カブドットコム証券でIPOの取り扱いが行われています。三菱UFJフィナンシャル・グループなので基本的には三菱UFJモルガン・スタンレー証券引き受け分をカブドットコム証券に回します。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が主幹事になるとカブドットコム証券の当選確率がかなり引きあがるため主幹事の時だけでも申込んでおきましょう!


その他にも幹事引受株数が多い銘柄に絞ってカブドットコム証券からの申込みを行うと当選確率が上がると思います。当選確率が高くなるケースが1年間に何度かあるためチャンスは逃さないようにしましょう。


カブドットコム証券でIPOに当選できる方法


    【カブドットコム証券のIPO抽選ルール詳細】

  • 1口座1抽選の平等抽選を採用している
  • 申込銘柄のブックビルディング相当額が必要(最大買付可能額)
  • らくらく電子契約サービスに申し込む必要がある
  • 需要申告を期間内におこない、購入申込を再度する2段階の申込になる
  • 公正性及び機密性を確保するシステム抽選を行っている
  • 1単位以上の配分は再抽選を行い複数配分となる可能性がある
  • 同一資金でのIPO申し込みが可能
  • 電子メールによる結果受領が可能
  • 抽選によらない配分もあるようです(コールセンターで購入意思を確認)
  • 購入申込株数が配分予定株数に満たない場合は需要申告を行っていない方への配分もある
  • 口座開設は無料、ネット即時入金にも対応



カブドットコム証券のIPO抽選ルールを確認すると基本的に引受数の100%近くを抽選配分とする事が解ります。しかし、中には優遇される方もいるニワンスが伝わります。


手数料面でも建玉により優遇が行われれている企業なのでひょっとしたらIPO配分でも行われているかもしれません。ただし集中して配分が行われないように審査部門が動くようです。預入資産が数億円規模になると思われるため、殆どの方は関係がないでしょう。


三菱UFJモルガンスタンレー証券の取り扱い以外でも委託販売としてIPOを取り扱うことがあるので年間を通してIPOの取り扱いは結構あります。またIPO口座を作ってIPOだけの申込をするよりも株主優待を取得するためにカブドットコム証券を使う方が賢いかもしれません。


株主優待取得を全面的に押している企業でもあり、公式サイトでも逆日歩が付かない一般信用売建を勧めているため、少し勉強すれば優待マニアになることも可能です!カブドットコム証券の一般信用については下記の記事でまとめています。


カブドットコム証券を使って株主優待を獲得


ある程度資金に余裕が出来たら「優待ただ貰い」として押さえておきたい証券会社です。使い方次第で利益を出すことが出来るため楽しみながら頑張れると思います。株主優待も年間を通せば結構な金額になるために個人的に必須です。また公募増資などのヘッジを一般信用売建で行うと逆日歩もつかないので色々と使い方次第で利益につなげることが可能です。


ヘッジをした後に現渡をすれば手数料も発生しないため覚えておきましょう。現渡の手順は企業により解りにくい場合もあるため一度覚えたら忘れないようにしたいところです。私もたまにしかログインしない企業のホームページは毎回戸惑います。


探すと過去記事に似たようなことを書いていたので参考になるかと思います。カブドットコム証券以外でも一般信用売建は使えますが、取扱い銘柄が多いため助かることも多いと思います。


カブドットコム証券の現渡や品渡し


優待に興味がある方は特に同社の口座を開設しておくことをお勧めします。証券業界の中では一般信用売建を先駆けて取扱いを行い、群を抜いて知名度があります。


カブドットコム証券のお勧めの理由は何なのか?

カブドットコム証券のお勧め理由を考えてみました。信用取引の手数料が無料になるケースもあるためある一定の層から絶大な人気があります。フリーETFやノーロード投信なども人気の商品です。


