auカブコム証券はPontaポイントを使って投資信託が購入できることを発表しました。ポイント投資はネット証券を中心に拡大傾向にあります。またメリットとデメリット、口コミなども調べてみました。


少しでも利益を出したい方や資産運用を考えている方に魅力ある投資だと思います。


Pontaポイントを利用した投資は、若年層をターゲットにしたサービスなのかな?と思うところがあります。さらに個人的には大きなデメリットが1つあると考えています。


auカブコム証券のPontaポイント投資
※auカブコム証券公式サイト引用


KDDIがカブドットコム証券に出資を行い「auカブコム証券」が誕生しました。公開買付を2019年6月13日に終わらせています。メディアでも大きく取り上がられ投資を行っている方は、ご存知の話題だと思います。


ネット証券ではポイントを利用した投資が積極的に行われ、auカブコム証券では「Pontaポイント」を選んだようです。SBI証券だと「Tポイント」、SMBC日興証券だと「dポイント」、楽天だと「楽天ポイント」になります。


SBI証券系列だとネオモバもTポイントで株式を購入することが可能です。自分がどのポイントを生活で一番貯めているのか?このことにより投資環境が異なりそうです。


auカブコム証券でPontaポイントを利用するにはauID登録が必要です

auカブコム証券でPontaポイントを使いたいと思った方は「auID」の登録が必要になります。auIDの発行は無料になり、通信事業者契約がau以外でも無料発行できます。


ドコモユーザーやソフトバンクユーザー、他の通信事業者と契約していても「auID」の登録は可能です。ドコモのdアカウントを誰でも作れるのと同じです。


auカブコム証券でauIDの登録を行う方法
※auカブコム証券公式サイト引用


au回線を利用している方は既に「auID」を持っているはずです。auカブコム証券で登録を行う際に詳細が出てくるためよく読んでおきましょう。


auID連携サービスの利用条件や登録に関する注意事項なども書かれています。同意できる内容であれば手続きを進めます。


auID登録画面
※KDDI公式サイト引用


登録手順は簡単なのでPontaポイントを利用して投資信託を買いたい方は頑張りましょう。そのうち他社と同じで株式投資にもPontaポイントが使えるようになると思います。


ポイ活している方だとすぐに思いつくと思いすが、ポイントを使って投資信託を購入し売却することで現金化することもできます。ポイントをたくさん持っている方は現金化し出金して他に利用するとお得でしょう。


同社の金融商品は幅が広いため他の投資に利用する方法もできます。


auカブコム証券の取扱い投資信託を調べてみました!全ファンドがノーロードだった

同社の投資信託を調べると1,241ファンドを提供しています。また、全てのファンドがノーロード(購入手数料無料)となっています。


投資信託の購入は100円以上から可能です。さらにポイントを利用した購入も1ポイント1円として、100円以上1円単位で購入できます。もちろん取扱い投資信託全てに適用されます!


auカブドットコム証券の投資信託買付けは無料(ノーロード)
※auカブコム証券公式サイト引用


この他にも、KDDIが提供するスマートフォン決済アプリ「au PAYアプリ」からポイント投資や投資信託の取引きが可能です。


月々100円からコツコツ投資信託を積み立てることができる「プレミアム積立サービス」も用意されているため、Pontaポイントが定期的に貯まる方にも嬉しいサービスが行われています。


あまりお勧めできませんが、投資信託を担保に信用取引を行ったりFXや先物取引も可能です。現金がなくても信用取引やシストレFX、先物取引を始めることができます。代用有価証券の仕組みを利用したサービスになります。


Pontaポイントの運営企業はロイヤリティ マーケティングだと調べてわかった

Pontaポイントと言えば個人的にはローソンのイメージが強かったため、運営企業の企業概要を調べてみました。


運営企業はロイヤリティ マーケティング(Loyalty Marketing)になります。


項 目その内容
会社名株式会社 ロイヤリティマーケティング
英語表記:Loyalty Marketing, Inc.
設立年月日2008年12月01日
主な事業
  • ポイント事業
  • マーケティング事業
役員代表取締役社長 長谷川剛
従業員数229名(2020年4月01日時点)
資本金23億8,157万8千円
株主
  • 三菱商事株式会社 22.37%
  • 株式会社ローソン 20.00%
  • KDDI株式会社 20.00%
  • 株式会社リクルート 15.00%
  • 日本航空株式会社 15.00%
  • 株式会社三菱UFJ銀行 5.00%
  • 株式会社ゲオホールディングス 2.63%
※2020年11月04日調べ


株主を調べてみると三菱関係やKDDIが大株主になっているため納得できました。ローソンは20%になっています。ゲオHDも株主みたいですね。


ロイヤリティマーケティングのグループ会社は「株式会社ビヨンド・ザ・データ」が1社あるそうです。


ビヨンド・ザ・データのホームページを確認すると「世界的コンサルティングファームであるAccentureとの協業によって生まれたデータアクティベーションカンパニー」との記載がありました。


Pontaポイントサービスは沿革から2010年3月から開始されたことがわかります。また、2020年9月末情報では9,674万人が利用する国内最大級の共通ポイントサービスとなっています。


auカブコム証券の資産形成プログラムとは?効率的にポイントが貯まる仕組み

投資信託を24,000円以上保有していると毎月ポイントを貰えるチャンスがあるそうです。公式サイトには下記のように書かれていました。


【auカブコム証券抜粋】
月間平均保有額が3,000万円以上のお客さまは、100万円未満のポイント加算年率と比較し約5倍のポイントがたまります。年間のポイント加算上限もございません。初心者のお客さまから、大口のお客さままで、資産形成をしながら効率的にpontaポイントをためられます!

