アートグリーン(3419)IPOが新規上場承認 されました。

久々のエイチ・エス証券主幹事案件だが胡蝶蘭を中心とする生花流通事業と
ニッチな企業です!


アートグリーン(3419)IPO初値予想


業種:卸売業
市場:セントレックス(名古屋証券取引所)
公開予定:12/18
BB期間:12/01~12/07


【事業内容】
当社は胡蝶蘭を中心とした生花の卸売業を主な業務としております。そのため主要な生花市場において直接セリに参加できる買参権を所有するとともに、生花流通の様々な領域に進出し、利便性の高いサービスを提供しております。生花流通に関して一括対応でき、生産者・流通業者・小売業者の各方面にメリットをもたらす仕組みを構築しております。

まとめると⇒ 種苗の輸入販売並びに生花の生産及び卸売



【資金使途】
手取概算額64,920千円については、「1 新規発行株式」の(注)4.に記載の第三者割当増資の手取概算額上限10,488千円と合わせて、受注処理の自動化及び顧客情報の細目管理による業務全般の効率化を目的としたシステム投資に20,000千円(平成28年10月期10,000千円、平成29年10月期10,000千円)、会計システム投資に10,000千円(平成29年10月期10,000千円)、残りの45,408千円を自社製品(胡蝶蘭)生産育成のための運転資金及び、事業拡大よる増加運転資金に充当する予定であります。なお、具体的な支出が発生するまでは安全性の高い金融商品等で運用する方針であります。



100株単位
公募株数 200,000株
売出株数 0株
合計株数 200,000株(2000枚)


想定価格 380円 ⇒ 3.8万円
仮条件  380円~420円に上振れ決定!


【幹事団】
エイチ・エス証券
SBI証券
東海東京証券
岡三証券
SMBCフレンド証券
東洋証券
日本アジア証券
エース証券
極東証券
むさし証券





■ アートグリーンIPOのポイント
オーバーアロットメントによる売出30,000株
想定発行価格380円を基に吸収金額を算出すると7600万円と小粒です。
オーバーアロットメントを含めて算出すると8740万円と個人でも買える域にあります。
アートグリーンHP⇒ 困ったを解決する事で社会に貢献


アートグリーン(3419)IPO評判と分析
↑クリックで拡大します     東海東京証券のIPO抽選ルール詳細調べました 


売上は微妙に増益傾向で利益も付随しています。
胡蝶蘭を中心に生け花の卸売りを行う企業で、生産者・流通業者・小売業者の
各方面にメリットをもたらす仕組みを構築しているそうです。
売上が平成26年度で14億円以上あるので需要は高いんでしょうね~
それに対し利益は3000万円程度とコストもかかるようです。


会社設立は1991年で東京都港区海岸に本社があります。
東京の企業で名証セントレックス上場なんですね~
社長は田中豊氏で48歳。株式保有率は75.21%と高めです。
従業員数は45名で臨時雇用者は21名。
平均年齢は35.4歳、平均勤続年数は3.8年、平均年間給与は約345万円
となります。


アートグリーン(3419)IPOロックアップ 
↑クリックで拡大します     岡三オンライン証券で書籍が貰える!資金不要でIPO抽選


【ロックアップの状況】
本募集に関連して、貸株人である田中豊、当社役員である根本和典、芝田新一郎及び伊藤正之は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の平成28年3月16日までの期間中、主幹事会社の事前の承諾なしには、当社株式の売却(ただし、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すことは除く。)等は行わない旨合意しております。



ロックアップは90日間となります。
セントレックス上場なので証券会社によってはインターネット売買が出来ない
企業もあります。しかしながら吸収金額の少なさは魅力です。
地方上場なので基本的に規模は小さめなのですが、胡蝶蘭はどうだろうか?
しばらく様子見のスタンスです。


アートグリーン(3419)IPO幹事やります!! ネット応募が可能になりチャンス
東海東京証券
 

※東海東京証券のIPO抽選ルール詳細はこちら



【IPOは口座が命です】
① 口座毎に完全抽選される証券会社はこちらの記事へ【マネックス証券】
② 2015年も大活躍、ネット証券で幹事もこなす記事へ 【SBI証券】  



アートグリーン(3419)初値予想とIPO分析記事へ



上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!