お勧め内容 注目のポイント
取引手数料はゼロ円から 業界トップクラスの安さを実現し、信用取引は建玉残高に応じ「0円」から取引可能!フリーETFなどの手数料無料の商品や多くの割引プランも用意されている
IPOは公平なチャンス システム抽選を採用し取扱数も多い!参加手数料や購入手数料は完全無料
1株から売買のプチ株® プチ株®を採用していて単元未満株式の売買が可能。株主優待などの権利獲得にも使える。その他にもプレミアム積立®で単元未満株式の積立が可能
一般信用売建が凄い 一般信用売建できる銘柄が多く株主優待におけるクロス取引が可能!さらに公募増資などのヘッジとしても使えるため口座を持っておきたい証券会社
三菱UFJモルガン・スタンレー証券のレポートが無料で見れる 口座開設者なら無料で見れる情報がたくさんある。株式ストラテジーやセクターレポート、日本株リサーチ、J-REITリサーチ 、外国債券レポートを無料で見ることが可能


証券会社により提供されているサービスが異なりますが、自分に必要なところだけ取り入れるとよいと思います。私はIPOと株主優待、公募増資のつなぎ売りで使うことが多いです。


この他、無料レポートも内容が濃いためたまに見ています。有料情報も確認していますが、市場の温度感を得るには無料でも十分だと思います。


カブドットコム証券口座開設で無料とは思えないレポートを見ることができる

カブコムに口座を開設するとアナリストが分析した個別詳細レポートを見ることができます。配信元は、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、三菱UFJリサーチ&コンサルティング、三菱経済研究所となっています。もちろん無料で見ることができ市場の流れを掴むには嬉しいレポートです。


この他にもテレビやラジオ、ウェブセミナーで最新のマーケット情報などを提供しているサービスもあります。有名な番組ではこちカブ(こちらkabucom投資情報室)という番組があります。ラジオ日経なので聞いたことがない方が多いと思いますが評判はよいです。


もちろん、口座を開設するだけで四季報や個別情報の確認ができます。何かわからないことが発生した場合はコールセンターに電話をすることで対応してくれるため安心できます。


三菱UFJモルガン・スタンレー証券レポート


特にお勧めなのは、「三菱UFJモルガン・スタンレー証券レポート」になるためこれを目的に口座開設される方もいるようです。


また、毎日気に入ったレポートを読みたい場合はレポート配信によるメール通知設定を行うことで、新着レポートをいつでも見ることが可能です。これは嬉しいサービスです!


カブドットコム証券のIPO申し込み時に気を付ける最大のポイント!

同社にログインを行いIPOを申し込むには資金の重複が可能となりますが、知っておくべきことがあります。それは購入申し込み時に資金が拘束されることです。ブックビルディングと購入申し込みの2回が必要となり後期型抽選を採用しているため勘違いしている方もいます。


カブドットコム証券のIPO抽選申し込み手順


公式サイトの申し込み時にも2度の手続きが必要と書かれています。この辺りについてもう少し詳しく書いておきたいと思います。2回の申し込みが必要になるため私も申し込み忘れを行うことがよくあります。


上場銘柄が重なるとブックビルディングだけ申し込みを行い、購入申し込みを忘れることが多々あります。これにより当選確率が上がるのでは?と考えています。そもそも、同社のIPO口座数は多いと言えないため引受け株数が多い場合にかなり当選しやすいと言えます。

ブックビルディング申込みと購入申し込みのタイミング

実際にブックビルディング申し込みを行い、購入申し込みまで行ってみました。画像には4銘柄表示されており、上から2段目のミンカブ・ジ・インフォノイドと言う銘柄はブックビルディング申し込みを行い、そして購入申し込みまで無事完了しています。


ただ、下の2銘柄はブックビルディングすることさえも忘れています。忙しくなるとどうしても後期型申し込みは面倒になります。


カブドットコム証券でブックビルディング参加


面倒だからこそ抽選に参加できる方は当選するのかもしれません。同社はネット証券になるため、家族口座や未成年口座を開設しIPOに積極的に申し込みを行っている方がいます。読者の方にもいますが、株数が多い銘柄ではしっかりと当選されているイメージがあります。

ブックビルディング申込み時に資金が重複可能だかデメリットもある!

