フレアス(7062)IPOが東証マザーズに新規上場承認されました。主幹事がまたSMBC日興証券となっており連続しています。公開株数は524,000株、オーバーアロットメント78,600株、想定発行価格1,550円による吸収額は約9.3億円と規模が小さく初値利益も望めそうです。


事業は「あん摩マッサージ指圧師によるマッサージサービスの提供及び訪問介護サービスの提供」を行い基本的に保険適用マッサージを行っています。この他、星野リゾートが運営する温泉設備を有する宿泊施設にて保険適用外マッサージも行います。


フレアスIPO上場と初値予想


国民の4人に1人以上が65歳以上の高齢者という世界保健機関が定義する「超高齢化社会」を迎えており、これに伴い医療費のうち入院費を含む診療費は、年間30兆円を超える規模にまで膨らんでいます。結果的に社会保障費などの増加による財政の悪化に直面しているため同社のサービスもどうなの?


団塊の世代が75歳以上の後期高齢者に達する2025年頃には、国民の3人に1人が65歳以上の高齢者になってしまうデータが出ています。さらに、5人に1人が75歳以上の後期高齢者になると予想されています。上場時点ではそこまで関係がありませんが、社会保障は大きな国の問題ですね。


フレアス(7062)IPOの詳細データ

項目上場基本データ
市場マザーズ
業種サービス業
事業内容あん摩マッサージ指圧師によるマッサージサービスの提供及び訪問介護サービスの提供
公開予定3月28日
ブックビルディング期間3月11日~3月15日
想定価格1,550円
仮条件1,650円~1,850円
公開価格3月18日
企業情報https://fureasu.jp/


【手取金の使途】

差引手取概算額349,500千円に本第三者割当増資の手取概算額上限111,691千円を合わせた手取概算額合計上限461,191千円については、以下の使途に充当する予定であります。

①事業規模の拡大に向けた新規出店関連資金として25,000千円(平成32年3月期:11,700千円、平成33年3月期:13,300千円)

②事業規模拡大のための新規採用関連人件費として417,000千円(平成32年3月期:267,000千円、平成33年3月期:150,000千円)

なお、残額については平成33年3月期までの借入金の返済資金の一部に充当する予定であります。また、上記調達資金は、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用していく方針であります。



項目株数データ
公募株数250,000株
売出株数274,000株
公開株数(合計)524,000株
オーバーアロットメント78,600株
上場時発行済み株数2,250,000株(公募分を含む)
想定ベースの時価総額約34.9億円
幹事団SMBC日興証券(主幹事)
SBI証券 
岩井コスモ証券 ←後期型抽選
岡三証券
岡三オンライン証券 ←前受け金不要
いちよし証券
エース証券
水戸証券
極東証券


フレアス(7062)上場評判とIPO分析

想定発行価格1,550円を基に吸収金額を算出すると約8.1億円となり、オーバーアロットメントを含めると約9.3億円規模の上場となります。売上は増加傾向にあり、利益は多少波があるようです。


同社は在宅医療をサポートする企業として、マッサージ事業を主たる事業として全国展開をしている企業です。マッサージ事業においては、主に医療保険制度の適用対象となる保険適用マッサージサービスを提供しいます。


保険適用マッサージサービスは、「あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律」の定めに基づき、厚生労働大臣の行うあん摩マッサージ指圧師国家試験に合格し、厚生労働大臣により免許を与えられたあん摩マッサージ指圧師により提供されるあん摩、マッサージまたは指圧をいい、医療行為とは異なる医業類似行為に該当します。


フレアス(7062)上場評判


同社の保険適用マッサージサービスは、いわゆるリラクゼーションを目的としたマッサージサービスとは異なり、寝たきり等の理由により歩行困難なため、通院ができず自宅や介護施設において療養生活を余儀なくされている高齢者等の利用者に対して、事業所より利用者の自宅等を訪問して、マッサージサービスを提供するサービスです。


また、疼痛(とうつう)緩和、麻痺した筋肉の改善、リンパ等の浮腫みの改善、関節拘縮の改善及び関節可動域の拡大等の利用者ニーズを踏まえ、利用者の主治医の同意に基づきマッサージサービスを提供しております。


フレアス(7062)事業所と店舗数


なお、マッサージ事業における保険適用マッサージサービスは、国民健康保険法及び健康保険法その他の関連法令に定められた医療保険制度を利用したマッサージサービスであるため、マッサージサービスの対価につきましては、健康保険組合等の保険者及び被保険者である利用者から、厚生労働省保険局長により定められた施術料及び往療料等の報酬額を受け取っているそうです。


