リヴァンプ(4070)IPOの初値予想と幹事割当数などを今回も自己評価したいと思います。上場前の抽選参加スタンスや業績予想などについても調べています。


6月IPOでは知名度が最も高いとされ人気業態のため買われるでしょう。売上も拡大傾向にあり高い成長が期待できます。


リヴァンプ(4070)IPOの上場評価と初値予想


項目株数データ
想定価格2,710円
仮条件6月09日
公開価格6月18日
公募株数280,000株
売出株数1,000,000株
公開株数(合計)1,280,000株
オーバーアロットメント192,000株
幹事団野村證券(主幹事)
SBI証券
みずほ証券
SMBC日興証券
松井証券
マネックス証券
いちよし証券
岩井コスモ証券
委託見込SBIネオトレード証券
DMM.com証券


経営やITコンサルティングなどを行う企業になり、直近売上はコンサルティングとシステム構築やDX支援によるものが大きいようです。


創業者が澤田貴司氏と玉塚元一氏の2名となり既に同社には在籍していません。ただ株主名簿に名前があるためインパクトが強い銘柄です。


現代表の湯浅智之氏はアクセンチュア出身ということで、調べると配属された部署で製造流通業を中心に、経営抜本的改革などを行っています。著名人が関わるIPOとしてかなり注目されているようです。


個人投資家の買い意欲は高いとされるようですが、機関投資家の評価対象になるのかは微妙です。そもそも業績ありきの評価でしょうからね。個人的に初値買い参戦者は多いと思います。


また承認時に気になっていた質権について調べてみると、湯浅智之氏は三井住友銀行との間に手形貸付が締結されていました。その他、役員の齋藤武一郎氏は、みずほ銀行との間に金銭消費貸借契約が締結されています。


この事からロックアップ期間に関係なく売却される可能性があるとのことです。


IPOによる質権の状況


リヴァンプ(4070)IPOの大手初値予想と評価はこうなる!

大手初値予想の数値を調べてみました。非常に参考になる数値なので、投資家のブックビルディングスタンスにも影響を与えると考えています。


IPO初値予想


最新の初値予想は下記のようになっています!


大手初値予想3,500円~5,000円
※注目度A


値幅が大きく設定されいるため状況によって初値2倍くらいまでは視野に入るのかもしれません。著名人が株主だったことで爆上げしたロコガイド(4497)を思いだします。穐田誉輝氏の影響により強烈な人気を集めました。


今回はまた違う角度となりますが話題性はあるでしょう。


注目度はそれほど大型ではないにもかかわらず「A」となっています。楽しみなIPOだと思います。


もっと詳しく知りたい
リヴァンプの詳細情報を知りたい方は下記記事にまとめているので参考にしてください。仮条件発表後には追記する形で最新の初値予想も記載しています。
【上場】リヴァンプ(4070)IPOの初値予想!経営陣に話題性ありで大注目

Twitterでも情報発信しているのでよかったら参考にしてください。Twitterは投資材料の宝庫なので上手に使いましょう。


よろしければフォローしていただく事で情報共有ができるようになります!!


リヴァンプ(4070)IPOの幹事割当数と引受割合を調べました

幹事割当数と引受割合を調べました。主幹事は野村證券が単独で引受けます。


幹事名割当株数引受割合
野村證券(主幹事)1,118,400株87.38%
SBI証券49,600株3.88%
みずほ証券36,800株2.88%
SMBC日興証券36,800株2.88%
松井証券12,800株1.00%
マネックス証券12,800株1.00%
いちよし証券6,400株0.50%
岩井コスモ証券6,400株0.50%


主幹事である野村證券からの申込みを忘れないようにしましょう。幹事構成はネット抽選派にもやさしいようです。私の場合は全ての証券会社から申込みが可能です。


6月IPOは野村證券が主幹事で株数が多いIPOが多いため当選のチャンスでしょう。ただし微妙な銘柄が多いため少し気を付ける部分もあります。




松井証券は野村證券と同じで前受け金不要で抽選に参加できます。


マネックス証券は完全平等抽選を採用しているため忘れずに申込んでおきましょう。野村證券の次に当選確率が高いと考えています。


ネット証券は申込者が多くなる傾向にありますが、申込まなければ抽選に参加できないため頑張りましょう!落選当たり前の精神です。




1回当選すれば10万円以上の利益になることが多い投資です。諦めずにコツコツ参加しておきたいと思います。


リヴァンプ(4070)IPOの業績予想と抽選参加スタンス

リヴァンプの最新業績予想を調べ抽選参加スタンスについて考えてみたいと思います。人気が見込めると思うので全力で参加したいと思います。


当選を狙い参加できる証券会社から申込み予定です!


業績予想とBBスタンス考察


業績を確認すると2022年3月期の連結業績予想を確認することができました。売上72.50億円となり前期76.73億円から5.51%減、経常利益16.00億円となり前期13.77億円から16.19%増の減収増益となるようです。


四半期利益は10.00億円となり前期8.14億円から22.85%増を予想しています。利益面は10億円超えと2桁億円をクリアーしているため安心できそうです。ただ収益は鈍化しているようです。


想定発行価格2,710円算出のPERはEPS136.46から19.86倍、PBRはBPS1,053.68から2.57倍になります。類似企業比較では上値は見込めますが初値2倍は行き過ぎでしょう。


話題性から注目され投資素人を巻き込み、機関投資家の資金が入れば大商いの可能性もあります。最終的には機関投資家の資金流入期待になると思います。


個人だけで買い上げるのは規模的に厳しそうです。ジャスダックで約40億円弱の吸収、そして時価総額は約231億円になります。


6月IPOはIPOに当選できなくても面白い銘柄が多いため楽しんで参加しましょう。3銘柄くらい当選できれば生活にも刺激が出そうです。


驚き!!ウェルスナビでETF投資を行っています。アメリカ市場が拡大傾向にあるため投資額の30%以上の利益が出ています。


そしてタイアップも継続中なのでまだ投資を始めていない方はご検討ください。記事作成からさらに2%~3%の利益が上乗せされています!


上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

Funds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的に記事でまとめています。

Funds(ファンズ)

先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。1円から投資できるスキームは他社にありません!