ツバキ・ナカシマ(6464)IPOが新規上場承認されました。過去に上場した記憶がありましたので調べると2012年10月11日に上場していました。自分の過去記事を見てなんだか不思議でした(笑)しかし2007年5月に上場廃止と書いており今回が3回目の上場ですかね。


ツバキ・ナカシマ(6464)IPO初値予想


業種:機械
市場:東証1部or2部 ⇒ 東証1部決定!
公開予定:12/16
BB期間:12/01~12/04


【事業内容】
当社グループは、奈良に本社を置く当社及び国内外の連結子会社14社により構成されております。主な事業として、精密球(ボールビジネス)、ボールねじ及び送風機(リニアビジネス)の製造販売を行っております。当社グループは、日本に加え、米国、ポーランド、中国、インド、台湾、イギリス、タイ及び韓国で製造販売を行っております。

まとめると⇒ 鋼球の製造・販売等



100株単位
公募株数 0株
売出株数 19,264,700株
合計株数 19,264,700株(192,647枚)  ←容易に当選可能か?
※国内売出株9,632,400株、海外売出株9,632,300株を予定


想定価格 1500円 ⇒ 15万円
仮条件  1500円~1650円に決定しました!


【幹事団】
野村證券
ゴールドマン・サックス証券
UBS証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券     au カブコム証券決定! 
みずほ証券
大和証券
SBI証券     ←いずれIPOに当選出来ます♪
マネックス証券





■ ツバキ・ナカシマIPOのポイント
オーバーアロットメントによる売出963,300株
想定発行価格1500円を基に吸収金額を算出すると約289億円となり
オーバーアロットメントを含めて算出すると約303億円となります。


ツバキ・ナカシマ(6464)IPO評判と分析 
↑クリックで拡大します    IPO抽選に資金が要らない⇒ 岡三オンライン証券


売上・利益横ばいと言ってよいと思います。
アメリカファンドのカーライル・グループが筆頭株主となっています。
何回上場するのかって感じがしますが・・・・
結局VC売り抜けのイメージが強すぎます。


会社設立は2007年になります。
奈良県葛城市尺土に本社を構え、社長は髙宮勉氏になります(65歳)
株式保有率は0.62%と極小です。
従業員数は453名で平均年齢40.1歳、平均勤続年数7.2歳、平均年間給与は
約437万円となっています。


ツバキ・ナカシマ(6464)IPO株主のロックアップ状況
↑クリックで拡大します


【ロックアップの状況】
グローバル・オファリングに関連して、売出人及び貸株人であるCJP TN Holdings,L.P.、当社株主である山田賢司、酒井秀行、髙宮勉、小原シェキール、津田雅司、島田一也、茅原和朗、楢葉徹雄、廣田浩治及び張立並びに新株予約権者である天池哲忠、辻倉良彦、川崎悦史、吉田和弘、田中成幸及び冨士川徹は、ジョイント・グローバル・コーディネーターに対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日から起算して180日目の日までの期間(以下「ロックアップ期間」という。)中、ジョイント・グローバル・コーディネーターの事前の書面による同意なしには、当社株式(潜在株式を含む。)の売却等(ただし、売出人によるグローバル・オファリングにおける当社普通株式の売出し及び売却、オーバーアロットメントによる売出しのための当社普通株式の貸し渡し、グリーンシューオプションの対象となる当社普通株式を野村證券株式会社が取得すること等を除く。)を行わない旨を約束する書面を差し入れる予定であります。



ロックアップは180日間で解除倍率の記載はありません。
グローバルオファリングなので株数の変更などがある可能性もありますが、
現段階で私の参加スタンスは完全に不参加決定です。
また東証1部上場が濃厚ですが欲しいなら初値がついてからでも遅くは無いと考えています。

上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!