ブックビルディングに申し込むには、仮条件上限の買い付け余力が必要になります。仮に5銘柄の募集が同時に行われていれば、設定株価が一番高い銘柄の買い付け余力があればすべてのIPOに参加できます。


しかし、購入申し込み時には銘柄別に資金が必要になり資金が拘束されます!購入申し込み期間は短く設定されていますが、余力が減るため気を付けましょう。気を付けないとブックビルディングの参加ができません。


例えば、50万円入金しておき購入申し込みで30万円が拘束されたとします。その後、ブックビルディングが始まり25万円のIPOに参加しようとしても参加できません。20万円までだとOKになります。


裏技的な発想をするならば、先にブックビルディングを済ませて購入申し込みを行えば問題がありません。これに気が付いている方は少ないと思います。一旦、購入を解除してBBに参加し、その後購入するという手もあります。


IPOに当選せずに落選となった場合は資金拘束が即解除されるため次の戦略を練ることも可能です。

頑張った人だけが知っている?当選確率アップの方法

当選確率を引き上げる方法とは少し異なりますが、後期型抽選を行う証券会社は数社あります。その中でもIPO取扱い数が多いため同社は人気です。しかし、資金には限りがあるためどうにかならないか?と考えたどり着いた方法があります。


それはブックビルディングを済ませた後に一度出金を行い、他社からの申し込みに資金を使う方法です。ここまでする方は稀ですが、どうしても参加したい銘柄が出てきたときに使える方法です。


カブコムIPO抽選方法


他社で抽選に外れた後に、再入金を行うことで購入申し込みもできます。一旦出金する方法を思いつく方はそれほどいませんが、私は資金が乏しい頃に実際に取り組んでいた方法です。これにより2回~3回くらいIPOに当選し、資金を増やし現在は入金しっぱなしとなっています。


懐かしく思いますが、今でもどうしても資金が必要な場合は行うこともあります。カブドットコム証券では一般信用売建を使って株主優待をただ貰いしているため資金はある程度余裕があります。しかし、少ない資金で色々と考えながら投資を行っているため資産はあるけれど、動かせる現金がなくなることもあります。


こんなことを繰り返していると資産がある程度貯まる方向に向かうと考えています。ちなみに奥さんも同じようなことをしているため夫婦でカツカツの生活を送っています。


カブドットコム証券でIPOが当選していました

カブドットコム証券でもIPOは当選できます。上記にも書きましたが三菱UFJモルガン・スタンレー証券が主幹事の時や幹事引受株数が多い場合に見逃さないようにしておいたほうがよいです。幹事引受数は私の銘柄別詳細でも書いているため参考になればと思います。


引受株数は仮条件決定後に目論見書の訂正事項などで発表されるため、気になる方は証券会社の訂正事項を見ると書いてある場合があります。すべての銘柄で記載があるわけではない点は注意が必要です。


カブドットコム証券IPO当選







カブドットコム証券でソフトバンク当選



ゆうちょ銀行やSGホールディングス、ソフトバンクなどが当選しています。たまにIPOが当選するため、株主優待で使う他にもIPOの申込をしてみましょう。資金が余っていると結構穴場のIPO口座として活躍もできそうです。三菱UFJモルガン・スタンレー証券への配分が多い時だけに申込むのもありです!


IPO口座として持っておくのも良いと思いますが、せっかくなので有効活用をしてみましょう。NISA口座の開設もできるため使い方次第では大きな味方となる証券会社だと思います。公式サイトを見ていただくとわかりますが、公正性から機械的な抽選システムを採用しており、誰にでも当選チャンスはあります。IPOに参加する手数料などは必要なく、購入手数料も無料です。


IPO申込にはブックビルディング申し込みと購入申し込みの2回が必要になるため、忘れないように購入申し込みをしましょう。購入申し込みをすることにより平等抽選になります。


裏技的な使い方としてはブックビルディングに申し込んでおけば購入申し込みでIPOの抽選に参加できます。微妙な銘柄にとりあえず申し込んでおくことで、抽選参加のタイミングを他社とずらすこともできます。


⇒ カブドットコム証券公式へ






SBI証券の口座開設者はTポイント2重取りできます!

SBIポイントをTポイントに振り替えできるし、いつもネットショッピングしているサイトの前にポイントモールを経由すればTポイントが2重取り出来てしまいます。貯まったポイントはSBIネオモバイル証券で投資を行えば利益追求も可能です。

SBIネオモバイル証券公式HP

Yahoo!ショッピングやロハコ、ビックカメラやノジマ、じゃらんやイオンなど沢山のショップがエントリーしています。還元率が高いショップで5%程度です。詳細は下記記事で説明しています!

SBIポイントでTポイント2重取りができる記事