グリーンズ(6547)IPOが新規上場承認されました。
株数が多いのでIPO当選は容易だと思いますが、初値利益を考えるとどうだろうか。
株主優待や配当狙いの株主になりそうだが・・・・


グリーンズ(6547)IPO新規上場承認


業種:サービス業
市場:東証2部
公開予定:03/23
BB期間:03/06~03/10


【事業内容】
当社グループは、当社及び連結子会社である株式会社チョイスホテルズジャパンの計2社で構成されております。当社の柱となるホテル事業は、宿泊特化型ホテル(注1)である「コンフォート」ブランドホテルを全国政令指定都市等で運営する「チョイスホテルズ事業」と、宴会場やレストラン等を併設したホテルから宿泊特化型のホテルまで地域特性に合わせたホテルを展開する「グリーンズホテルズ事業」の2つの事業部門からなっております。
また、ホテル用不動産の有効活用のため、「その他の事業」として当社ホテルに併設するテナント等に対する賃貸事業及び不動産管理事業を行っております。

まとめると⇒ ホテル・レストラン・バンケットの運営



【資金使途】
手取概算額2,495,000千円については、「1.新規発行株式」の(注)5.に記載の第三者割当増資の手取概算額上限828,630千円と合わせて、新規出店及び既存店リニューアルにかかる設備投資資金等並びに借入金の返済資金に充当する予定であります。

具体的には、新規出店6店舗及び既存店リニューアル24店舗を計画しており、設備投資資金(差入保証金を含みます)として882,236千円(平成29年6月期に117,113千円、平成30年6月期に506,014千円、平成31年6月期259,109千円)、新規出店及び既存店リニューアルに伴う消耗品費、修繕費等の費用として1,708,018千円(平成29年6月期に252,147千円、平成30年6月期に825,050千円、平成31年6月期に630,821千円)を充当し、残額は平成29年6月期に借入金の返済に充当する予定であります。



100株単位
公募株数 2,000,000株
売出株数 2,400,000株
合計株数 4,400,000株(44000枚)   ←かなり多いので当選は容易だろう


想定価格 1,350円 ⇒ 13.5万円必要
仮条件  1,350円~1,400円に上振れ決定しました!
公開価格 03/13に決定予定です


【幹事団】
野村證券
大和証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券   カブドットコム証券
SMBC日興証券       ←今年もIPO頂きました♪
みずほ証券
岡三証券
SBI証券     ←SBI証券でIPOをはじめる3つのポイント





■ グリーンズIPOの評判と分析
オーバーアロットメントによる売出し660,000株
想定発行価格1,350円を基に吸収金額を算出すると約59.4億円となり、オーバー
アロットメントを含めると約68.3億円です。
東証2部の上場規模としては大きいサイズになります!
グリーンズHP⇒ おもてなしと生活文化の創造


グリーンズ(6547)IPO評判と分析
↑クリックで拡大します     ⇒ ライブスター証券がIPO取扱開始(前受金不要)


宿泊特化型ホテルと宴会場やレストラン等を併設したホテルから宿泊特化
型のホテルを運営している企業です。
全国に88店舗の系列店があり宿泊特化型ホテル(コンフォート)を主力と
しています。平成28年の売上は250億を超えます。


会社設立は1964年01月、三重県四日市市浜田町に本社を構えます。
社長は松井清氏(60歳)、株式保有率2.5%と低いようです。
代表者略歴を見ると1980年入社(当時23歳)とあり、平社員から社長に?
従業員数は608人(臨時雇用者700人)、平均年齢36.7歳、平均勤続年数6.5年、
平均年間給与約417万円です。


グリーンズ(6547)IPO初値予想
↑クリックで拡大します        ⇒ むさし証券のIPO抽選ルール詳細


【ロックアップの状況】
本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、貸株人及び売出人である株式会社新緑、売出人である株式会社TM、村木敏雄、村木雄哉及び松井清並びに当社株主である雨澤佳世、黒田知佳及び鈴木麻祐は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の平成29年6月20日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却等(ただし、引受人の買取引受による売出し及びオーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと等は除く。)は行わない旨合意しております。




ロックアップ90日間(平成29年6月20日)、ロックアップ解除倍率の記載はありません。
ベンチャーキャピタル出資もなく株主構造も単純です。
4月に上場すればよかったのに・・・ と思いますが仕方ないですよね。
3月後半のIPOは難しそうです。


口座数が多い野村證券でもこのサイズであれば当選出来そうですね。
当選出来ない時の保険にカブドットコム証券などの後期型IPOを申込むのもありです。
カブドットコム証券は一般信用売建が可能なので口座が無い方は持っておくと
便利です 


 グリーンズ(6547)IPO委託幹事来ました!  後期型抽選なので穴場
カブドットコム証券


※カブドットコム証券を使って株主優待を賢く頂く方法♪記事へ
※カブドットコム証券のIPO取り扱い銘柄が凄い過去記事へ

---------------------------------------------–

【少しレアなIPO口座】
① 立花証券のIPOは1口座1抽選の完全平等抽選なのだ
② 楽天証券のIPOは委託幹事が狙い目かもよ?
③ むさし証券でもIPOの取り扱いは1口座1抽選の平等抽選なんです
④ 安藤証券のIPO取扱いが始まって超穴場口座だったりする 





グリーンズ(6547)初値予想とIPO分析 | 初値上昇は厳しいIPOなのか?