コマースOneホールディングス(4496)が満を持して上場します。このタイミングでのIPOは公募組とセカンダリー投資家ともに期待できそうです。


IPOバブルが来ていると言ってよい状態となっているため、初値は予想されていた数値よりもだいぶ高くなることが期待できます。この調子だと上場1日目に初値が形成されることはなさそうです。


コマースOneホールディングス最終初値予想と気配運用
※コマースOneホールディングス公式ホームページ引用


項 目気配運用の内容
板中心値段1,600円(公募・売出価格)
上限値段3,680円(更新値幅80円、更新時間10分)
下限値段1,200円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲400円以上、6,400円以下


気配運用は上記のように東京証券取引所から発表されています。初値予想は公開価格1,600円に対して5,000円となっています。最近では珍しいくらいIPOに資金が流入しています。


もう1社の初値予想は3,700円になり初期投資スタンスは下から2番目になります。どちらが正解となるでしょうか!


ロコガイド(4497)は上場1値目に初値が付きその後ストップ高となりました。上場2日目になる今日も前日比490円(9.23%)の大健闘です。また上場2日目にコパ・コーポレーション(7689)は気配を切り下げて初値を付けてしまいましたが、なんと大引け前にストップ高張り付きとなりました。


相当強い相場になっています。日経平均はNYダウ平均が700ドル以上下落した影響を受け、-274.53円のマイナスとなっています。IPO市場は直近上場に活気が戻ってきたため嬉しい限りです!


ただ続く8月IPOが出てきていません。毎年数銘柄は8月にも上場するため承認されることを期待します。コマースOneホールディングスの詳細は下記記事でまとめています。
コマースOneホールディングスIPO上場承認と初値予想!収益期待のEC関連で爆益狙い


2020年7月上場で悩む銘柄はSpeee(4499)だけ!BBスタンスを変更した

Speee(4499)は仮条件が2,500円~2,880円に引き上げられました。想定発行価格は2,270円だったため仮条件上限で決定すれば27%程度株価が引き上げられたことになります。


もの凄い強気で設定してきた気がします。ただ既に上場した銘柄の初値を考えると行けそうな気がしてきました。これほどIPOに資金が流入するのは久々です。


SpeeeのIPO抽選にはあまり気持ちが動きませんでしたが、先に上場した銘柄の株価推移を確認すると初値利益が出る気がしてきました。レポートを発行している企業も上場承認時からスタンスの変更が感じられます。


Speeeの事業はデータ資産を活用したマーケティングになり。IPOではそこそこ人気があります。この調子だと初値10%~30%高になり、その後の株価も好調になる可能性が出てきました。微妙な銘柄ですが環境が良いためBBスタンスを少し変更したいと思います。


詳細は下記記事でまとめています。大手2社の初値予想を追加しています!予想外に好調になるそうなので信じてみたいと思います。
Speee(スピー)IPO上場承認と初値予想!魅力ある事業でも公募割れ懸念「再承認」


フィーチャ(4052)上場3日目の初値予想と気配運用

フィーチャは上場2日目も初値がつきませんでした。これは2018年4月に上場したHEROZ(4382)以来になるそうです。HEROZの場合はAIゲームアプリで人気化しました。


フィーチャの事業は画像認識ソフトウエアの開発です。人気化する要素はありそうですけど実力と株価の差があまりにもある場合は初値後に急落することもしばしばあるように感じます。


フィーチャ (4052)上場3日目の初値予想
※SBI証券から引用


項 目気配運用の内容
板中心値段2,751円(公募・売出価格)
上限値段6,330円(更新値幅138円、更新時間10分)
下限値段2,064円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲688円以上、11,010円以下


東京証券取引所から発表された気配運用は上記のようになっています。上限方向は6,330円まであるそうです。流石に上場3日目には初値形成となるでしょう。


どうやらベンチャーキャピタルが株を売却するタイミングで初値形成になるようです。売と買を差し引くと755,400株の買い越しとなり売の3.2倍もの買い需要が発生しています。


このパターンだと上場3日目となっても気配を上げてきそうです。大手予想では4,000円~5,000円となっているようです。520円の株が8倍くらい化ける可能性があるようですね。


また別の初値予想サイトでは4,000円で下から2番目の初期投資スタンスになっています。


とにかく今回IPOに当選されている方は大きな利益が出るようです。


IPOに当選できない方は未上場企業へ投資してみませんか?大和証券グループが資本提携しているイークラウドがサービスを開始しています。


イークラウドは株式投資型クラウドファンディングを行う企業になります。将来IPOを行う企業へ投資できることで初期投資の数十倍の利益を手にできる可能性があります。


将来IPOを行う可能性があるベンチャー企業に投資できる! 【大和証券グループがサポート】
イークラウド

上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!