表示灯(7368)IPOの初値予想と幹事割当数などを今回も自己評価したいと思います。上場前の抽選参加スタンスや業績予想などについても調べています。


東証2部への上場になりIPOでは初値パフォーマンスが良いとは言えません。上場規模も想定発行価格で22.6億円と大きめになっています。


しかしIPOバブルということで最大で公開価格の1.5倍に達する可能性があるようです!


表示灯(7368)IPOの上場評価


項目株数データ
想定価格1,610円
仮条件3月18日
公開価格3月29日
公募株数650,000株
売出株数570,000株
公開株数(合計)1,220,000株
オーバーアロットメント183,000株
幹事団野村證券(主幹事)
東海東京証券
SBI証券
楽天証券
委託見込SBIネオトレード証券
DMM.com証券


誰もがお世話になっている企業になると思います。事業は駅などにある周辺案内図などを制作し設置を行います。ビジネスモデル的にしっかりした収益があるように感じます。


駅周辺案内図「ナビタ」を主力とし、全国の鉄道や自治体、病院などの公共施設等に進出しています。売上が拡大していることで今後の収益も期待できそうです。


JRや地下鉄などは既にナビタの設置が行われていると思うので、今後は横展開を行う必要がありそうです。ナビタを設置した企業も収益を得ることができる面白いビジネスを行います。


地図情報はもちろんですが、公共施設情報や災害時の避難場所などの情報が掲載されているため、なくてはならない物だと思います。


ベンチャーキャピタル出資はなく公開株式以外の株流通の可能性は低そうです。収益構造が安定しているため今期は新型コロナウイルス感染拡大の影響は少なかったようです。


ただ、アド・プロモーション事業ではコロナの影響を受け広告需要が大きく減退しています。


 

表示灯(7368)IPOの大手初値予想と評価はこうなる!

大手初値予想の数値を調べてみました。非常に参考になる数値なので、投資家のブックビルディングスタンスにも影響を与えると考えています。


IPO初値予想


これによると利益が出る期待が残されているように感じます。最新の初値予想は下記のようになっています!


大手初値予想1,800円~2,500円
※注目度B


初値予想が少し微妙だと感じます。もしかすると公開価格割れの可能性があるかもしれません。


私は積極的に申込みを行うつもりです。野村證券主幹事なので簡単には当選させてくれないでしょう。ネット申し込みの場合はキャンセルができますからね。店頭口座(担当者経由)だとキャンセルすると次回からIPOを貰えなくなる可能性があります。


地合いが急激に悪化しなければキャンセル者も出ないと思います。微妙なIPOを攻めることで当選に近づけるかもしれません!


もっと詳しく知りたい
表示灯の詳細情報を知りたい方は下記記事にまとめているので参考にしてください。仮条件発表後には追記する形で最新の初値予想も記載しています。
【上場】表示灯(7368)IPOの初値予想!収益性が見込める東証2部IPO

Twitterでも情報発信しているのでよかったら参考にしてください。Twitterは投資材料の宝庫なので上手に使いましょう。


よろしければフォローしていただく事で情報共有ができるようになります。気軽にコメントして頂いてOKです!


表示灯(7368)IPOの幹事割当数と引受割合を調べました

幹事割当数と引受割合を調べました。主幹事は野村證券が単独で引受けています。


幹事名割当株数引受割合
野村證券(主幹事)1,098,000株90.00%
東海東京証券85,400株7.00%
SBI証券24,400株2.00%
楽天証券12,200株1.00%

野村證券引受けが90%になっています。株数が多いため平幹事でも当選の期待が多少ありそうです。


口座を開設していない方は早めに取り組んでおいたほうがよいでしょう。今回の上場ラッシュでも野村證券引受けで株数が多い案件が複数ありますからね。1年で1回でも当選すれば成功と考えて申込みましょう!




ある程度資金がある方は東海東京証券の口座も開設しておくとよいと思います。主幹事を引受けることがたまにあります。


2021年4月07日に上場を行うファブリカコミュニケーションズ(4193)の主幹事を引受けています。年に数回主幹事を行うことがあるためその際は当選確率が高くなると考えられます。


IPOルールは下記記事でまとめています。




表示灯(7368)IPOの業績予想と抽選参加スタンス

表示灯の最新業績予想を調べ抽選参加スタンスについて考えてみたいと思います。人気が見込めれば積極的に参加しIPOで利益を狙いたいと思います!


業績予想とBBスタンス考察


業績を確認すると2021年3月期の業績予想を確認することができました。売上は126.58億円となり前期130.65億円から3.12%減、経常利益10.42億円となり前期12.04億円から13.46%減になります。


四半期利益は7.04億円となり前期8.07億円から12.76%減になります。思いっきり減収減益予想が出ています!今月決算なので確定値に近い数値だと思います。


EPSは181.31なのでPERは8.88倍、BPS1,478.16なのでPBRは1.09倍になります。指標がかなり低めなので初値利益が出るのでは?と考えています。また配当が35円出るため配当利回り2.17%になります。


類似企業を何処に持っていくのかで異なりますがPERだと12倍~40倍の間に入りそうです。ニッチなビジネスのため個人投資家の反応はあまり良くないと思います。


機関投資家も参戦してこないIPOになると思います。と言うことで公開価格割れはないけれど初値も期待できない可能性があると考えています。


個人的に地味企業が好きなので私は全力で取りに行きたいと思います!


最新!イークラウドに口座開設を行うとAmazonギフト券が1,000円分貰えます。さらに投資した金額によりAmazonギフト券が最大1.8万円貰えるキャンペーンが始まりました。


詳しくは下記記事を参考にして頂ければと思います。


上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

Funds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的に記事でまとめています。

Funds(ファンズ)

先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。1円から投資できるスキームは他社にありません!