Globee(グロービー)IPOの初値予想と幹事割当数などを評価したいと思います。上場規模が小さく情報通信業のため人気があるようです。


オンライン英語学習プラットフォームの運営を行い英語学習関連株として注目されそうです。


Globee(グロービー)IPOの評価


項目株数データ
想定価格1,080円
仮条件5月26日
公開価格6月06日
公募株数110,800株
売出株数717,500株
公開株数(合計)828,300株
オーバーアロットメント124,200株
上場時発行済み株数4,996,800株
※公募分を含む
想定ベースの時価総額約54.0億円
幹事団大和証券(主幹事)
SBI証券
SMBC日興証券
松井証券
マネックス証券
楽天証券
委託見込大和コネクトト証券
SBIネオトレード証券


株主にはベンチャーキャピタルが1社しかいないため、できるだけ高いところまで引っ張ると考えられます。


NVCC8号投資事業有限責任組合が446,000株保有し8.86%の所有株式割合となっています。売出しには応じておらずどこかで売却してくると思います。


ロックアップはNVCC8号投資事業有限責任組合1社に対してのみ90日間、ロックアップ解除1.5倍以上になります。今回のようなパターンだとVCも早売りはしてこないと考えられます。


想定発行価格1,080円から上場規模を計算すると約10.3億円、時価総額は約54.0億円です。


同社はAI英語教材のabceed(エービーシード)を用いてサービスを提供しているため人工知能というキーワードもあります。AIと言う文字が入ることで初値期待が高まりそうです!


2022年5月期の売上高全体に占めるサブスクリプション売上比率が約90%となっています。


2023年5月期第3四半期累計期間の売上高に占める一般ユーザー(個人)は約90%、法人(企業、大学、高校、中学校等)は約10%となっています。


顧客属性別売上構成比率は圧倒的に一般ユーザーが多い結果となっています。また、日本ではしばらく前に入国制限が解除され同社には追い風と言えそうです。


Globee(グロービー)IPOの大手初値予想と評価はこうなる!

大手初値予想の数値を調べてみました。英語学習関連株と言うことで大手予想も高い数値を出しているようです。


参考企業はレアジョブ(6096)やプログリット(9560)あたりが意識されそうです。ただ、同社の場合は想定ベースでPERが30.89倍と高いため気になります。


最新の初値予想は下記のようになっています!


大手初値予想2,300円~3,000円
※注目度B


初値3,000円の場合はPER85.81倍にまで上昇してしまいます。類似企業比較だと断トツで高い指標となりそうです。


そのため公募組は初値売却のほうが賢いのかもしれません。セカンダリーは先に上場するABEJA(アベジャ)の動向次第でしょうか。


同社の事業内容や上場承認時のデータは下記記事でまとめています。

「IPO承認」Globee(グロービー)の上場データと初値予想を考察


Globee(グロービー)IPOの幹事割当数と引受割合を調べました

幹事割当数と引受割合を調べました。主幹事は大和証券が単独で引受けます。


幹事名割当株数引受割合
大和証券(主幹事)770,700株93.05%
SBI証券16,500株1.99%
SMBC日興証券16,500株1.99%
松井証券8,200株0.99%
マネックス証券8,200株0.99%
楽天証券8,200株0.99%


当選を狙うには大和証券と大和コネクトト証券からの申込みを行っておきましょう。


SBI証券で中途半端にポイントが残っている方はポイントを利用してみるといいかもしれません。現時点では最大20万円の利益狙いと言えそうです。


大和コネクトト証券のIPOルールは下記記事で新しくまとめなおしています!




Globee(グロービー)IPOの業績予想と抽選参加スタンスまとめ

最新の業績予想を調べ抽選参加スタンスについて考えてみたいと思います。


公募組は積極的に抽選に参加しておきましょう。落選当たり前で申込めば気が楽です。IPOに外れた方でリスクを許容できる方はセカンダリーに参加する方法も良さそうです。


Globee(グロービー)IPOの業績予想
※Globee公式サイト引用


業績を確認すると2023年5月の単独予想を確認することができました。売上9.43億円となり前期7.09億円から33.00%増、経常利益2.39億円となり前期0.62億円から285.48%増となります。


四半期利益は1.70億円となり前期0.54億円から214.81%増となる予想が出ています。


想定発行価格1,080円による指標はEPS34.96からPER30.89倍、BPS55.29からPBR19.53倍になります。


地合いは良いと思いますが東証グロース市場指数は軟調となっています。また、来期業績も増収増益であれば高値を維持できるかもしれませんが、短期的には乱高下しながら売り圧力が高まりそうです。


続くIPO次第かもしれませんが短期的な売買で終わりそうな気がしています。セカンダリーは難しそうですね。


CAPIMA(キャピマ)に口座開設すると現金1,000円貰えます。初期投資を行うとさらに現金5,000円が貰えるため合計6,000円分になります!


指定のブログ経由でのお取り組みになるため詳しくは下記記事を参考にしていただけたらと思います。招待コードが必要なのでご注意ください。


上場企業のCREAL(クリアル)で「当サイト経由の特典」が付きました

新規登録を行うとAmazonギフト券1,000円分プレゼント、さらに初回投資に応じで最大5万円分貰えます。劣後出資とマスターリース契約、さらに信託銀行活用の分別管理は業界随一!

クリアル(CREAL)

1万円から投資でき「ほったらかし」で資産運用できます。賃料収入をもとに配当、想定利回り4.0%~5.5%で償還実績は元本割れ0件。最強スペック企業なので下記記事でまとめました。