エスキュービズム(3982)IPOが新規上場承認されました。
上場ラッシュとなり、申し込むのも大変ですがエスキュービズムIPOは申込必須では
ないかと考えています。
ITソリューションやIoT等のテーマ性があり人気化しそうです。


エスキュービズム(3982)IPO新規上場承認


業種:情報・通信業
市場:東証マザーズ
公開予定:03/22
BB期間:03/03~03/09


【事業内容】
当社グループは、「世の中のより多くの人に新たな価値と出会ってほしい」という想いを実現するため、「よいモノを普及させる仕組みを創ることで、自らの手で世の中を変えていく」を経営ビジョンに掲げております。当社グループが定義する「よいモノ」、すなわち、「Surprise(期待を超える)」「Solution(課題を解決する)」「Story(世の中に応える)」という3つの価値を内包するソリューションを、当社グループが有する「メ-カー」「流通」「商社」「システムベンダー」という様々な機能や流通網を活かし、あらゆる産業において提供することで「世の中がより幸せになるための仕組みの実現」を目指します。

まとめると⇒ オムニチャネルプラットフォームの構築 家電製造販売 中古車販売



【資金使途】
手取概算額105,000千円については、「1 新規発行株式」の(注)5.に記載の第三者割当増資の手取概算額上限60,375千円と合わせた、手取概算額合計上限165,375千円について、①人材採用費、②情報システム投資に充当し、残額を広告宣伝費に充当する予定であります。具体的には以下の投資に充当する予定であります。

① 人材採用費
当社は今後の注力分野としてITソリューション事業におけるIoTインテグレーション領域を掲げており、エンジニアを中心に当該分野の人材採用を強化していく方針であり、採用に係る人材紹介料、採用広告料等の採用費として平成30年3月期に60,000千円を充当する予定です。
② 情報システム投資
業務効率化及び内部統制体制の強化を図るために、稟議、顧客情報、各種帳票、売上仕入情報、与信情報等を統合管理するERPシステムの導入費用として、平成30年3月期に30,000千円を充当する予定です。
③ 広告宣伝費
自社ブランドの確立、認知度の向上のための広告宣伝費として、平成30年3月期に75,375千円を充当する予定です。



100株単位
公募株数 100,000株
売出株数 250,000株
合計株数 350,000株(3500枚)   ←株数が少ないので利益も大きいだろう


想定価格 1,250円 ⇒ 12.5万円必要
仮条件  1,150円~1,250円に決定しました!
公開価格 03/10に決定予定です


【幹事団】
みずほ証券
SBI証券     ←SBI証券でIPOをはじめるための3つのポイント
SMBC日興証券
大和証券
マネックス証券    ←完全平等抽選です
岩井コスモ証券   ←後期型IPO申込なので気を付けて(申込忘れ)





■ エスキュービズムIPOの評判と分析
オーバーアロットメントによる売出し52,500株
想定発行価格1,250円を基に吸収金額を算出すると約4.4億円となり、オーバーアロット
メントを含めて算出すると約5億円規模の上場になります。
いい感じのサイズなので人気が出そうです!
エスキュービズムHP⇒ いまある課題に、まだない技術を


エスキュービズム(3982)IPO初値予想
↑クリックで拡大します       ⇒ マネックス証券のIPO抽選が完全平等抽選なのか


ECサイトと実店舗の消費行動プロセスを融合させたオムニチャネルプラット
フォーム領域を構築し、大規模小売業者を中心とする顧客に提供しています。
また、IoTインテグレーション領域ではソフトウエアとハードウエアの技術を併せ
持つという同社の特徴を最大限に発揮でき、IoTを活用して顧客の課題を解決
することを目指しているそうです(ITソリューション事業)
その他、家電や中古車などを取扱う流通ソリューション事業があります。


売上は伸びています。
利益については平成26年3月期の赤字から回復し、今期利益は過去6期の開示
情報の中では最高利益を見込むようです。


会社設立は2006年05月、東京都港区芝公園に本社を構えます。
社長は藪崎敬祐氏(38歳)、株式保有率は60.78%と高いようです。
従業員数は124人となり平均年齢は34.2歳、平均勤続年数は1.9年、平均年間給与
約492万円です。


エスキュービズム(3982)IPO株主とロックアップ状況
↑クリックで拡大します         ⇒ 立花証券のIPO抽選ルールを調べてみた


【ロックアップの状況】
本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人である電通デジタル投資事業有限責任組合、MICイノベーション3号投資事業有限責任組合並びに当社株主である藪崎敬祐、株式会社EPARK、武下真典、真田幹己、角田好志は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む。)後90日目の平成29年6月19日までの期間(以下「ロックアップ期間」という。)中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却(ただし、引受人の買取引受による売出し、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと及びその売却価格が「第1 募集要項」における発行価格の1.5倍以上であって、東京証券取引所における初値が形成された後に主幹事会社を通して行う東京証券取引所での売却等は除く。)等は行わない旨合意しております。



 


ロックアップは90日間(平成29年6月19日)、ロックアップ解除倍率1.5倍です。
ベンチャーキャピタル出資がありますが、ロックアップ付与となります。
事業の内容や利益、公開規模の大きさや株数から公開価格を超えてくると思います。


他のIPOと日程が被るので勿体ないIPOですが、個人的に全力申込で100株配分を
狙いたいと思います。微妙なIPOが増えてきましたが、当選のチャンスでもあります!
人気がある銘柄と無い銘柄の差が激しそうなのでお気を付け下さい 


エスキュービズム(3982)IPO幹事です! 私はネット口座だけで当選しています
SMBC日興証券公式へ


※SMBC日興証券のIPO概要はこちらの記事へ

-------------------------------------------------------

【IPOは口座が命です】
① 口座毎に完全抽選される証券会社はこちらの記事へ【マネックス証券】
② 2016年も大活躍、ネット証券で幹事もこなす記事へ 【SBI証券】
③ 入金不要でIPOに参加できる貴重な企業です 【岡三オンライン証券】 





エスキュービズム(3982)初値予想とIPO分析 | 初値期待が高いマザーズIPOです記事へ