ラサールロジポート投資法人(3466)初値予想とIPO分析記事になります。

2016年第一号のIPOになりますが評判はいかほどでしょうか!
何とか公開価格を超えてほしいと思いますが市場がどのように判断をするのか
読み間違えないようにしないといけません。


ラサールロジポート投資法人(3466)初値予想とIPO分析記事


市場:東証(リート)
公開予定:02/17
BB期間:01/28~02/02


100株単位
公募株数 1,050,800口
売出株数 0口
合計株数 1,050,800口
オーバーアロットメントによる売出47,700口
※国内一般募集口数721,250口及び海外募集口数329,550口


想定価格 100,000円必要
仮条件  92,000円~100,000円に下振れ決定しました!


【幹事団】
野村證券
みずほ証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SMBC日興証券





仮条件が想定価格より下限方向へ広げられています。
92,000円の公開価格で決まるとオーバーアロットメントを含めて約1010.6億円
100,000円の公開価格で決まるとオーバーアロットメントを含めて約1098.5億円
となります。


ラサールロジポート投資法人(3466)初値と評判  立花証券 ストックハウス 口座開設プロモーション
↑クリックで拡大します    ⇒ 東海東京証券のIPOルール詳細を調べてみた


スポンサーはラサール不動産投資顧問となります。
投資対象は東京エリアと大阪エリアを重点的に行い物流地域にある大規模
かつ高機能な物流施設への重点投資を行っています。
(資産運用会社はラサールREITアドバイザーズ)


大規模な物流施設はテナントに対して物流機能の集約や統合による効率的
な物流事業運営の機会を提供する事が可能だそうです。
よって大規模であることが優位性と考えています。





【目論見より】
本投資法人は、大規模・高機能な物流施設は、テナントの物流機能の集約・統合ニーズや物流事業の効率化ニーズに対応可能であり、高い競争力を有するものと考えています。
本投資法人は、①物流拠点の集約・統合ニーズの受け皿となりうる規模(延床面積概ね16,500㎡以上)を有していること、②保管効率・作業効率の向上を可能とする有効天井高(概ね5.5m以上)、床荷重(概ね1.5t/㎡以上)、柱間隔(概ね10m × 10m)を有していること、③上層階にトラックが直接アクセス可能な大型ランプウェイを有していること又は充分な搬送能力を備えた垂直搬送機能を有していること、④柔軟な区画割が可能な設計となっていること、⑤充分なオフィススペースを有していること、及び⑥免震性能又は高い耐震性能を有し、安全性が高いことを、大規模・高機能な物流施設の重要な特徴と考え、これらの要素に着目した投資を行います。



 


物流施設特化型リートとしては4本目のリートとなり注目度や安定的な
運用も高く良いリートだと思いますが、市場が荒れているので中々買いが
入りにくいと思います。なので投資初心者の方は不参加が良いのかもしれません!
SMBC日興証券のネット口座でも取り扱いがありキャンセルが不可になるので
申込めば当選する可能性はあります。
⇒ ラサールロジポート投資法人(3466)IPOが新規上場承認記事へ


直近のNOI利回りでは5.6%程度が多いですが、ラサールロジポート投資法人
ではNOI利回り4.9%となり低いです。
これを知名度で克服する事もできると思いますが、個人的初値予想は公開価格
前後としか言えません。運試しで私は申込んでみます♪


ラサールロジポート投資法人幹事です!! 今だけ30万円入金で3000円貰える
SMBC日興証券公式へ


※SMBC日興証券のIPO概要はこちらの記事へ

-------------------------------------------------------

【IPOは口座が命です】
① 口座毎に完全抽選される証券会社はこちらの記事へ【マネックス証券】
② 2015年も大活躍、ネット証券で幹事もこなす記事へ 【SBI証券】
③ 入金不要でIPOに参加できる貴重な企業です 【岡三オンライン証券】