トラノコの認知度が広まりだんだんと有名になってきました。若い世代を中心にサービスが取り入れられ、ネットには評判や口コミなども掲載されています。若い方の金融資産は低いとされ、最近では様々なサービスが出ています。トラノコでは使用料が月額300円と安価に設定され、5円からのおつり投資ができるため人気となっています。


使い方は簡単なのでこれから積み立て投資を考えている方に魅力的なサービスです。投資関係のメディアだけではなく一般的な雑誌などにも広告が掲載されているため、サービスを知っている方は多いでしょう。スポンサーも大手企業が関連しているため安心できそうです。


トラノコ評判(おつりで投資)


同社のコンセプトは、毎日の生活におけるおつりで投資を簡単に行うことです。一月のおつり設定には上限を設けることができるため、すべてのおつりを投資するわけではありません。また、買い物をしたときに付くポイントでも投資が可能です。今後提携できる企業も増えると予想されることから、手元ゼロ円で投資ができる方も出てくるでしょう。


おつりで投資をする方法は「クレジットカード」や「電子マネー」になります。現金で支払いをする場合はお財布に入れておけばよいため、クレジットカードなどを計画的に使う方も出てきそうです。Amazonなどのアカウント登録も可能で、マネーフォワードのサービスとつなげることもできます。


    【トラノコの最大の魅力】

  • 毎日のおつりを5円から投資可能
  • ファンドは3種類から選ぶだけの簡単設定、しかもグローバル分散投資
  • お買い物で得たポイントも投資ができる
  • 毎月必ずマイルやポイントが貯まる仕組み
  • 月額利用料は300円の固定、運用報酬は0.3%と業界でも最安値水準
  • 15歳から23歳までの学生は月額利用料がずっと無料になる!



口座開設費用などは無料になりますが、月額300円は必要となります。ただし口座開設後3ヶ月間は月額利用料金は発生しません。まず3ヶ月間試してみた後に色々と判断をしてもよいと思います。


まとまった資金を持っている方は興味がないかもしれませんが、コツコツ貯める投資は侮れません。同社のファンドは、国内外の株式や債券、不動産投資信託(REIT)、コモディティ、金利等に投資します。簡単に言えば投資信託(ETF)です。


申し込み手数料や解約手数料がないノーロードタイプの投資信託になるため維持管理の面でメリットがあり、信託報酬が0.3%に設定されています。


トラノコファンドはリスクに応じた3つの運用パターンを用意している

同社の3つのファンドは安全重視の「小トラ」、バランス重視の「中トラ」、リターン重視の「大トラ」にわかれています。どのファンドを選んでもサービス利用料金に差はありません。同社は月額利用料を頂く代わりに運用報酬を低く抑えることができます。運用資金が大きくなれば、類似企業との差も大きなものになりそうです。


おつりで投資(トラノコファンドの種類)



ファンドの種類 簡単な投資内容
安定重視の 「小トラ」 リスクを抑えることを重視し、比較的リスクが低い債券等の割合が高くなる傾向
バランス重視の 「中トラ」 リスク/リターンのバランス重視、債券等に加え、比較的リスクの高い株式等がある程度高い割合になる傾向
リターン重視の 「大トラ」 リターンを重視し、比較的リスクの高い株式等の割合が高くなる傾向


トラノコ年間コストと運用額


リターン重視の「大トラ」を調べてみると、リターンを重視した最適ポートフォリオ構築により、リスク相応のリターンの獲得を目指した運用を行うとあります。


投資信託について詳しい方は自分で購入をしたほうがよいと思いますが、投資初心者の方は小額から同社のシステムを利用するのはありだと思います。運用しているうちに他の情報にも詳しくなれるでしょう。


    【ファンドの特色】

  • 様々な資産クラスに対してリスクに合わせてバランスの取れた分散投資を行います。
  • 運用手法としては、平均分散アプローチを用いて、リスクを抑えることを重視した最適ポートフォリオを構築します。
  • マザーファンドにおいて、原則として、米ドル建ての実質的外貨建資産に対して50%~100%の範囲で、適時、対円での為替ヘッジを行い、為替変動リスクの低減を図ることを基本とします。
  • ファミリーファンド方式により、マザーファンドを通じて運用を行います。
  • 他のトラノコファンドとの間でスイッチングができます。



投資初心者は3つの中から選べばよいですし、途中でリスクの切り替えもできます。無料期間中に同社サービスを続けるのか考えてみるとよいでしょう。

トラノコファンド小トラについて調べた結果

トラノコファンド 「小トラ」について調べてみました。ファンド設定は2017年4月になります、決算日は3月20日で信託期間は無期限になります。毎期、決算日に収益分配方針に基づいて分配を行うファンドです。


