと思います。


ノバレーゼ(9160)IPOの業績予想
※ノバレーゼ公式サイト引用


業績を確認すると2023年12月期の連結予想を確認することができました。それによれば売上201.14億円となり前期172.22億円から16.79%増、経常利益27.77億円となり前期24.85億円から11.75%増となります。


四半期利益は18.60億円となり前期16.56億円から12.32%増を予想しています。直近の業績は増収増益となっています。


想定発行価格570円を基にした指標はEPS74.43からPER7.66倍、BPS363.85からPBR1.57倍になります。


将来的には株価が上昇する可能性は十分あると思いますが、初値形成時はあまり人気が見込めないと思います。決算の問題はありますが7月上場なら行けたかもしれませんね。


この状況で仮条件が引上げられると公募組はより悩みそうです!


不動産投資型クラウドファンディングで利回り10%を提供する企業が登場しました。しかもこれまでと異なる新スキームになります!!


LEVECHY(レベチー)では倒産隔離や信託保全など投資家保護につながるサービスを提供しています。私も口座開設後に抽選に参加してみました。その流れを下記記事でまとめています。


上場企業のCREAL(クリアル)で「当サイト経由の特典」が付きました

新規登録を行うとAmazonギフトカード1,000円分プレゼント、さらに初回投資に応じて最大5万円分貰えます。劣後出資とマスターリース契約、さらに信託銀行活用の分別管理は業界随一!

クリアル(CREAL)

1万円から投資でき「ほったらかし」で資産運用できます。賃料収入をもとに配当、想定利回り4.0%~5.5%で償還実績は元本割れ0件。最強スペック企業なので下記記事でまとめました。