BlueMeme(ブルーミーム)IPOの初値予想と幹事割当数などを今回も自己評価したいと思います。上場前の抽選参加スタンスや業績予想などについても調べています。


東海東京証券が主幹事を引受けるシステムインテグレーション(SI)を行う企業です。IPOでは毎回人気になるため今回も初値が高くなると思われます。


BlueMeme(ブルーミーム)IPOの上場評価


項目株数データ
想定価格2,510円
仮条件6月10日
公開価格6月21日
公募株数450,000株
売出株数406,000株
公開株数(合計)856,000株
オーバーアロットメント128,400株
幹事団東海東京証券(主幹事)
野村證券
大和証券
みずほ証券
SBI証券
東洋証券
水戸証券
委託見込 SBIネオトレード証券
CONNECT


SI系のIPOは毎回ある程度のパフォーマンスを叩き出しているため今回も人気化する見込みです。ただし株価設定が高いと言われているため上値は限定的かもしれません。


ベンチャーキャピタルが筆頭株主となっていることも将来の売り圧力になる可能性があります。また事業規模が小さく2021年3月期で売上21億円、利益が1.3億円となっています。


来期は減収増益予想となっていますが、売上が落ちるためイメージがあまり良くありません。


目論見には、これまで手作業で行っていたプログラミング作業を自動化できるローコード技術と、アジャイル手法を組み合わせた受託開発サービスを行い需要が高まっているとあります。


また、VCに対して忖度があるのではないか?と囁かれているようです。VCのロックアップは90日間で発行価格1.5倍以上で解除されます。そのため初値は発行価格(公開価格)1.5倍あたりを目標としていそうです。


ただ吸収額が想定で24.7億円、時価総額80.3億円と大きいため発行価格1.5倍まで届かずに初値が付く可能性も十分あると思います。


BlueMeme(ブルーミーム)IPOの大手初値予想と評価はこうなる!

大手初値予想の数値を調べてみました。非常に参考になる数値なので、投資家のブックビルディングスタンスにも影響を与えると考えています。


IPO初値予想


最新の初値予想は下記のようになっています!


大手初値予想4,000円~5,000円
※注目度B


調べていてわかりましたが今期の減収は会計基準が変更されたことによるものだそうです。実際は26%程度の増収になるようです。


そのためなのか初値予想は思いのほか強気です。


収益基盤がまだまだ貧弱にも関わらず吸収額が大きいため、セカンダリーには特に気を付けたい銘柄だと思います。


もっと詳しく知りたい
BlueMemeの詳細情報を知りたい方は下記記事にまとめているので参考にしてください。仮条件発表後には追記する形で最新の初値予想も記載しています。
【上場】BlueMeme(ブルーミーム)IPOの初値予想!底堅いSIで初値高騰か

Twitterでも情報発信しているのでよかったら参考にしてください。Twitterは投資材料の宝庫なので上手に使いましょう!


よろしければフォローしていただく事で情報共有ができるようになります。


BlueMeme(ブルーミーム)IPOの幹事割当数と引受割合を調べました

幹事割当数と引受割合を調べました。主幹事は東海東京証券が単独で引受けています。


幹事名割当株数引受割合
東海東京証券(主幹事)744,600株86.99%
野村證券42,800株5.00%
大和証券25,700株3.00%
みずほ証券25,700株3.00%
SBI証券8,600株1.00%
東洋証券4,300株0.50%
水戸証券4,300株0.50%


東海東京証券が主幹事で株数が多いためネット組も当選の期待が持てそうです。SBI証券以外にネット証券はCONNECT(コネクト)で取扱いが確認できました。


大和証券グループになり大和証券からの委託を引受けます。毎回当選者も出ているため口座開設を行っている方は申込みを行っておきましょう!


詳しくは下記記事でIPOルールをまとめています。




また2021年6月30日からSBI証券でクレジットカードを利用して投資信託の積み立てができるようになります。最低投資金は100円からなので気軽に始めることができそうです。


上限積立は5万円となっており毎月10日締め切りとなっています。


三井住友カードとSBI証券との業務提携発表の内容をまとめているので興味があれば下記記事もお勧めします。




テレビCMも行われているためご存知の方も多いと思います。Vポイントが今なら上乗せでプレゼントされています!


BlueMeme(ブルーミーム)IPOの業績予想と抽選参加スタンス

BlueMemeの最新業績予想を調べ抽選参加スタンスについて考えてみたいと思います。人気が見込めれば積極的に参加しIPOで利益を狙いたいと思います!


業績予想とBBスタンス考察


業績を確認すると2022年3月期の業績予想を確認することができました。売上19.31億円となり前期21.01億円から8.09%減、経常利益2.23億円となり前期1.74億円から28.16%増になるようです。


四半期利益は1.48億円となり前期1.30億円から13.85%増を予想しています。


想定発行価格2,510円から指標を計算すると、EPS47.88から52.42倍、BPS531.78からPBR4.72倍になります。類似企業比較でいはPER15倍~30倍の範囲になる銘柄が多いようです。


公募組は儲かると思うので積極的に抽選に参加しておいてよいでしょう。セカンダリーは上場日の地合いにより大きく変化しそうです。同社が上場する6月29日は4社の上場となっています。


今月末で終了予定!ジョイントアルファで口座開設を行うとAmazonギフト券が1,000円分貰えます。


東証1部の穴吹興産がダイレクトに運営する「不動産投資型クラウドファンディング」になります。担保設定があるため安心のクラファンですよね。詳しくは下記記事でまとめています!


クラウドバンクを使った投資を5年間続けています

1万円から投資ができコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。実質平均利回りは6.80%で融資元本回収率は100%を維持しています!

クラウドバンク評判

下記記事で実際に投資を行っている内容をまとめています。即時入金も用意され入金を無料化できます。毎月分配金型になり日本円の出金も無料なのでお小遣いにすることも可能です。