トラノコファンド小トラ運用状況


    【ファンドの特色・投資方針】

  • 様々な資産クラスに対してリスクに合わせてバランスが取れた分散投資を行う
  • 運用手法として平均分散アプローチを用いてリスクを抑えることを重視した最適ポートフォリオを構築
  • マザーファンドにおいて、原則米ドル建の実質的外貨建て資産に対して50%~100%の範囲内で、適時、対円での為替ヘッジを行い、為替変動リスクの低減を図ることを基本としている
  • ファミリーファンド方式によりマザーファンドを通じて運用を行う
  • 他のトラノコファンドとの間でスイッチングができる


トラノコファンド中トラについて調べた結果

トラノコファンド中トラについて調べてみました。ファンド設定は2017年4月になります。決算日は3月20日で信託期間は無期限になります。毎期、決算日に収益分配方針に基づいて分配を行うファンドとなり小トラと同じになります。ファンドの特色・投資方針も同じになります。


トラノコファンド中トラ運用状況


何が違うのかと言うと、資産分配や通貨配分などが変わってきます。構成銘柄配分をよく見るとわかりますが、小トラよりも債権配分が少なくなり株式が多くなっています。


ちなみに2018年11月30日のデータでは小トラが騰落率-0.86%になり、中トラが騰落率+0.51%になっています。

トラノコファンド大トラについて調べた結果

トラノコファンド大トラについて調べると、パフォーマンスが一番良いようです。ただ市場が悪化すれば一番成績が悪くなる可能性もあります。リスクとリターンの差だと思って頂いてよいでしょう。また、資産運用額では大トラが一番大きく2018年11月30日基準で2億2,145万円となっています。


ちなみに小トラが1,019万円、中トラが8,697万円となっています。おつりで投資を楽しむにはハイリターンを求める方が多いようです。これは「おつりを投資して利益が出ればいいよね」といった軽いスタンスのような気がします。おつりで投資をする方の性格も伝わってきます。


トラノコファンド大トラ運用状況


トラノコファンド大トラの場合は株式と債券保有率が逆転しています。また、2018年1月は基準価格が7%~8%も上昇しているようです。長期投資をすると平たく地味にプラスへ持って行く効果がありますが、短期間でも上下に動くことの象徴でしょう。


純資産は確実に増えているため同社サービス拡大の裏づけとなりそうです。騰落率では+2.13%と他のファンドよりも利益が出ています。騰落率は信託報酬を控除した数値となっています。


おつりは自動取得だから1回登録すれば手間がかからない

クレジットカードやポイントサイトの登録を1回しておくとあとは自動取得によりシステムが稼働します。この他、毎月投資を行いたい金額をあらかじめ決めておくことで、毎月決まった額の積み立てもできてしまいます。引き落としなどは、ほぼすべての金融機関に対応しているそうです。


ポイント投資が可能な提携ポイントはこれから増えると思いますが、現在のところ4つ用意されています。「ポイントエクスチェンジポイント」「ジー・ポイント」「ネットマイル」「ポイントタウン」です。


ポイントで投資ができる企業画像


この他、貰える毎月ポイントというサービスがあり、nanacoポイントやANAマイル、dポイントを頂くことができます。投資リターン以外にも連携サービスにより少しお得になります。この他、提携企業だと毎月ガス料金なども割引になるそうです。サービスがこれから拡大すると言うことで期待したいところです。


ポイントやマイルは、投資額にかかわらず毎月必ず貯まります。おつりだけではなく同社が提携している企業だと現金へ交換でき、そのお金を投資へ回せるため画期的なサービスとなっています。

トラノコを使った口コミや感想をツイッターで調べてみた結果

トラノコを実際に使っている方をツイッターで調べてみました。おつりを使って自動投資してくれるシステムは魅力ですが、使っている方の口コミも重要です。また、3ヶ月の無料期間後に退会する方も一定数いるようです。



https://twitter.com/maria_u3u_/status/1071991173181390849



サービスを使ってみないと本当のことはわかりませんが、数千円の運用だと月額利用料の300円をペイできないこともあるようです。ライフスタイルにより同社サービスの利用を考えないといけないのかもしれません。


SNSを見た感じではお試し期間中に投資スタイルを判断することがよさそうです。一定期間継続することで自分に合う投資商品なのか判断できます。毎月最低でも5千円~1万円程度のおつりを用意できないと難しいのかもしれません。


ただ、300円の利用料でサービスを使うことができるのは魅力だと思います。どこのサービスを使うにしても無料ではありません。実際に投資をすれば元本割れも考えられます。元本保証の金融商品は金利も低く数百万円単位でなければリターンは望めませんからね。


