DMM FXの口座開設キャンペーンのご紹介になります。限定タイアップ特典が付いているため通常のキャッシュバック特典よりも少しお得となっています。まだDMM FXに口座を開設していない方は、嬉しい特典だと思われるため興味があれば利用してください。


また限定特典のため当サイトからの申込みじゃないと特典のAmazonギフト券4,000円分は貰えないため気を付けてください。他のページから申し込みをされた場合はキャッシュバック特典を受取ることができない可能性があります。


DMM FX口座開設キャンペーン


では詳細を確認してみたいと思います。かなり大型のキャンペーンになっていますが、取引を行うにはリスクが存在するためよく理解して参加しましょう!


通常のキャンペーンに限定特典が付いただけですがその内容が凄く魅力だと思います。FXのスペックも業界の中でもトップレベルになり、操作性も抜群だと思います。


パソコンやスマートフォンのどちらでもサクサク取引できる環境が用意されています。今回はサービスの他にスペックについても詳しく説明したいと思います。

DMM FX公式へ


限定タイアップ特典のAmazonギフト券4,000円を受取るにはどうすればいいのか?

DMM FXの限定タイアップ特典について詳しく説明したいと思います。とても魅力的なキャンペーンとなっているためFX取引をこれから行いたい方に嬉しい情報だと思います。


Amazonギフト券4,000円がDMM FX限定特典で貰える


新規口座開設の申し込みを行い、口座開設申込みから60日間以内に1Lot取引を行います。1Lot取引とは10,000通貨単位になります。


ドル円が100円だと仮定すると1Lotで100万円の資金を用意しなければなりが、FX(外国為替証拠金取引)はレバレッジ25倍まで可能なので最低投資金は40,000円となります。


そしてドル円のスプレッドが0.2銭となっているので1万通貨のポジションを持つとコストが20円発生します。レートは日々変化しますが、0.2銭という数値は業界最狭水準になります。


まとめると以下のようになります。


  1. 新規口座開設を行う
  2. 投資金を用意しDMM FXに入金を行う
  3. 60日以内に1Lot以上の取引を行う
  4. 取引き完了から1ヶ月前後でAmazonギフト券4,000円分が届く

限定タイアップ特典の対象外になる方もいる

今回の限定タイアップ特典の対象回になる方がいそうなので詳細を調べてみました。一番気を付けることは既に「DMM FX」「DMM CFD」「DMM株」「DMM Banusy」の口座を開設されている方です。


私のブログだとDMM株の口座を開設されている方が多いと思います。この方たちは残念ながら特典を受取ることができません。DMM株の詳細は下記記事にまとめてみました。




それと取引期限までに1Lot以上の取引が確認できない方は特典の対象外になります。詳しくは公式サイトで確認をお願いします。上記2点が一番重要な項目になると思います。


DMM FX公式へ


DMM FXの通常キャッシュバックキャンペーン500Lot取引ってどのくらい?

通常キャッシュバックキャンペーンの500Lot取引について個人的に思うことを書きたいと思います。ここでのポイントは3ヶ月間以内に500Lot取引きになっていることです。


DMM FX通常キャッシュバックキャンペーン詳細


私の場合は1ヶ月に多くても300Lot取引しかしないため、500Lot取引はかなりハードルが高いと思います。ただ上記でも書きましたが3ヶ月(90日間)の猶予があるためクリアーできないこともないと思います。


時間が余っている方は簡単にクリアーできると思いますが結構大きな数字だと個人的に思います。要点は以下になると思います。


  1. 新規口座開設を行う
  2. 投資金を用意しDMM FXに入金を行う
  3. 新規取引500Lotになり決済の数値は含まれない
  4. 口座開設完了日から3ヶ月以内に500Lot取引を行わなければならない


毎日取引するような方は簡単ですが、たまにしか取引を行わないようなタイプの方はお勧めできないかもしれません。


100Lot取引は個人的に簡単だと思いますが、集中力が続かなく雑な取引になりがちなのでわけて取引したほうがよいと思います。


上手くいけば30分くらいで100Lot取引は可能ですがキャンペーン目的よりもしっかりと利益を狙った取引のほうが上手くいくと思います。結果的にキャンペーンをクリアーしていたという感じがベストでしょう。


DMM FXの特徴やスペックをまとめると凄い企業だった!

