moomoo証券(ムームー証券)のアプリを評価したいと思います。世界的に人気の無料アプリになり評判や口コミも良さそうです。アプリダウンロードを行うとデモ取引も可能です。口座開設の必要はありません!


情報量が多く投資初心者に強い味方になりそうです。逆に情報量が多過ぎると感じた方は利用後に削除してもいいと思います。


moomoo証券の無料アプリを評価
※moomoo証券公式サイト引用


米国株投資に特化したサービスだと思っていましたが、アプリをダウンロードしてみたところ日本株や暗号資産、香港株、シンガポール株、先物や債券などのデータを見ることができます。


この他にもたくさんの情報を確認することが可能です!


これまで海外でしか利用できませんでしたが、日本でも次世代金融情報アプリのサービスがついにリーリースされました。


サービス提供者はmoomoo証券になり、Nasdaq上場企業のFutu Holdings Limited(ティッカー:FUTU)のグループ企業になります。日本企業なので安心感があります。


海外企業が提供しているアプリは少し不安ですからね。また、表示は全て日本語になります。


もちろん証券会社になるため第一種金融商品取引業に登録しています。旧社名はひびき証券になるため怪しい企業ではありません。


moomoo証券の無料アプリについて詳しく調べてみました。ほんとに無料なの?

moomoo証券(ムームー証券)が提供しているアプリは完全無料です。コンセプトは全ての個人投資家や機関投資家、企業向けに米国株などの価格情報や投資分析ツールなどを提供することだそうです。


moomooは2018年にアメリカ、シリコンバレーで誕生した企業となっています。グループ全体で世界200ヶ国、1,900万以上のユーザーに金融情報サービスを提供しているそうです。


moomoo証券の無料アプリを考察


実際にアプリを利用してみると米国株に強みのあることはわかりましたが、日本株を確認すると普通に利用できます。そのため米国株に興味がない方でも利用価値がありそうです。


公式サイトでは「米国株情報に圧倒的な強みを持つ総合金融情報アプリ」となっています。


何が良いのか?と聞かれた場合、普通は証券会社に口座開設したり有料サービスに加入しないと見れない情報が無料で見れることが良いと思います。


米国株の情報もリアルタイムで株価が確認できます。


この他、最近SNSでよく見かけるヒートマップ表示も可能です。ヒートマップ表示は市場全体の動きを業種ごとに視覚化できるため人気があるツールだと思います。


スマートフォンでmoomooアプリを表示


ヒートマップ表示は上記のようになります。日本語で表示され個別銘柄も全て日本語表示になります。


少しマイナーな情報だと豪州株やカナダ株なども確認することが可能です。中国A株も確認可能です。今後も取扱い市場の拡大が見込めそうです。


日本人が利用するのであれば米国株や日本株あたりでしょうか。ヒートマップ経由で情報を深掘りしてみると以下のようになります。


moomooアプリでヒートマップを表示


慣れると詳しく情報を調べることが可能だと思います。スクリーナー機能なども定評があると思います。


kimukimu

スクリーナーとは14カテゴリー120の指標を使って自分の市場観を反映することができるサービスです。



サービス利用料などは一切かからず全て無料で使うことができます。証券口座の開設などもありません。


また、会員登録を行うとスマートフォンとパソコンの両方でログインすることができました。アプリをDLして試しにPC版から会員登録したところ可能でした!


