九州旅客鉄道(JR九州)からIPOに参加する方も多いと思います。
そこで日程と、SBI証券のIPO概要を書いてみました!


SBI証券でJR九州IPOに当選するためには


業種:陸運業
市場:東証1部又は東証2部に上場
公開予定:10月25日
仮条件: 10月6日決定予定
BB期間:10月7日~10月14日    ←抽選申込期間
公開価格:10月17日決定予定


想定価格:2450円
公募株数:0株
売出株数:160,000,000株
合計株数:160,000,000株(1,600,000枚)  
※国内売出:120,000,000株、海外売出40,000,000株を予定


JR九州(九州旅客鉄道)IPOの株主優待詳細
↑クリックで拡大します(株主優待の詳細)





SBI証券は九州旅客鉄道(JR九州)の幹事に選ばれています。
そこでIPOに初めて参加する方へ抽選のポイントをお伝えしておきたいと思います。
公式サイトに書かれていますが、個人配分は70%を抽選により配分し、残りの30%を
IPOチャレンジポイントにより配分するとあります。


【募集等に係る株券等の顧客への配分に係る基本方針】
新規公開株の個人のお客様への配分は、配分の機会を公平に提供するため、原則として、個人のお客様への配分予定数量の70%については、抽選により配分先を決定いたします。 また、残りの30%については、[6]に定める、当社IPOチャレンジポイントに基づく方法により配分先を決定いたします。
尚、本基本方針でいう「個人のお客様」とは、インターネットを通じてブックビルディングの申込から配分結果のご確認、購入の意思表示、約定までを完結いただける全てのお客様を指すものとします。新規公開株の抽選は、次の要領で行います。


[6] 個人のお客様への配分予定数量の30%については、上記抽選の結果当選されなかったお申込分を対象に、予め当該お客様に指定いただいたIPO チャレンジポイント数に応じて、指定IPO チャレンジポイント数の多いお客様から順 に配分するものといたします。指定IPO チャレンジポイント数が同一のお客様が複数おられる場合は、抽選により順位をつけさせていただきます。尚、一のお客様への配分数量には、上限を設けるものといたします。



SBI証券が幹事として引き受ける株数の70%が抽選になります。
ただ今回は、店頭証券に比べると抽選に回る株数が多くSBI証券でもIPO当選の期待が
高いので口座を持っている方は、申し込んでおきましょう!
またどうしても公開株が欲しければ、IPOチャレンジポイントを使ってみると当選出来る
かもしれません。
※店頭証券は基本的に引受の10%を抽選により配分


【IPOチャレンジポイントとは?】
新規上場株式(既上場銘柄の公募増資・売出は除く)のブックビルディング後の抽選・配分に外れた回数に応じてIPOチャレンジポイントが加算されます。次回以降のIPOお申し込み時に、IPOチャレンジポイントをご使用いただくことによりIPOが当選しやすくなるSBI証券のポイントプログラムサービスです。



九州旅客鉄道(JR九州)からIPOに参加する方も多いと思います。
取引手数料や取扱い内容からSBI証券を選ばれる方も多いですが、他社にはないIPO
チャレンジポイントにもメリットがあるので、出来れば早めに口座開設をしておいた方が
良い企業です。


2016年のSBI証券IPO取扱い数は82社で87.2%のシェア率


IPOに当選出来なくてもIPOチャレンジポイントを貯めておけば、いずれIPOに当選出来る
可能性が高いと言う事です。
さらに取扱い数も多いので、ポイントが沢山貯まる以外にもIPO抽選による当選も可能だと
言う事です 
 SBI証券のIPO当選実績とブックビルディング時には資金拘束無し


IPO以外でも株式手数料が業界最低水準である事と、PTS取引(夜間取引)などもあり
他社にはない魅力も備えています。
しばらく前には、米国手数料が業界最安水準になったと報道もあり、話題性が多い企業
でもあります。米国貸株サービスの話題はそれ以上の業界革新的ニュースでした 


IPO取引だけでも良いですが、その他にもお勧めする材料が豊富にあるので口座を開設
されていない方にはお勧めの証券会社となっています。


九州旅客鉄道(JR九州)IPO幹事のSBI証券!! ネット証券の中でIPO引受け最多数
SBI証券公式HPへ


① SBI証券のIPO詳細記事はこちらへ
② SBI証券のIPOポイントを貯めておけばいずれIPOに当選します

-------------------------------------------------------—-

【IPOは口座が命です】
① 口座毎に完全抽選される証券会社はこちらの記事へ【マネックス証券】  
② 入金不要でIPOに参加できる貴重な企業 【岡三オンライン証券】
③ 主幹事や幹事も引受ける企業でネット取扱いあり! 【東海東京証券】