また、あん摩マッサージ指圧師が事業所から利用者の自宅等を訪問し、施術料及び往療料の支給を受けることのできる距離については、厚生労働省保険局医療課長、厚生労働省保険局医療課による制約があるため、全国的に事業所を展開することで、より広範囲の地域における利用者に対してマッサージサービスを提供しています。


フレアス(7062)販売実績と取引先


保険適用外マッサージサービスも行い、同社と法人顧客との業務提携契約または業務委託契約に基づき、あん摩マッサージ指圧師による医師の同意を要しない保険適用外マッサージサービスも提供しています。


保険適用外マッサージサービス提供の対象者は、当該法人顧客の施設利用者であり、星野リゾート及び株式会社星野リゾートのグループ法人が運営する温泉設備を有する宿泊施設「界」において、リラクゼーションを目的とした保険適用外マッサージサービスを提供しています。


その他の事業として訪問看護事業などを行い、訪問看護事業における訪問看護サービスは、自宅などで継続的に療養を要する高齢者等の利用者に対して、その主治医の指示に基づいて、看護師等が同社の訪問看護ステーションより利用者の自宅等を訪問して、療養上の世話や診療の補助等のサービスを提供しています。


フレアス(7062)の企業財務情報と配当性向

回次第15期第16期
決算年月平成29年3月平成30年3月
売上高2,900,4043,284,979
経常利益194,400193,759
当期純利益177,869109,912
資本金10,00010,000
純資産額595,181705,094
総資産額1,588,5721,973,936
1株当たり純資産額297.59352.55
1株当たり当期純利益金額88.9354.96
自己資本比率(%)37.4735.72
自己資本利益率(%)35.1316.91
株価収益率(倍)
配当性向(%)
営業活動によるキャッシュ・フロー184,096△39,574
投資活動によるキャッシュ・フロー116,238△57,067
財務活動によるキャッシュ・フロー△68,193379,442
現金及び現金同等物の期末残高629,738912,537
※数値は千円単位


第17期第3四半期累計期間(平成30年4月01日~平成30年12月31日)
売上高2,826,061千円
営業利益243,130千円
経常利益280,813千円
四半期純利益は182,103千円


当社が属する在宅マッサージ業界及び訪問看護業界におきましては、少子高齢化が加速する一方で、医療機関における病床数の減少が見込まれるとともに、特別養護老人ホーム等の介護施設の待機者数は、年々増加傾向にあり、政府による地域包括ケアシステムの構築の推進活動と相俟って、在宅療養の重要性がますます高まってきております。

このような状況のもと、当社では、主たる事業であるマッサージ事業において、新たに横浜あさひ事業所、久留米事業所及び我孫子事業所を開設することでサービス提供エリアの拡充を図るとともに、既存事業所においてもサービス品質の向上を図るべく人員の確保及び人材育成に取り組んで参りました。また、株式会社星野リゾートとの業務提携についても、同社が運営するホテルブランドである「界」において、新たに界 仙石原でのサービス提供を開始するなど、引き続き堅調に推移しております。一方で、事業の拡大に伴って社内体制のさらなる基盤強化に努めたことにより、人員増に伴う人件費コストが増加致しました。



フレアス(7062)従業員と株主の状況

会社設立は2002年4月01日、山梨県中巨摩郡昭和町西条1514番地に本社を構えます。社長は澤登拓氏(昭和44年1月09日生まれ)、株式保有率は50.97%です。従業員数631人で臨時雇用者177人と人員が多い企業です。平均年齢41.0歳、平均勤続年数4.3年、平均年間給与3,542,000円です。


セグメント別ではマッサージ事業540人(臨時雇用者145人)、その他59人(臨時雇用者22人)、全社共通32人(臨時雇用者10人)となっています。


氏名又は名称所有株式数(株)所有株式数割合(%)
澤登 拓1,086,60050.97
株式会社優美800,00037.52
中野 剛60,0002.81
澤登 耕30,0001.41
株式会社山梨中央銀行20,0000.94
飯野 由利20,0000.94
川上 詠昌20,0000.94
※株主上位7名の状況


【目論見抜粋】

本募集及び引受人の買取引受による売出しに関し、貸株人かつ売出人である澤登拓、売出人である飯野由利及び澤登耕、当社役員かつ当社株主である中野剛、赤池雅司、日浦正貴及び関根竜哉、当社株主である株式会社優美、株式会社山梨中央銀行、石川武郎、林顕法、般若明弘、川口昌彦、相島英臣及び千葉真は、SMBC日興証券株式会社(以下「主幹事会社」という。)に対して、本募集及び引受人の買取引受による売出しにかかる元引受契約締結日に始まり、上場(売買開始)日から起算して180日目の平成31年9月23日までの期間(以下「ロックアップ期間」という。)中は、主幹事会社の事前の書面による承諾を受けることなく、元引受契約締結日に自己の計算で保有する当社普通株式(潜在株式を含む。)の売却等を行わない旨を約束しております。