スマートフォンのほうが使えるサービスが多いみたいですね。ただ本気モードの方はPCでもログインが可能なので試してみるといいかもしれません。


PC版を利用してみたい方は公式サイトでアカウント作成すれば問題ありません。同じIDでスマホからもアプリ経由でアクセスできます。

会社概要を調べると日本の証券会社で旧社名はひびき証券でした

moomoo証券株式会社は日本の証券会社となっていたため調べると、2022年9月20日にひびき証券からmoomoo証券へ社名変更を行っています。


大正9年に設立され既に100年以上経過している老舗企業でした。株式や債券、投資信託などの取扱いがあるようです。


項 目その内容
社名moomoo証券株式会社
英語表記:Moomoo Securities Japan Co., Ltd.
設立1920年4月
資本金56億2千5百万円(令和4年9月時点)
※資本準備金含む
本店〒103-0014
東京都中央区日本橋蛎殻町1丁目10番7号 蛎殻町ビルヂング5階
代表者代表取締役社長 伊澤フランシスコ
金融商品取引業者
  • 関東財務局長(金商)第3335号
  • 第一種金融商品取引業
  • 第二種金融商品取引業
  • 投資助言・代理業
  • 投資運用業
加入協会
  • 日本証券業協会
  • 一般社団法人日本投資顧問業協会
取引所資格
  • 東京証券取引所 総合取引参加者
  • 大阪取引所 先物取引等取引参加者
投資者保護日本投資者保護基金
※2023年1月17日調べ


代表は伊澤フランシスコ氏でソシエテ・ジェネラル証券やリーマン・ブラザーズ証券などの大手外資系証券会社にお勤めだったようです。


また、トレーディング部門で株式やデリバティブ取引の経験を積みSBI証券のマーケティング部長、サクソバンク証券社長を経験後に同社代表取締役社長を務めています。


本社の他、東京支店と大阪支店があります。


公式ページには財務情報も掲載されているため気になる方は確認してみると良いと思います。


第127期決算公告(2022年3月期)を確認すると黒字となっていました!!


moomoo証券の無料アプリにはどんなサービスがあるの?確認してみました

moomoo証券の無料アプリでどんなサービスが提供されているのか調べてみました。


少し使ってみましたが無料でこのレベルを提供できるのは凄いです。


【moomooアプリの機能】
  • テーマ投資
  • 各種ランキング
  • リアルタイムデータ
  • ヒートマップ
  • スクリーナー
  • 機関投資家動向
  • AIモニター
  • 注文・建玉状況
  • 歩み値分析
  • 銘柄情報


同社が一番押しているのはリアルタイム株価と先進的な分析ツールだと思います。


米国株式では上下60本の気配値を表示可能となっており更新は0.3秒だそうです。またサービス全てを利用するには操作を覚えないといけません。


若い方は利用しているだけで覚えると思います。たまにしか利用しないと操作を忘れるかもしれません。それだけ濃厚なサービスだと思います!


リアルタイムデータとニュース


銘柄を表示するとニュースやアナウンスも見れることになっています。PCだと全文は見れないためアプリをDLしておいたほうがよさそうです。


また空売りデータなどの提供もあります。米国株を中心として情報提供されているようです。


日本株で調べると提供されていないようでした。テクニカル市場総合分析などは日本株も対応しています。日本株でも空売りデータが出ると面白いんですけどね。


そのうち提供される可能性はあると思います。


空売りとテクニカル指標総合分析


機関投資家の持ち株比率なども確認することができます。


データ分析を行ってみたい方は同社アプリを利用してみると面白いと思います。操作性はわかりやすいと思います。


ただ情報量が多いいため初めは画面をじっくり確認しながら操作することになると思います。


公式サイトではDow Jones、JPX、Minkabuなど現地のニュースや企業情報が完全無料でタイムラグなしで使えると書かれています。


私もアプリダウンロード後に利用してみると株価がリアルタイムで動いていたため驚きました。しかも証券口座を開設せずに会員登録しただけですかね。

米国株と日本株のサービス画面を実際に確認!情報量が多く勉強が必要?

スマートフォンアプリをダウンロードして米国株と日本株を表示させてみました。


moomoo米国株表示
※米国株


米国株はデフォルトでアップルがお気に入りに追加されていました。左側が個別銘柄を表示した画面、右側が下にスクロールした画面です。


上部タブに情報切り替えができる項目が用意されています。オプション取引や空売りデータも確認できるため無料なのが凄いです。


銘柄検索を行う場合は一番上に銘柄名もしくは証券番号などを入力します。またスマートフォンの画面上で指標の追加などもできます。ボタン一つで追加できます!


moomoo日本株表示
※日本株


日本株に関しても表示方法は同じです。


あらかじめどんなことができるのか知っておいて、アプリを操作してみたほうが早く覚えられると思います。


色々確認していると意外な表示もできるようなので面白いと感じます。ただ必要ない機能は覚えないでおこうと考えています。情報量が多く使いこなせるか少し不安です!!

