日本郵政(6178)初値予想とIPO分析記事になります。

郵便事業を行っている誰でも知っている企業です(日本郵便)
ゆうちょ銀行やかんぽ生命保険などを傘下に持つ持ち株会社になります。


日本郵政(6178)初値予想とIPO分析記事


業種:サービス業
市場:東証1部で間違いないです(未定ですけど)
公開予定:11/04
BB期間:10/08~10/23


100株単位
公募株数 0株
売出株数 495,000,000株
合計株数 495,000,000株 (4,950,000枚) 
※オーバーアロットメントはありません


想定価格 1350円 ⇒ 13.5万円
仮条件  1100円~1400円に決定しました!


【幹事団】
野村證券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券    
ゴールドマン・サックス証券
JPモルガン証券
大和証券
みずほ証券
SMBC日興証券
岡三証券      岡三オンライン証券も決定!
東海東京証券
いちよし証券
SMBCフレンド証券
藍澤証券
岩井コスモ証券
東洋証券
丸三証券
水戸証券
マネックス証券
SBI証券
松井証券
エイチ・エス証券
エース証券
極東証券
高木証券
立花証券
ちばぎん証券
内藤証券
日本アジア証券
むさし証券
光世証券
リテア・クレア証券
クレディ・スイス証券
ドイツ証券
バークレイズ証券
メリルリンチ日本証券
UBS証券
シティーグループ証券
あかつき証券
安藤証券
今村証券
ウツミ証券
岡三にいがた証券
岡地証券
木村証券
共和証券
上光証券
長野証券
中原証券
新潟証券
西日本シティーTT証券
西村証券
日産センチュリー証券
ニュース証券
八十二証券
ばんせい証券
フィリップ証券
福岡証券
三木証券
三田証券
山和証券
豊証券
リーディング証券


au カブコム証券が穴場証券だって?記事へ
楽天証券でも申し込めます記事へ 
岡三オンライン証券からも申込が可能になる!(資金不要)






仮条件上限の1400円で吸収金額を算出すると6930億円となり巨額です。
※参考⇒ ゆうちょ銀行5980億円の吸収、かんぽ生命保険1452億円の吸収


同時3社の吸収金額合計は約1.43兆円にもなります 
ちなみ今後政府が売り出す可能性がある企業で今回のように巨額になるものは
存在しないと言われています。
※国内販売396,000,000株、海外販売99,000,000株を予定


日本郵政(6178)IPO評判  
↑クリックで拡大します    郵政IPOで資金無し抽選OK⇒ 岡三オンライン証券

日本郵政初値予想1350円~1550円



【幹事配分一部】
野村証券 98,920,800株
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 98,920,800株(au カブコム証券
大和証券 38,610,000株
みずほ証券 38,610,000株
SMBC日興証券38,610,000株
岡三証券 5,662,800(岡三オンライン証券
東海東京証券5,662,800株
いちよし証券 3,366,000株
SMBCフレンド証券3,366,000株
岩井コスモ証券1,742,400株
藍澤証券 1,742,400株
東洋証券 1,742,400株
丸三証券 1,742,400株


【業績等の概要】平成26年4月01日~平成27年3月31日
当連結会計年度における連結経常収益14,258,842百万円(前期比6.4%減)
連結経常利益1,115,823百万円(前期比1.1%増)
連結当期純利益482,682百万円(前期比0.8%増)


【類似企業】
第一生命保険(8750)PER13.83倍
日本通運(9062)PER18.35倍
ヤマトホールディングス(9064)PER25.09倍
福山通運(9075)PER20.87倍





ロックアップは180日間となります。
配当性向は平成30年3月期までに連結配当で50%以上を目安に着実な株主への
利益還元を行っていくそうです。
配当は23円を予定しているようで約1.64%の利回りでしょうか(速報では3.2%だそうです)
PERは仮条件上限の1400円算出で約16.4倍となります。
 日本郵政(6178)IPOがついに新規上場承認記事へ


郵便事業の日本郵便が主力で、140年の歴史を持つ全国ネットワーク組織です。
直営郵便局数は20,115局(分室含む)、簡易郵便局数は4,052局となり合計24,167局です。
郵便では全国一律の料金で公平にサービスを提供していますが、その他にもメジャーな
ゆうパックや、ゆうメールなどの運送業務の提供なども行っています。


事業構成は、「郵便・物流事業」「金融窓口事業」「銀行業」「生命保険業」「その他」
になります。
2016年3月期の連結経常利益は前期比22.9%減の8600億円を予定しています。
IPO的には国策IPOという事で公募割れは考えにくいですが、ゆうちょ銀行かんぽ生命保険に比べると初値において人気が低いようです。


郵政IPO成功の秘訣 
↑クリックで拡大します     日本郵政IPO幹事⇒  安藤証券 ・ au カブコム証券


【トレーダーズ・ウェブ】
2015年3月期の連結経常収益の構成比は、郵便・物流事業12.7%、金融窓口事業1.0%、銀行事業収益14.6%、生命保険事業収益71.3%、その他経常収益0.4%



ゆうちょ銀行とかんぽ生命保険のIPO当選発表は10月19日~10月20日です。
日本郵政のIPO当選結果は10月26日~10月27日です!
ここで一つのトリックを暴きました(冗談・・・)


実はゆうちょ銀行とかんぽ生命保険に当選出来なかった人は、日本郵政の申込
に間に合う期日になっています。
絶対に狙っていると思われますね。主幹事さん会合で!
結局、郵政グループ3社はすべて公募割れしない構造だろうと予想します。
ただ日本郵政はそんなに利益が出るとも思えませんけど 
とりあえず参加はしておきたいと思います。



上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

Funds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的に記事でまとめています。

Funds(ファンズ)

先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。1円から投資できるスキームは他社にありません!