マネックス証券の完全平等抽選6月分が日本証券業協会より発表されています。
数ヶ月遅れて発表されるので6月分が最新となります。


マネックス証券がIPOで選ばれる理由


【マネックス証券のIPO抽選ポイント】

・ 公平な抽選方法だからすべての方にIPO当選のチャンスがある(完全抽選方式)
・ マネックス証券はIPO(新規公開株)の取り扱い実績が全証券会社でTOP5!
引受株数の全てを抽選に回している
・ マネックス証券のIPO(新規公開株)はNISA口座開設で非課税にもできる
家族口座の開設や未成年口座の開設でIPOにも参加できる
・ IPOに当選した場合の買付手数料は無料



ご資金があれば、家族口座や未成年口座が使えるので当選確率を高くするには
良い方法だと思われます。
機械的な抽選をしましので、誰に当選するのかは全く予想ができません。
取引や入金の有無に関わらず完全に口座毎の抽選になります 
⇒ 日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険の配分結果はこちら


マネックス証券の完全抽選配分結果


上記画像は6月引受分ですが、コメダホールディングスは2065枚引き受けており、
抽選割合は100%になります。そして単元数も1口座1当選となり、JR九州引受株も
似たような配分になるはずです。
郵政グループ上場でも同じ事が起きていますから、まず間違いは無いでしょう!


店頭証券と呼ばれる大手企業になると、幹事配分数の10%が基本的に抽選に回ります。
という事は九州旅客鉄道(9142)IPOも期待が出来るのではないでしょうか?
九州旅客鉄道の初値は情報を見たり聞いたりすると、良い印象を受けます。


マネックス当選JR九州
※マネックス証券で当選してしまいました


初値が高くついても郵政の件があるので、初値売却をする方も限定的かもしれません。
上場時の地合いにかなり左右されるかもしれませんが、個人投資家のスタンスは
アグレッシブのようです。
私もすぐに動かせる資金を確保するために、あるオファーを断ってしまいました。
また、まとまったお金を手元に用意しているのでいつでも動ける準備完了です!


九州旅客鉄道(JR九州)IPO幹事引受決まる!! 完全抽選で私も多数GET
マネックス証券

※マネックス証券の当選履歴などはこちらで確認
※マネックス証券で端株を貰いながらIPO口座として利用する方法はこちら

-------------------------------------------------------—-

【IPOは口座が命です】
① 2016年も大活躍、ネット証券で幹事もこなす記事へ 【SBI証券】  
② 入金不要でIPOに参加できる貴重な企業 【岡三オンライン証券】
③ 主幹事や幹事も引受ける企業でネット取扱いあり! 【東海東京証券】