メニコン(7780)IPOが新規上場承認されました。大和証券と三菱UFJモルガン・スタンレー証券が共同で主幹事をします。逆にメジャーすぎて上場していなかったことが不思議な企業です。市場は東証1部になる見込みですが仮条件の設定によりどれだけ利益がでるのかわかりそうですね。


メニコン(7780)IPO初値予想


業種:精密機器
市場:東証1部 or 2部(未定) ⇒ 東証1部指定確定!
公開予定:06/25
BB期間:06/10~06/16


【事業内容】
当社グループは平成27年4月末現在、当社および連結子会社20社(他に非連結子会社3社)、持分法適用会社1社(他に持分法を適用しない非連結子会社3社)で構成されており、コンタクトレンズ関連事業とその他事業を主な事業として取り組んでおります。

まとめると⇒ コンタクトレンズ等の製造販売



【資金使途】
手取概算額2,477,000千円及び「1 新規発行株式」の(注)5に記載の第三者割当増資の手取概算額上限574,133千円については、2,768,280千円を設備投資資金として、残額を広告宣伝費として充当する予定です。
 具体的には、シリコーンハイドロゲル素材を用いた1日使い捨てコンタクトレンズの新製品の生産拠点として当社各務原工場を平成27年3月に竣工しており、その建設資金に係る支払手形の決済資金として平成28年3月期に1,728,400千円、同工場における1日使い捨てコンタクトレンズ用生産ライン増設及びそれに伴う工場増築のための設備投資資金として平成28年3月期に850,880千円、平成29年3月期に189,000千円をそれぞれ充当する予定であります。また、残額については、当社の継続的な製品認知向上のため、インターネット広告等の広告宣伝費として平成28年3月期に充当する予定であります。なお、上記調達資金は、具体的な支出が発生するまでは安全性の高い金融商品等で運用する方針。



100株単位
公募株数 1,500,000株
売出株数 800,000株
合計株数 2,300,000株(23000枚)  ←これだけあれば当選出来る?


想定価格 1670円 ⇒ 16.7万円必要!
仮条件  1630円~1700円に決定しました


【幹事団】
大和証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
東海東京証券
みずほ証券
SBI証券
岡三証券   岡三オンライン証券
マネックス証券


           



■ メニコンIPOのポイント
オーバーアロットメントによる売出し345,000株
名古屋証券取引所に同時上場予定
想定発行価格1670円を基に吸収金額を算出すると約38.4億円となり
オーバーアロットメントを含めて算出すると約44.1億円となります。
もっと大きな吸収金額と思いましたが、全然想像よりも少なかったです。
メニコンHP⇒ コンタクトレンズのメニコンさん


メニコン(7780)IPO分析
↑クリックで拡大します(単体・連結)


売上・利益横ばいイメージ、連結では売上も伸びているようです。
メニコンと言えば日本初の角膜コンタクトレンズを開発した企業で、業界をリード
している企業です。私も視力が良くないので何度もお世話になった企業です。
今ではメガネ親父ですけどねw
メニコンは動物医療事業や環境バイオ事業、ライフサイエンス事業にも取り組みが
あり、サービスを提供しています。
コンタクトレンズの定額制会員システムは111万人もいるようです。


会社設立は1943年10月で、愛知県名古屋市に本社があります。
社長は田中英成氏で55歳です(株式保有率は12.52%と低い)
従業員数は1116名と多く平均年齢39.02歳です(連結では2580名、臨時雇用465名)
平均勤続年数は14.33年、平均年間給与は約622万円となります。
有名な企業なので知らない人の方が少ないかもしれませんね~


メニコン(7780)IPOロックアップの状況
↑クリックで拡大します       ネット証券IPO取扱い最多⇒ SBI証券



【ロックアップの状況】
本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、貸株人及び売出人である田中英成並びに当社の株主である株式会社マミ、株式会社トヨトミ、塚本香津子、株式会社三菱東京UFJ銀行、田中 康範、田中淳子、千代田聡子、田中嘉子、山田仁美、齋藤久美子、福田智子、兼子隆之、田中雅晃、田中孝幸、塚本彩恵、塚本崇人、株式会社静岡銀行、株式会社みずほ銀行、田中寛子、株式会社近藤紡績所、田中美津子、川内萌、齋藤輝、株式会社りそな銀行、兼子裕代、日本メナード化粧品株式会社、バリューアップ投資事業有限責任組合、横井珠惠、粟田恵三子、福田充、三原倍代、株式会社アテック、川北電気工業株式会社、ジャパンベストレスキューシステム株式会社、トランス・コスモス株式会社、株式会社林家族、田中恭一、田中正子、田中誠一、大和企業投資株式会社、清水華子、田中啓之、千代田旺久、田中佑実子、荒川尚子、板橋達郎、林高生、牧野隆広、ダイドー株式会社、株式会社メガネ一番、粟田竜介、大道有紀、三原愛弓、三原昴洋、第一生命保険株式会社、日本生命保険相互会社、損害保険ジャパン日本興亜株式会社、三井住友海上火災保険株式会社、皆月わか子、皆月睦已、共立キャピタル株式会社、静岡キャピタル株式会社、大口敏幸、田中美枝子、三菱UFJ信託銀行株式会社、冨金原守、岩田久雄、太田章徳、澁井彦吉、田中紀子、田中貞行、片山主水、髙瀬一生、福永俊彦、皆月航、皆月宏、田中俊彦、田中雅良、田中康次、伊藤政樹、石井明、石田泰之、米田静也、本田朋章、村上博志、篠田浩樹、土田時安、田中勇輝、浅野銕太郎、杉山章寿、川浦康嗣、大曽根哲郎、田中眞一及び田中義治は、共同主幹事会社に対して、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目(平成27年9月22日)までの期間、共同主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の売却等(ただし、引受人の買取引受による売出し、グリーンシューオプションの対象となる当社普通株式を共同主幹事会社が取得すること及び売却価格が本募集等における発行価格又は売出価格の1.5倍以上であって、いずれかの共同主幹事会社を通して行う株式会社東京証券取引所もしくは株式会社名古屋証券取引所取引での売却等を除く。)を行わない旨を合意しております。



ロックアップは90日間となり、ロックアップ解除倍率は1.5倍となります。
大手企業になると株主が多いですよね~
また東証所属は未定となりますが、東証1部指定になるのではないかと考えています。
配当は現在出ていますが、優待はありません。
想定発行価格ベースで時価総額は298億円規模の企業になるのではないかと思います。
6月25日上場が3社発表されていますが、東証1部指定なら狙いたい銘柄です!

上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!