DMM FXはかなり勢いがある企業のため企業名をご存知の方は多いはずです。FXの他にも仮想通貨領域にも進出していますし、株式取引でも知名度が上がっているように思います。


芸能人を起用したCM戦略もインパクトがあるように思います。FX口座開設者も国内で最大規模を誇る企業に成長しています。


DMM FXパソコン取引


  • FX業界最狭水準のスプレッドを提供し20通貨ペアを装備
  • 初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール
  • LINE問い合わせを業界初で導入している
  • 信託保全を完備し顧客の資産を守ることができる
  • 時事通信社のニュース配信を業界で初めて導入
  • 口座開設は無料で取引手数料も無料!
  • クイック入金を利用すれば入金手数料が無料


大まかに企業の魅力を書くと上記のようになります。またクイック入金(ネット送金)は無料となりますが、通常振り込みだと手数料が自己負担となります。出来るだけクイック入金を利用したほうがよいでしょう。出金手数料はDMM FX負担になります。


また投資家が一番注目するのはスプレッドだと思います。スプレッドは投資家リスクにもつながるため狭ければ狭いほど良いです。


スプレッドによる利益差


上記の公式サイト説明を利用すると、100Lot取引を行った場合にスプレッド1銭と0.2銭では8,000円の差が出てしまいます。投資家の売買益に大きな差ができてしまうことがわかります。


100Lot取引になっていますが、1Lot取引を100回行っても同じなのでスプレッドが狭い企業だと投資家のメリットが高くなります。


DMM FXスマートフォンアプリ


また取引ツールが色々と用意されています。パソコンではプロ仕様の「DMMFX PLUS」とスマートな操作性を優先した「DMMFX STANDARD」の取引ツールが用意されています。


スマートフォンではiPhoneとAndroidの両方に対応したアプリを利用して取引を行うことが可能です。パソコンに匹敵する機能性があるため「万能型取引ツール」となっています。


またアプリをダウンロードしたくない方には、インストール不要のアクセス型ツール「DMMFX for smart phone」が用意されています。ツールのスペックなどは公式サイトで確認をお願い致します。


ロスカット手数料も無料になっています。企業によてはロスカットするのに手数料が発生することがあります。


DMM FXには取引応援ポイントサービスがある

紹介しきれない取引ツールなどが沢山用意されていますが、同社で取引を行うとポイントが貯まるので要点だけ説明しておきたいと思います。


通貨ペアにより取引応援ポイント付与数が変動するので気を付けてください。それと取引回数は新規取引のみカウントされ決済取引は含まれません。


DMM FXポイント付与画像


1Lot取引ごとに1ポイントを頂くことができ、1,000ポイント貯まった時点で現金と交換できます。ちょっとハードルが高そうですけれど最大でポイント付与が3倍になるため、自分の取引スタイルと合致するようであれば戦略的に利用しましょう。


またCFD取引では10Lot毎にポイント付与となります。FXとCFDのポイント付与条件が異なるため気を付けてください。


DMMポイントランクアップ


ゴールドランクは直近3ヶ月の新規取引が月間200回以上となりますが、シルバーランクだと比較的クリアーできそうです。3ヶ月連続で新規取引10回以上でもOKとなっています。


長期的にFX取引を行いたい方は嬉しいサービスだと思います。個人的にはポイント付与よりもしっかりと利益を積み重ねるほうがよいと思いますが、条件を達成できるようであれば利用しておきましょう。


今回の記事は当サイト限定特典になっている部分を大きくご紹介しましたがが、システムなどお勧めできる部分も多いためもしよかったら継続して取引してくれると嬉しく思います。


DMM FX公式へ

上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式サイト

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

現在のところ投資額50万円強でソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えています。余裕資金があればぶち込みですね!