また、たまったpontaポイントで投資信託のポイント投資や、au PAYスマホ決済とpontaポイント利用が可能な240万ヵ所でご利用いただけます。


どれだけ貰えるのか気になり詳しく調べると2.4万円~100万円未満が年率0.05%、100万円以上~3,000万円未満が年率0.12%、3,000万円以上だと年率0.24%になっています。貰えないよりは良いと言った感じだと思います。


auカブコム証券の資産形成プログラム
※auカブコム証券公式サイト引用


また、auの投資信託(auスマート・ベーシック/auスマート・プライム)の保有残高に応じて毎月Pontaポイントが貯まるそうです。


投資信託は4銘柄になっています。さらにauの通信契約ありだと0.02%~0.05%上乗せになるようです。Pontaポイントは1pt=1円相当です。


Pontaポイント投資の口コミとメリット・デメリットまとめ!

auカブコム証券の口コミを探してみると15,000Pontaポイントを狙う方を発見しました。キャンペーンが行われているため比較的簡単にクリアーできると思います。


そのためキャンペーン狙いの方は多いはずです。同社の証券口座を開設している方にはとても魅力あるサービスでしょう。ただし、Pontaポイントを日々利用している方限定になりそうです。








メリットはポイントだけで投資を行うとリスクがなく投資できることでしょう。また、ポイントと現金の併用ができるため使い勝手も良さそうです。


ネット証券だとノーロード投資信託が多く同社も手数料が発生しません。投資信託には一般型と累投型があり、一般型は分配金を受取ることができるタイプの投信です。累投型は分配金を自動的にし投資へ回します。


デメリットはPontaポイントと提携している企業が少ないことです。これに尽きると思います!このデメリットがなければ利用者が拡大するはずです。


au回線を利用している方はどんどんポイントが貯まるはずです。2020年5月21日から「au WALLET ポイント」はPontaポイントに変わりました。


このことからauユーザーにとって使いやすい証券会社になると思います。au電気などのサービスを契約していればさらにポイントが貯まりそうですね。


ネオモバのTポイント投資を行ってみたい方は下記記事が参考になると思います。個人的にはTポイント投資を頑張っています。



SMBC日興証券でdポイント投資を行いたい方は下記記事が参考になると思います。LINEポイントなどの記事は記事下にある関連記事で確認できるようにしています。




auカブコム証券のPontaポイントキャンペーン詳細

ポイント投資デビュー応援キャンペーンが行われていたため詳細を書いておきたいと思います。その他のPontaポイントキャンペーンも同時に行われているようです。


今回はポイントを利用した投資信託の取引額に応じて最大15,000Pontaポイントがプレゼントされるキャンペーンをご紹介します。一番手掛けやすいキャンペーンだと思います。


項 目その内容
新規口座開設期間2020年9月28日~2020年11月30日
取引対象期間2020年9月28日~2020年12月30日
auID登録・キャンペーンエントリー期間2020年9月28日~2020年12月30日
※1回のエントリー手続きでキャンペーン内容①、②両方受付いたします
キャンペーン内容①対象期間中に口座開設いただき、au IDの登録および、キャンペーンエントリーで200Pontaポイントプレゼント
キャンペーン内容②対象①か対象②のいずれかの条件を満たし、ポイントを利用した投資信託の取引額に応じて最大15,000Pontaポイントプレゼントします。ポイント利用は買付金額の全部、一部利用でも対象となります。

対象①:対象期間中に、口座開設いただきau ID登録&キャンペーンエントリーしたお客さま

対象②:2019年10月1日~2020年9月25日の間に投資信託のお取引き(買付約定(含、積立)及び売却約定)をしていない既存のお客さま、かつ2020年9月25日時点で投資信託を保有されていないお客さま

最大15,000Pontaポイントプレゼント
ポイント加算日2021年1月末頃予定
※2020年11月04日調べ


キャンペーンの延長も十分考えられると思います。詳しくは公式サイトでご確認をお願い致します。ポイント利用は買付金額の一部利用でもOKです。


外貨建てMMFや公社債投信、ETF、ETNのお取引は含まれません。投資対象は「投資信託」になります。投資をはじめて行う方に向けたサービスだと思います。


他社でもはじめは投資信託からポイント投資が開始されました。楽天証券だと投資信託購入者の7割程度が楽天ポイントを利用しているそうです。


auカブコム証券もポイント保有者を取り込む狙いがあると思います。ポイントサービスの規模は大きいと思いますが、いまいち使えるお店が身近にない方も多い気がします。


Pontaポイントが貯まる環境にあればとてもお勧めできるサービスだと思います!




auカブコム証券のIPO抽選ルールについては下記記事でまとめています。三菱UFJモルガンスタンレー証券が幹事入りした時に委託幹事として取扱いが行われることが多いです。


一般信用売建銘柄が多いためクロス取引でも活躍してくれる証券会社です。個人的にはPontaポイントよりも、株式取引で活躍してくれるため必須企業です。


上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!