moomooアプリの口コミを確認してみました

moomooアプリを利用している方の口コミを確認してみると評判は良さそうです。


証券口座を開設すれば似たようなアプリを利用できるため必要ない方もいそうです。情報量が多いと逆に不安になる方もいるかもしれません。










まずダウンロードして操作してみると良いと思います。


パソコンでもある程度の情報確認は可能ですが、アプリ上でしか確認できない情報もあります。


上記でも書きましたが、アプリとパソコンの両方で同一IDを利用できます。また、電話番号登録もしくはメールアドレス登録が可能となっています。


PC主体の方はメールアドレス登録でも良いと思います。


moomoo証券の会員登録の手順を調べました。アンケート2つに答えるだけ!!

証券口座開設を行う必要はないため、まずはmoomooアプリをダウンロードしましょう。パソコンの方は同社公式サイトにアクセスすると登録できます。


どちらから登録してもいいと思います。私はPCでアカウント作成を行いスマートフォンにアプリをダウンロードしてみました。


moomooアプリをダウンロード
※Google Play公式


iPhoneとAndroidの両方にアプリは対応しているため殆どの方がダウンロード可能だと思います。公式サイトではQRコードスキャンも用意されています。


面倒だと思う方は公式サイトでQRコードをスキャンしてみる方法が良いかもしれません。その前に無料会員登録(アカウント作成)が必要です!


Google Playの「評価とレビュー」も高いようです。無料で提供されているツールなので使えないと思ったら削除すれば良いだけですからね。


moomooアプリをダウンロードすると初めはアンケートに答えることになっています。


moomooアプリのアンケート


上記のように2つの質問に答えるだけです。


1つ目は投資経験について選択します。2つ目は好きな投資商品を選択します。たったこれだけで有料級の情報ツールを利用することが可能になります。


アプリDL後は自分で操作してみると覚えが早いと思います。私のような中年でも使えますからね!


moomoo証券のアプリは無料だけど評価できる!?まとめ

moomoo証券のアプリは無料で利用できます。ダウンロード後に必要なければ削除も可能です。


24時間配信される金融ニュースやリアルタイム株価、最先端のチャートと分析ツールが無料となっています。投資において情報は大きな材料になるため何かしら必要になると思います。


moomoo証券無料アプリまとめ


同社アプリは日本では入手できないデータやコンテンツが豊富にあるため利用価値はあると思います。


あとは自分がアプリを使えるようになるだけです。初心者向け機能~上級者向け機能が用意されているため必要な部分だけ利用すれば良いと思います。


kimukimu

使ってみないとわかりませんよね。利用者が世界で1,900万人以上いるため使えるサービスだと思います!



個人的には「歩み値」の表示が、いつも見ている「気配値」と異なると感じました。この辺りは世界基準なのかもしれません。


また、機関投資家に需要がある銘柄なのかも確認できるため銘柄分析には役に立ちそうです。


もちろん基本的な企業指標や売上指標なども確認できます。業績予想や損益計算書(PL)、賃借対照表(BS)などの財務諸表もグラフで確認できます。


どんな銘柄が人気なのかわからない方はランキングも用意されているため分析してみると面白そうです。


moomooアプリは無料で提供して良いのか?と逆にこちら側が不安になるほどスペックが高いと思います!


パイロットユーザーも募集されており認定されると特典が付与されるようです。Amazonギフト券の他、米国株LV2データを利用できるそうです。私には関係なさそうですが興味があればチャレンジしてみてください。


全般的に良質なツールだと個人的に思います。あとは使い慣れるだけでしょう!!


クラウドバンクに6年投資し元本回収率100%の実績

1万円から投資できコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。実質平均利回り5.8%で融資元本回収率は100%を維持、楽天ポイントも貰えます!

クラウドバンク

下記記事で実際に投資を行っている内容をまとめています。即時入金も用意され入金を無料化できます。毎月分配金型になり出金も無料なのでお小遣いにすることも可能です。