Cocolive(ココリブ)[137A]の初値予想と幹事割当数などを評価したいと思います。SaaS関連株で業績に勢いある企業のためIPOでは人気が見込めそうです。


ただ類似企業比較では株価設定が高めとなっています。仮条件上振れになると公募組は魅力が薄れそうです!


Cocolive(ココリブ)[137A]IPOの評価


項目株数データ
想定価格1,780円
仮条件2月08日
公開価格2月19日
公募株数150,000株
売出株数465,300株
公開株数(合計)615,300株
オーバーアロットメント92,200株
幹事団SMBC日興証券(主幹事)
みずほ証券
楽天証券
松井証券
SBI証券
委託見込DMM.com証券
SBIネオトレード証券


同社は不動産業界向けマーケティングオートメーションツールKASIKA(カシカ)の開発・販売を行っています。


クラウド型営業自動化ツールになり自動メール返信機能に特徴があります。不動産業界はIT化が遅れているため上場による効果で今期以降も増収増益の期待がもてそうです。


一般的に解約率の低いSaaS関連株ということもIPOでは注目されるかもしれません。


想定発行価格1,780円による吸収金額は約12.6億円、時価総額は約52.0億円です。


ベンチャーキャピタル(VC)保有株については90日間のロックアップ、解除倍率設定が発行価格(公開価格)の1.5倍以上となっています。


久しぶりにVC出資額を超えるような商いが期待できるかもしれません!!


Cocolive(ココリブ)IPOの大手初値予想と評価はこうなる!

大手初値予想の数値を調べてみました。先に上場するIPO次第で初値上昇率が大きく異なりそうです。


最新の初値予想は下記のようになっています!


大手初値予想2,500円~2,800円
※注目度B


一昔前であればこのクラスのIPOは初値1.5倍くらいが当たり前でした。地合いが少し良いだけで初値2倍も見込めるIPOです。


しかし、2023年下半期からIPOに資金が入らない状況が続いています。資金がいつ流入するのかわからないためしばらく公募組はアンテナをはっておきましょう。


同社の事業内容や上場承認時のデータは下記記事でまとめています。

「IPO承認」Cocolive(ココリブ)[137A]の上場データと初値予想を考察!


Cocolive(ココリブ)IPOの幹事割当数と引受割合を調べました

幹事割当数と引受割合を調べました。主幹事はSMBC日興証券が単独で引き受けます。


幹事名割当株数引受割合
SMBC日興証券(主幹事)597,100株97.04%
みずほ証券9,200株1.50%
楽天証券3,000株0.49%
松井証券3,000株0.49%
SBI証券3,000株0.49%


当選狙いならSMBC日興証券の一択でよさそうです。平幹事からの申込みはほぼ絶望的な感じだと思います。


SMBC日興証券は主幹事を引受けることも多いため、IPO投資で儲かりたいなら証券口座を開設しておいたほうが良いと思います。


IPOルールは下記記事でまとめています。ステージ制もありますが個人的にはあまり関係がない気がしています。最低ランクの当選者が目立ちますからね。




Cocolive(ココリブ)IPOの業績予想と抽選参加スタンスまとめ

最新の業績予想を調べ抽選参加スタンスについて考えてみたいと思います。


IPOに当選できれば10万円くらいの利益見込みがあるようです。ここ最近のIPOは1単元で10万円狙える銘柄は少ないため貴重だと思います。


Cocolive(ココリブ)[137A]IPOの業績予想
※ココリブ公式サイト引用


業績を確認すると2024年5月期の単独予想を確認することができました。それによれば売上10.38億円となり前期7.97億円から30.24%増、経常利益2.20億円となり前期1.40億円から57.14%増となります。


四半期利益は1.53億円となり前期0.97億円から57.73%増を予想しています。


想定発行価格1,780円による指標はEPS54.56からPER32.62倍、BPS224.01から7.95倍になります、配当金は出ません。


類似企業のPERが20倍~32倍あたりになるようです。某紙によれば来期以降も業績伸長期待があるそうです!


kimukimu

ただ仮条件範囲から20%上振れで公開価格が決定した場合は投資家の投資意欲が減退すると思います。20%上振れは投資家心理が悪化する方向に現在は向かっているようですからね。



マリタイムバンクの公式サイトが新しくなり見やすくなりました。口座開設でアマギフ1,000円プレゼントはそのまま継続となっています。


投資を行ったら管理画面で投資船の運航状況や3D画像なども見ることができます。世界でも珍しい企業だとセミナーで伺いました。詳しい内容は公式サイト又は下記記事でまとめています。


上場企業のCREAL(クリアル)で「当サイト経由の特典」が付きました

新規登録を行うとAmazonギフトカード1,000円分プレゼント、さらに初回投資に応じて最大5万円分貰えます。劣後出資とマスターリース契約、さらに信託銀行活用の分別管理は業界随一!

クリアル(CREAL)

1万円から投資でき「ほったらかし」で資産運用できます。賃料収入をもとに配当、想定利回り4.0%~5.5%で償還実績は元本割れ0件。最強スペック企業なので下記記事でまとめました。