プラスアルファ・コンサルティング(4071)IPOの初値予想と幹事割当数などを今回も自己評価したいと思います。上場前の抽選参加スタンスや業績予想などについても調べています。


このIPOは株数が多く当選しやすいため狙いましょう。初値も高くなる予想が出ているため強気で攻めることができそうです!


プラスアルファ・コンサルティング(4071)IPOの上場評価と初値予想


項目株数データ
想定価格1,940円
仮条件6月14日
公開価格6月21日
公募株数50,000株
売出株数9,442,500株
公開株数(合計)9,492,500株
オーバーアロットメント1,423,800株
幹事団野村證券(主幹事)
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
みずほ証券
SMBC日興証券
SBI証券
楽天証券
マネックス証券
松井証券
委託見込SBIネオトレード証券
auカブコム証券


同社はSaaS型ソリューションの提供を行っています。自然言語処理とデータマイニングの技術から成るテキストマイニングの技術をベースに「見える化」するサービスをクラウド方式で提供しています。


しかも業績が黒字のため日本だけでなく海外からの需要も見込めると言われています。これまでIPOを行ったSaaS型サービスを行う企業は、上場時点で赤字もしくは黒字になるかどうかの企業が多くありました。


しかし同社は完全黒字と言えます。吸収金額が想定ベースで211.8億円と大きいため、事業規模に対しての吸収額の大きさと言った不安はあると思います。


ただ海外販売数が50%程度になるのではないか?との観測も出ているため日本市場だけで考えるとそこまで吸収額が大きいとは言えないかもしれません。


どうなるのかわかりませんが大規模上場で人気が見込めるため、積極的にIPO当選を狙いに行きたいと思います。


自社開発の自然言語処理エンジン「Waters」が同社の強みになるようです。一言で表現できない事業にも投資妙味がありそうです。


プラスアルファ・コンサルティング(4071)IPOの大手初値予想と評価はこうなる!

大手初値予想の数値を調べてみました。非常に参考になる数値なので、投資家のブックビルディングスタンスにも影響を与えると考えています。


IPO初値予想


最新の初値予想は下記のようになっています!


時価総額が想定発行価格計算で約777.0億円なので、もしかするとユニコーン企業が登場するかもしれません。


大手初値予想3,000円~4,000円
※注目度A


発行株数40,050,000株で3,000円の初値が付けば時価総額1,201.5億円になります。余裕で1,000億円超えになります!


海外配分が少なく株式市場で外人が購入してくれるパターンだと嬉しいですよね。直近上場のビジョナル(4194)のように海外配分が88.5%などになると当選が厳しそうです。


このパターンも可能性としてはあるようです。結局はビジョナルも海外勢の旺盛な買いにより、高値を狙える水準まで株価が戻ってきていると言われています。


Appier Group(4180)やスパイダープラス(4192)も初値では買われているため、公開価格割れになるようなことはないと思います。


もっと詳しく知りたい
プラスアルファ・コンサルティングの詳細情報を知りたい方は下記記事にまとめているので参考にしてください。仮条件発表後には追記する形で最新の初値予想も記載しています。
【上場】プラスアルファ・コンサルティング(4071)IPOの初値予想!SaaS型で利益見込みあり

Twitterでも情報発信しているのでよかったら参考にしてください。Twitterは投資材料の宝庫なので上手に使いましょう!


よろしければフォローしていただく事で情報共有ができるようになります。知りたいことがあったらDMしてください。


プラスアルファ・コンサルティング(4071)IPOの幹事割当数と引受割合を調べました

幹事割当数と引受割合を調べました。主幹事は野村證券が引受けます。また、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が独立引受幹事になります。


そのため、auカブコム証券でもIPOの取扱いが期待できます。調べると既に取扱いが決定していました!


三菱UFJモルガン・スタンレー証券の取扱い株数も多いため、auカブコム証券にも期待しておきたいと思います。


幹事名割当株数引受割合
野村證券(主幹事)7,594,000株80.00%
三菱UFJモルガン・スタンレー証券1,423,900株15.00%
みずほ証券94,900株1.00%
SMBC日興証券94,900株1.00%
SBI証券94,900株1.00%
楽天証券94,900株1.00%
マネックス証券47,500株0.50%
松井証券47,500株0.50%


野村證券と三菱UFJモルガン・スタンレー証券からの申込みは行っておいたほうがよさそうですね。


引受幹事もネット抽選派に嬉しい構成なので積極的に狙っておきましょう。外人が好むIPOは少ないそうですが同社は期待できるようです。


また、野村證券は前受け金不要でIPO抽選に参加できます。松井証券も同じく前受け金不要で抽選参加できるため口座開設を行っている方は申込んでおきましょう。




マネックス証券引受けも多いため申込み忘れがないようにしたいと思います。未成年口座もありますからね。


口座を開設している証券会社から全て申込みを行っておきたいと思います。6月30日上場なので投資家も申込みに疲れが出ている頃です。最後まで頑張りましょう!




プラスアルファ・コンサルティング(4071)IPOの業績予想と抽選参加スタンス

プラスアルファ・コンサルティングの最新業績予想を調べ抽選参加スタンスについて考えてみたいと思います。人気が見込めるそうなので全力で獲得を狙いたいと思います。


業績予想とBBスタンス考察


業績を確認すると2021年9月期の単独業績予想を確認することができました。それによれば売上60.00億円となり前期47.26億円から26.96%増、経常利益18.21億円となり前期14.45億円から26.02%増となります。


四半期利益は11.91億円となり前期10.26億円から16.08%増を予想しています。業績面の不安はなさそうです。


さらに配当が5.94円出るとされています。前期は5.13円となっていました。配当利回りは0.3%あたりになります。


指標はEPS29.77からPERは65.17倍、BPS115.66からPBRは16.77倍になります。この水準のPERはやや割安かもしれません。赤字でPER算出不可の銘柄も多いですからね。


ちなみにカオナビ(4435)だとPER1,305.77倍、PKSHA Technology(3993)だとPER170.88倍になります。※2021年6月08日の株価調べ


利益が出たらクラウドファンディングに投資を行ってみては如何でしょうか!?実はワラシベにインタビューさせて頂くことになりました。IPOで忙しいためもう少し先になります!!


キャンペーンで初めて投資を行った方を対象にAmazonギフト券がプレゼンされています。投資額の3%なので20万円投資を行えば6千円分のAmazonギフト券になります。かなり凄いですよね。


不動産投資型クラウドファンディングなので実際に物件を取得する安心感があります。劣後出資も50%程度行うことも多いそうです。想定利回りを下回った案件もこれまでありません。


私も投資を行ってみたいと思います。こんなに積極的な企業だとは知りませんでした。面白いこと色々と始めるみたいです。


上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

Funds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的に記事でまとめています。

Funds(ファンズ)

先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。1円から投資できるスキームは他社にありません!