LINEがIPOをすると発表がありました。
7月に東証1部へ直接上場するそうなので、郵政グループ以来の巨大IPOが
出てくるか!吸収金額などはまだ解っておらず今後のニュースに期待したいです。


LINE上場関連記事を掲載していきます

事前人気やLINE新規上場承認、そして初値予想など様々な角度から記事の
配信をしたいと思います。
記事の差し替えなが発生しますのでたまに見てください!



LINE IPO承認


【日本経済新聞】
無料対話アプリを手掛けるLINE(東京・渋谷)が7月にも東京証券取引所に上場する見通しになった。東証が6月に上場を承認する方針を固めた。上場時の株式時価総額は6000億円程度に達する公算が大きい。今年の新規株式公開(IPO)としては最大規模になる。東証への上場と同時期に、米国での株式公開も視野に入れる。

主幹事は野村証券、米モルガン・スタンレーなどが務める。市場区分は東証1部となる見通しだ。LINEは韓国ネット大手NHNの日本法人が前身で、2013年に発足した。韓国IT(情報技術)大手ネイバーを親会社に持つ。時価総額が6000億円になれば、ゲーム大手のコナミホールディングスに匹敵する。



LINEの利用者は鈍化しているようです。
ベッキー騒動や課金騒動もあり2016年は実現しないと言われていましたが、
良い意味で裏切りLINEがIPO(新規公開株式)をします。


吸収金額の予想では2000億円~3000億円を見込んでいるそうです。
株価や公開規模にもよりますが、IPO祭りが始まりそうな気がします!
業績推移の公開も早く見てみたいです 


幹事を調べると野村證券やモルガン・スタンレーの名前が出ているようです。
規模的に幹事は多いでしょう。
ネット系の証券会社では、カブドットコム証券やマネックス証券、SBI証券などの取扱は
濃厚みたいですね。


カブドットコム証券ではコメダホールディングス(3543)IPOの取扱もあると発表
されたので、当選狙いで開設するのもありでしょう。
マネックス証券は完全抽選なのでカブドットコム証券よりも当選確率は高くなる事が
あります。主要ネット証券の口座開設はしておいた方があわてずに済むでしょう!


穴場IPO取扱企業でネット抽選! タイアップで現金プレゼント中
カブドットコム証券
  

①カブドットコム証券タイアップ詳細とローリスク優待取得方法♪
②一般信用で株主優待をローリスクに取得したい方はこちら



【少しレアなIPO口座】
① 立花証券のIPOは1口座1抽選の完全平等抽選なのだ
② 楽天証券のIPOは委託幹事が狙い目かもよ?
③ むさし証券でもIPOの取り扱いは1口座1抽選の平等抽選なんです
④ 安藤証券のIPO取扱いが始まって超穴場口座だったりする 








クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

またクラウドバンク社長にインタビューを行い気になることもズバット聞いてみました。全ての問いに回答頂けるなんて思ってもおらず私の中で信頼度UPとなっています。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

現在のところ投資額は60万円弱でソーシャルレンディングへの投資は総額250万円を超えています。余裕資金があればぶち込みですね!

クラウドバンク投資4年の実績と評価記事