大和証券のIPO抽選ルール詳細になります。
大和証券の個人配分は他企業よりも多くなっており、チャンス当選を知っているとIPOの抽選確立を上げる事ができます!


大和証券のIPO抽選確立はかなり高い


■ 大和証券のインターネット口座(大和ダイレクトのIPO抽選)

・1口座1抽選方式
・厳正かつ公平に機械的な抽選を行ない「当選」、「補欠当選」、「選外」を決定する
・販売予定数量の15%を個人へ配分する
・販売予定数量の5%を大和ポイントプログラムの交換ポイントに応じて配分する
・預入資金内であれば重複してIPOの申込が可能
・店頭口座とネット口座の重複申し込みが可能(これ凄いです)
・ブックビルディング申込時に資金が必要(その後拘束無しだが
・インターネット入金取り扱いがあり入金手数料が無料に出来る(出金無料)
・口座開設時に大和カードが発行されるのでカードを使えば入出金は無料

※新規公開株式抽選参加サービス」への申込数量が、当社販売数量に満たない場合、個人のお客さまへの販売予定数量のうち原則として10%が「新規公開株式抽選参加サービス」の配分となります。この場合、チャンス抽選は行なわない


大和証券と言えば個人に優しい企業です。
私も相当のIPO当選を頂いていると思いますが、SMBC日興証券にはかなわないかもしれません。


また上記を見て頂くと解りますが基本的に個人への配分が15%となっておりやや他社と比べると個人配分が多くなります。
大和ポイントプログラムというシステムがありこれを使うと5%の配分枠に入る事が出来ます。


大和ポイント


大和ポイントは取引実績により配分されますが、実は株主優待を使ってポイントを貯めると一気に貯まります。これ以上は書きませんが調べるとさらに得をします。


ただ経験則のお話をしますが、あまりチャンス当選をした事がありません!
IPOを続けていて2回くらいしかチャンス当選は無い気がします。


ホットランドIPO当選 大和


その他使い方がありますが、IPOについて書くならば必須口座です。
IPOは口座数で抽選確立を上げる事が出来ますので、幹事をしそうな企業の口座はすべて持っておいた方がいいです。









店頭口座は担当者よりけりのイメージがありますが、悪戦苦闘をしている方を多く知っています。私も店頭口座は1年程度でネット口座へ移行しました。
イメージ的には5000万円程あれば色々と使える企業だと思います(IPO資金の企業分散を考えて)


私の自宅で担当者と話し込んだ事もありますが、IPOは一つもくれなかった(笑)
その代りPOをたくさん貰えた現実・・・・
最高で入金した金額は1200万円程度でしたが、もうカツカツでしたW
お金があれば使えるイメージが強いです(個人的なイメージです)


インターネット証券でIPOに当選出来る
マネックス証券のIPO抽選ルール
SBI証券のIPO抽選ルール
SMBC日興証券のIPO抽選ルール