東海東京証券が幹事をするKeePer技研の個人割り当てを調べようと思い
過去のデータをまとめてみました。4ヶ月分でしたがおおむね10%以上が抽選に回ります。


東海東京証券IPO配分結果
↑クリックで拡大します  


データより分析すると抽選による配分は10%以上となっています。
今回のKeePer技研(6036)IPOの東海東京証券引受が688,000株となるので抽選枠は
68,800株程度となります。これは688人が抽選で当選出来る事になります!


東海東京証券の口座が今回の主幹事でどの程度増えたのかは解りませんが、他企業と比べると
口座数も少ないので運が良ければ当選出来るでしょうか。
オンライントレードでも電話申込の為連日つながらない事が予想されますが、今まで電話をして
またされた記憶はありません。今回はどうでしょうか?


またマネックス証券が本当に完全抽選を行っているのかを調べてみました。
こちらも4ヶ月分ですが公開分を調べたところ・・・・ 完全100%抽選配分となっています!


マネックス証券IPO配分結果
↑クリックで拡大します


ではマネックス証券の方が当選しやすいかと言われますと・・・
それはNGかもしれません。
同じ4ヶ月で取扱い銘柄も株数も多いのですが、実は口座数も多いので思ったほど
当選しません(笑)


ただ主幹事や副幹事になる事があればかなり当選には使づくかもしれません。
どのみちIPO投資では証券口座を多数持っていなければ抽選確立を高くできないため
IPOで儲けたかったらまずは口座を持つことから始めないといけません。
1億あればSBI証券だけでもIPOの申込をしていれば当選出来るとはおもいますけど、
そんなにお金を持っていればIPOをしないかもですね(IPO初心者だったら)


私なんかは普通に投資をしても中々勝てないので今でもIPO投資をしている訳です。
ずーっと続けていると面倒な事でも出来る様になり、年間通すとある程度まとまったお金に
なってしまうんですよね~
面倒と思う方はやめてほしいくらいです。しかし「たまたま申込んだIPOに当たりました!」と
喜びのご報告を頂くと自分は落選しても嬉しいものです。
ブログをやっていなかったら憎悪でしかないかもしれませんが



上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式サイト

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

現在のところ投資額50万円強でソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えています。余裕資金があればぶち込みですね!