セルム(7367)IPOの初値予想と幹事割当数などを今回も自己評価したいと思います。上場前の抽選参加スタンスや業績予想などについても調べています。


最近は予想された数値よりも高く初値が付くことが多いため、公募組は積極的に狙いに行っても良さそうなIPOです。


しかし、コロナ禍による逆風がもろに業績に表れているため業績面の評価は難しそうです。


セルム(7367)IPOの上場評価


項目株数データ
想定価格930円
仮条件3月17日
公開価格3月26日
公募株数1,185,000株
売出株数650,000株
公開株数(合計)1,835,000株
オーバーアロットメント275,200株
幹事団野村證券(主幹事)
みずほ証券
SMBC日興証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SBI証券
エース証券
松井証券
楽天証券
委託見込SBIネオトレード証券
DMM.com証券


同社は過去にMBOを行っていますが、ファンドが入っていないため上場後の売り圧力は低いと考えられます。


公開株数とオーバーアロットメントを含め2,110,200株と株数が多くなりますが、株価設定が低いため買い先行で始まると考えられています。


事業は「人材開発・組織開発事業」を行い主にコンサルティングや人材育成などを行います。プロフェッショナルタレントと言われる講師を呼び集合研修を行ったり、ディスカッションを行い、企画への提案や実行支援を行います。


ターゲットになる企業は、売上高2,000億円以上1兆円未満の準大手企業が多いようです。


コロナ禍以前は対面形式での研修やコンサルティングが中心であったものの、現在は顧客・講師との強いパートナーシップを活かすことにより、オンライン形式で提供出来る体制を短期間で構築しています。


研修の約8割をオンライン形式で実施していると目論見にあります。業績が急激に落ち込んでいるようですが赤字にはなっていないため業績回復となる期待があるかもしれません。




セルム(7367)IPOの大手初値予想と評価はこうなる!

大手初値予想の数値を調べてみました。非常に参考になる数値なので、投資家のブックビルディングスタンスにも影響を与えると考えています。


IPO初値予想


最新の初値予想は下記のようになっています!


大手初値予想1,500円~2,000円
※注目度B


初値2倍あたりが視野に入るようです。株数が多いため公募組は積極的に参加しておくとよいでしょう。IPOが落選続きでも参加していればいつか当選できます!


簡単に当選する方もいるため、落ち込んでいる方は当選者の検索を控えてましょう。


類似企業比較だと株価が割安なのか微妙なところなので、初値1.5倍~2倍で落ち着くと考えられているようです。上場日が4月06日となり単独上場のため予想よりも買われる展開も多少期待できそうです。


もっと詳しく知りたい
セルムの詳細情報を知りたい方は下記記事にまとめているので参考にしてください。仮条件発表後には追記する形で最新の初値予想も記載しています。
【上場】セルム(7367)IPOの初値予想!大手企業に解決策提供の独自性あり

Twitterでも情報発信しているのでよかったら参考にしてください。Twitterは投資材料の宝庫なので上手に使いましょう。


よろしければフォローしていただく事で情報共有ができるようになります!!


セルム(7367)IPOの幹事割当数と引受割合を調べました

幹事割当数と引受割合を調べました。主幹事は野村證券が単独で引受けています。


幹事名割当株数引受割合
野村證券(主幹事)1,651,900株90.02%
みずほ証券64,200株3.50%
SMBC日興証券55,000株3.00%
三菱UFJモルガン・スタンレー証券18,300株1.00%
SBI証券18,300株1.00%
エース証券13,700株0.75%
松井証券9,100株0.50%
楽天証券4,500株0.25%


主幹事の野村證券からの当選確率が一番高いと考えられます。他の引受幹事もある程度まとまった株数を引受けているため証券口座があれば申込んでおきましょう。


野村證券は資金不要でIPO抽選に参加できます。他の証券会社を含め詳しく調べてみたのでよかったら下記記事も参考にしてください。




三菱UFJモルガン・スタンレー証券が幹事入りしているため、auカブコム証券でも抽選に参加できるようになっていました。後期型抽選になるため申込み忘れが頻発します。


IPOに積極的に参加される方は口座を開設しておきましょう。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が主幹事を引受ける場合に当選しやすくなると考えられます。


IPOルールは下記記事でまとめています。




セルム(7367)IPOの業績予想と抽選参加スタンス

セルムの最新業績予想を調べ抽選参加スタンスについて考えてみたいと思います。人気が見込めれば積極的に参加しIPOで利益を狙いたいと思います!


業績予想とBBスタンス考察


業績を確認すると2021年3月の連結予想を確認することができました。売上は42.90億円になり前期52.98億円から19.03%減、経常利益2.92億円となり前期5.88億円から50.34%減となる予定です。心配になるような減収となっています。


四半期利益は1.33億円となり前期3.36億円から60.42%減になるようです。EPS26.40からPERは35.23倍、BPS350.54からPBRは2.65になります。


機関投資家がどのように判断するのかわかりませんが、減収減益で仮条件を引き上げてくるのか?と少し気になっています。


類似企業の識学(7049)のように減収でも買われる展開だと公募組は嬉しいですよね。


同社は減収になるとわかっていて上場するはずです。事業内容からIPOを行うタイミングに疑問もありますが、のれんの減損リスクも多少気になります。


同社はコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)事業も行っているためこの辺りには詳しいはずです。計画的に上場していると思うので、早急にキャッシュが欲しいための上場ではないと信じたいです。


Sharing Innovations(4178)とベビーカレンダー(7363)、さらにアイ・パートナーズフィナンシャル(7345)のIPO取扱いがSBIネオトレード証券で決定しています!!


資金不要でIPO抽選に参加できるため申込んでおきましょう。期間限定で現金2,000円のタイアップ特典を付けて頂いています。よかったらご利用ください。


上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

Funds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的に記事でまとめています。

Funds(ファンズ)

先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。1円から投資できるスキームは他社にありません!