トラノコ学割U22サービスを利用すれば無料でサービスを利用できる

トラノコ学割U22というサービスがあり、学生であればだれでも23歳になるまで同社のサービスが無料になります。サービスを利用するにはアプリに学校名と学籍番号を入力するだけです。口座開設時に学生でない場合は対象外になり、その後学生になったとしてもサービス対象にならないそうです。


トラノコ学割U22利用者年齢


学生から投資を意識している方は少ないと思いますが、だんだんと若い方が投資へ参入していることがデータなどからもわかります。若い方が投資対象としているのはETFなどが多く、個別銘柄に回すような大きな資産を蓄えていない方が多いからでしょう。少額でもよいので投資と接する機会があると今後の生活にも役に立つことでしょう。


15歳から最大で8年間の利用が無料になるのは凄いことだと思います。他社ではそのようなサービスは行われていないのではないでしょうか。利用料金を計算してみると8年間で28,800円お得になります。


さらに、毎週発行される「ウィークリー解説」を見れば就職にも役立つ情報が掲載されているそうです。投資を通じて世界の流れが見えてくる材料が掲載されています。ニュースが金融市場に影響をどのように与えているのか見えてくることでしょう。


毎日のおつりを5円からプロが運用『おつりで投資トラノコ』


トラノコを運営している企業はTORANOTECという会社です

トラノコを運営している企業を調べてみました。また、リアルおつり投資プロジェクトが金融庁の「FinTech 実証実験ハブ」支援案として採用されたり、ドコモ口座と連携を開始したりとサービス拡大に勢いがあります。


学生1万人プロジェクトやネクストプレナーズとTORANOTECで社内ポイント利⽤による「働き⽅改⾰」推進の実証実験なども行っているそうです。同社のサービスを簡単にわかるように動画を用意してみました。1分48秒もあるのでお時間があればご覧ください。




項 目 その内容と詳細
名称 TORANOTEC株式会社
事業内容 金融サービス投資、フィンテック開発、アプリ運営
代表者 代表取締役社長 ジャスティン・バロック
資本金 11億5,739万円(資本準備金含む)
設立年月日 2016年8月17日
所在地 東京都港区虎ノ門4-3-1城山トラストタワー27階
電話:03-6432-0788


トラノコ出資企業の画像


主要資本提携先企業を調べてみると、名の知れた企業名が多くあります。野村総合研究所やセブン銀行、そしてポイントサイト運営のリアルワールドなどの名前があります。


日本経済新聞社や日経ヴェリタスなどの経済紙からテレビ、雑誌など多くの掲載実績があります。同社のサービスは世界中の資産に対し小額投資ができるためコツコツ派の方に向いています。ボーナスなどの臨時収入などが発生した場合は都度投資が可能になっています。


この他、トラノコ提携のポイントだと「ポイント」にる投資が可能になります。。簡単にポイントを投資資金に交換できる機能があります。さらにおつり投資の回数などの投資実績によって、トラノコからお祝いプレゼントが用意されそうです。


トラノコを使うメリットとデメリットまとめ

トラノコに短期間で投資をすれば手数料的に大きな負担となることがあります。運用額の問題になりますが、ある程度資産を蓄えることができれば分配金により相殺も可能だと考えらえます。この辺りが最大のデメリットになると思います。


逆にメリットは小額投資が出来ることや月額料が固定になっていることでしょう。投資額が少し大きくなっても構わない方はWealthnavi(ウェルスナビ)のETF投資がよいと思います。こちらは最低でも10万円の投資金が必要になり、私も資産運用を任せています。


ファンド費用とトラノコ利用料金表
※トラノコにかかる利用料金表


それと現在のところ出金額に300円必要になるのはデメリットでしょう。ただどの企業でも出金手数料が必要になることが多いため仕方がないことです。アプリ比較ではウェルスナビの「マメタス」とよく比較されますが、資金がまとまってあるならマメタスがよいと思います。


システム比較というわけではなく、単純に運用資産の問題です。トラノコでは運用手数料が月額に設定されていますが、ウェルスナビは資産の年利1%になります。1%は結構高いと感じますが、運用している結果的にそれほど高いとは感じていません。


まとめとして数十万円の資産があればウェルスナビから初めてよいと思いますし、おつりをコツコツ貯めて投資をやってみたいと思う方はトラノコをお勧めします。口座開設や維持管理などはどちらの企業も無料です。


⇒ おつりで投資トラノコ

毎日のおつりを5円からプロが運用『おつりで投資トラノコ』