カブドットコム証券でIPOの取り扱いが行われています。
三菱UFJフィナンシャル・グループなので基本的には三菱UFJモルガンスタンレー証券引き受け分をカブドットコム証券に回します。


カブドットコム証券IPO当選できる


【カブドットコム証券のIPO抽選ルール詳細】

1口座1抽選の平等抽選
申込銘柄のブックビルディング相当額が必要(最大買付可能額)
らくらく電子契約サービスに申込んでいる事
需要申告を期間内にし、購入申込を再度する2段階の申込になる
公正性及び機密性を確保するシステム抽選を行う(1単位以上の場合は再度抽選を繰り返す)
同一資金でのIPO申し込みが可能
電子メールによる結果受領も可能
抽選によらない配分もあるようです(コールセンターで購入意思を確認)
購入申込株数が配分予定株数に満たない場合は需要申告を行っていないお客様への配分あり
口座開設は無料でネット入金あり

※機関投資家はIPO抽選に参加できません


カブドットコム証券のIPO抽選ルールを見ますと基本的に引受数の100%近くを抽選配分とする事が解ります。
しかし、中には優遇される方もいるニワンスが伝わります。


手数料面でも建玉により優遇が行われれている企業なのでひょっとしたらIPO配分でも行われているかもしれません。ただし集中して配分が行われないように審査部門が動くようです。
(資産数億円規模になると思われるので殆どの方は関係がありません)


三菱UFJモルガンスタンレー証券の取り扱い以外でも委託販売としてIPOを取り扱うことがあるので年間を通してIPOの取り扱いは結構あります。
またIPO口座を作ってIPOだけの申込をするよりも株主優待を取得するためにカブドットコム証券を使う方が賢いかもしれません。


株主優待取得を全面的に押している企業でもあり、公式サイトでも逆日歩が付かない一般信用を進めていますので、少し勉強すればあなたも優待マニアになります♪
カブドットコム証券の一般信用については下記の記事でまとめています。




ある程度資金に余裕が出来たら押さえておきたい証券会社です。
使い方次第て利益を出すことが出来るので楽しみながら頑張れると思います。
株主優待も年間を通せば結構な金額になるために個人的に必須です。
また公募増資等のヘッジを一般信用で行うと逆日歩もつかないので色々と使い方次第で利益につなげることが可能です。


ヘッジをしたら現渡をすれば手数料も発生しないため覚えておきましょう。
現渡は企業により解りにくい場合もあるため一度覚えたら忘れないようにしたいところです。私もたまにしかログインしない企業のホームページは毎回戸惑います。


探すと過去記事に聞いていたので参考になるかと思います。
カブドットコム証券以外でも一般信用は使えますが、取扱い銘柄が多いため助かることも多いと思います。








カブドットコム証券IPO当選





ゆうちょ銀行やSGホールディングスなどが当選しています。
たまにIPOが当選するため、株主優待で使う他にもIPOの申込をしてみましょう♪
資金が余っていると結構穴場のIPO口座として活躍もできそうです。
三菱UFJモルガン・スタンレー証券への配分が多い時だけに申込むのもありです!!


IPO口座として持っておくのも良いと思いますが、せっかくなので有効活用をしてみましょう。
NISA口座の開設もできるため使い方次第では大きな味方となる証券会社だと思います。


⇒ カブドットコム証券公式へ