フレアスIPO初値予想と幹事配分記事になります。3月28日上場になる銘柄で3社上場の中では一番初値期待が出来る観測が出ています。保険収益による確実性と上場規模が小さく初値2倍も視野に入るようです。事業はあん摩マッサージ指圧師によるマッサージサービスなどを手掛けており新規性があります。


リラクゼーションマッサージとは異なり、利用者の自宅などを訪問してマッサージを提供するサービスになります。利用顧客は主に、通院ができず自宅や介護施設において療養生活を行っている方になります。


フレアス(7062)IPO初値予想と幹事配分


項目 株数データ
想定価格 1,550円
仮条件 3月08日
公開価格 3月18日
公募株数 250,000株
売出株数 274,000株
公開株数(合計) 524,000株
オーバーアロットメント 78,600株
幹事団 SMBC日興証券(主幹事)
SBI証券 
岩井コスモ証券 ←後期型抽選
岡三証券
岡三オンライン証券 ←前受け金不要
いちよし証券
エース証券
水戸証券
極東証券


初値予想2,000円~3,000円


2019年3月期の単独業績予想は売上13.12%増、経常利益41.45%増(8,000万円増)の増収増益予想が出ています。PERは想定発行価格算出で約16.53倍になり意外と妥当水準のように感じます。


業績面の不安はないものの今後も売上げペースがそれほど大きな伸び率になるとは考えにくいでしょう。全国展開を行い96事業所があり、星野リゾートとも提携している材料があります。何となく地味な業種ですが、初値買いそしてセカンダリーでは注目されていそうです。


保険適用マッサージサービスの他にも、保険適用外マッサージサービスや訪問看護事業も行っています。詳細は下記の記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。

⇒ フレアスIPO上場と初値予想【保険適用で収益ガチホは魅力】


幹事名 配分単位(株)
SMBC日興証券(主幹事) 471,800
SBI証券 26,200
岩井コスモ証券 7,800
岡三証券 5,200
いちよし証券 5,200
エース証券 2,600
水戸証券 2,600
極東証券 2,600


主幹事SMBC日興証券からの当選期待はもちろんですが、SBI証券にも26,200株の配分があります。多くはありませんが5%配分となっています。株単価が低いためポイントを使って強制当選させる方もいないでしょうか。微妙ですが、株数はそれなりにあります。


類似企業的には昨年上場したツクイ(2398)などが意識され、アトラ(6029)も参考になりそうです。アトラはフランチャイズ店に対し虚偽の情報を提供し、契約の判断を誤らせたことで株価や信頼を失い株価が低迷しています。


同社のFC加盟店は9店舗となり殆どが直営店なのでそのような問題も起こりにくいでしょう。上場による手取金の使途は新規出店と従業員の新規雇用となっています。


DMM.com証券のIPO抽選ルール


収入構造が医療保険制度の適用対象になるため、売上が増加すれば売掛金などの心配も基本的に発生しません。上場規模は9.3億円規模と小さく公開株数もOAを含め602,600株と標準サイズです。


初値不安は殆どないと個人的に思っており、どちらかと言えば初値がどこまで伸びるか?とこちらに期待しています。高齢化社会や在宅介護などのテーマ性があり人気になると考えています。


売上は今期37億円とボリュームもあるように感じます。配当の設定はありませんが、株主に利益還元を重要な経営課題の一つと位置づけていると表記があります。内部留保とのバランスを見ながらいずれ実施してくるでしょう。


フレアス(7062)IPO幹事決定しました! 【IPOを始めるなら口座は絶対に必要です】
⇒ SBI証券公式サイトへ