また、当社は、主幹事会社に対し、ロックアップ期間中は、主幹事会社の事前の書面による承諾を受けることなく、当社普通株式及び当社普通株式を取得する権利あるいは義務を有する有価証券の発行又は売却(本第三者割当増資に係る新株式発行並びに株式分割による新株式発行等及びストック・オプションに係る新株予約権の発行を除く。)を行わないことに合意しております。



上位株主には180日間(平成31年9月23日まで)のロックアップが付与されています。ロックアップ解除倍率の記載は目論見にありません。また株主にベンチャーキャピタルファンドはありません。


フレアス(7062)IPO大手初値予想と各社配分

想定発行価格1,550円から仮条件は大きく引き上げられ、1,650円~1,850円に決定しました。仮上限1,850円による吸収額は約9.7億円、オーバーアロットメントを含め約11.1億円になります。想定よりも1.8億円程度の引き上げとなります。


2019年3月期の単独業績予想は売上13.1%増、経常利益41.4%増(8,000万円増)の増収増益を予定しています。EPS93.75から算出されるPERは19.73倍、BPS551.82から算出されるPBRは3.35倍となります。配当はありません。


隠れた銘柄になり、初値が実は高騰する可能性を秘めているようです。在宅マッサージカテゴリーでは類似企業は少ないようです。ロックアップ180日間で解除倍率設定はなく、株主にファンドもいないため需給はかなり良好になる見込みです。3社同日上場となり、同社だけは翌日持ち越しも考えられます。


初値予想2,000円~3,000円


幹事名配分単位(株)
SMBC日興証券(主幹事)471,800
SBI証券26,200
岩井コスモ証券7,800
岡三証券5,200
いちよし証券5,200
エース証券2,600
水戸証券2,600
極東証券2,600


類似企業PER
PBR
ツクイ(2398)PER20.68倍PBR2.31倍
ケアサービス(2425)PER20.38倍PBR1.6倍
アトラ(6029)PER10.38倍PBR1.56倍


SMBC日興証券主幹事が続き口座がない方は当選が難しそうです。エース証券や水戸証券、極東証券からの申し込みは私もできません。店頭口座を開設している方はチャンかも?


SMBC日興証券のIPO抽選ルールと獲得方法


今回は後期型抽選の岩井コスモ証券が引受け上位にあるため申し込みをしておきましょう。ブックビルディング申し込みと購入申し込みの2回必要になるため忘れる方が続出?します。私も忘れます(涙)


岩井コスモ証券のIPO抽選ルール


また、DMM.com証券(DMM株)がIPO取扱いを開始しているので早く取扱い銘柄発表をお願いしたいと思います。抽選申し込みは既にできますが、委託配分決定がまだありません。そろそろ来るでしょうか?奥さんの口座を開設したので期待しています。


DMM.com証券のIPO抽選ルール


フレアスのストックオプション詳細を調べました

ストックオプション行使期間株式の数(株)発行価格(円)
2020年4月01日~2027年12月31日104,000378
2020年8月01日~2027年12月31日28,000765


ストックオプション(新株予約券)は132,000株存在しますが、上場時点で行使期限を迎える株はありません。


フレアス(7062)IPO私見と申し込みスタンス

冒頭で社会保障のことに触れましたが、IPOと考えると悪くありません。本社が山梨県なのでデメリットだと思いましたが、全国展開を行っている企業なのでそれほど影響はなさそうです。2025年問題を考えると恐ろしいように思いますが、サービスを受けたい方は増加するはずです。


国の社会保証と直結している事業のため不安材料はありますが、基本的に業績拡大が続きそうな事業だと思います。あん摩マッサージ指圧師の人員確保で個人的に不透明なところはありますが、離職率の低下など人材の定着に向けた全社的な取り組みを社内で実施していることから離職率は低いのかもしれません。


今後心配になるのは、医療保険制度における療養費は概ね2年ごとになり、介護保険制度における介護報酬は概ね3年ごとに改定されることです。安定している反面単価引き下げになれば即収益悪化になることでしょう。


その他は、高齢者が多くなるにつれ同様のサービスを行う企業が増え顧客の取り合いになることです。上場していれば知名度で安心感を得ることもできるため頑張って頂きたいところです。


フレアス(7062)もIPO主幹事です! 【私はネット口座だけで当選しています】
⇒ SMBC日興証券公式サイト

上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

Funds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的に記事でまとめています。

Funds(ファンズ)

先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。1円から投資できるスキームは他社にありません!