かんぽ生命保険(7181)初値予想とIPO分析記事になります。ブルームバークでは需要調査を行ったようでかんぽ生命保険のIPO申込は売出し見込みを大きく上回り数倍とも書かれていました。そして某支店では人気で全員に配分は無いだろうと聞いていましたが本当はどうなんでしょうか?


かんぽ生命保険(7181)初値予想とIPO分析記事


業種:保険業
市場:東証1部に決定しました!
公開予定:11/04
BB期間:10/08~10/16


100株単位
公募株数 0株
売出株数 66,000,000株
合計株数 66,000,000株(660,000枚)
※オーバーアロットメントはありません


想定価格 2150円 ⇒ 21.5万円
仮条件  1900円~2200円に決定


【幹事団】
野村證券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券    カブドットコム証券取扱決定!
ゴールドマン・サックス証券
JPモルガン証券
大和証券
みずほ証券
SMBC日興証券
岡三証券      岡三オンライン証券も決定!
東海東京証券
いちよし証券
SMBCフレンド証券
藍澤証券
岩井コスモ証券
東洋証券
丸三証券
水戸証券
マネックス証券
SBI証券
松井証券
エイチ・エス証券
エース証券
極東証券
高木証券
立花証券
ちばぎん証券
内藤証券
日本アジア証券
むさし証券
光世証券
リテア・クレア証券
クレディ・スイス証券
ドイツ証券
バークレイズ証券
メリルリンチ日本証券
UBS証券
シティーグループ証券
あかつき証券
安藤証券
今村証券
ウツミ証券
岡三にいがた証券
岡地証券
木村証券
共和証券
上光証券
長野証券
中原証券
新潟証券
西日本シティーTT証券
西村証券
日産センチュリー証券
ニュース証券
八十二証券
ばんせい証券
フィリップ証券
福岡証券
三木証券
三田証券
山和証券
豊証券
リーディング証券


カブドットコム証券が穴場証券だって?記事へ
楽天証券でも申し込めます記事へ
岡三オンライン証券からも申込が可能になる!(資金不要)






仮条件上限が50円引き上げられています。
これにより吸収金額をし案出すると1452億円となります。
ちなみに1900円だと1254億円!
※国内販売52,800,000株、海外販売13,200,000株を予定


かんぽ生命保険初値予想と評判  立花証券 ストックハウス 口座開設プロモーション
↑クリックで拡大します      郵政IPO幹事で3000円貰える⇒ SMBC日興証券


かんぽ生命保険初値予想2200円~2500円


【幹事配分一部】
野村証券 13,189,500株
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 13,189,500株(カブドットコム証券
大和証券 5,148,100株
みずほ証券 5,148,100株
SMBC日興証券5,148,100株
岡三証券 755,100株(岡三オンライン証券
東海東京証券755,100株
いちよし証券 448,800株
SMBCフレンド証券448,800株
岩井コスモ証券232,300株
藍澤証券 232,300株
東洋証券 232,300株
丸三証券 232,300株


【業績等の概要】平成26年4月1日~平成27年3月31日
経常収益は、保険料等収入5兆9,567億円(前期比0.8%増)、資産運用収益1兆4,607億円(同5.2%減)、その他経常収益2兆7,517億円(同27.2%減)を合計した結果、10兆1,692億円(同9.5%減)となりました。経常費用は、保険金等支払金9兆595億円(同10.8%減)、責任準備金等繰入額14億円(同67.6%減)、資産運用費用109億円(同39.3%減)、事業費5,131億円(同0.2%減)、その他経常費用914億円(同24.0%増)を合計した結果、9兆6,766億円(同10.2%減)となりました。
この結果、経常利益は4,926億円(同6.5%増)となり、経常利益から特別損失、契約者配当準備金繰入額、法人税等合計を差し引いた当期純利益は813億円(同29.5%増)となりました。



【類似企業】
ソニーフィナンシャルホールディングス(8729)PER16.57倍
第一生命保険(8750)PER13.8倍
T&Dホールディングス(8795)PER13.2倍





ロックアップは180日間となります。
配当性向は30%~50%程度を予定としています。
ゆうちょ銀行の予想PERは15.7倍となり妥当でしょうか。
かんぽ生命保険の時価総額は1.3兆円になる見込みで、市場からの吸収額は
1452億円を見込んでいます。
ちなみにゆうちょ銀行が5980億円で日本郵政が6930億円を見込んでいます。
なので一番吸収金額が少なく株数も少ないので、売切れ続出の支店が出たんだと思います。


そうなるとネット口座配分で攻める方もいたでしょう。
両方持っているとIPOの申込には役に立ちますね 


日本郵政傘下で生命保険業を行っている企業です。
また、かんぽシステムソリューションズ株式会社の連結が1社含まれています。
主力商品は養老保険、終身保険、学資保険、年金保険になり、病気や事故に
備える特約で「入院・手術特約」「死亡・障害特約」などがあります。
また他企業の商品を委託販売もしているそうです!


・アフラック
・エヌエヌ生命保険株式会社
・住友生命保険相互会社
・東京海上日動あんしん生命保険株式会社
・日本生命保険相互会社
・三井住友海上あいおい生命保険株式会社
・明治安田生命保険相互会社
・メットライフ生命保険株式会社



かんぽ生命保険の初値予想 
↑やや拡大します       SBI証券はネット証券最大手!IPO当選履歴 


平成26年度末による開示によると保有契約件数約3,300万件、被保険者数
約2,500万人となっているようです。
資産運用実績は、国債を中心とした有価証券が66.2兆円、貸付金が9.9兆円、
総資産残高は84.9兆円だそうです。
2016年連結経常利益は29%の減益見込みとなています 
配当は56円を予定しているようですから配当利回り2.54%とかなり高い水準では
ないでしょうか。


【トレーダーズ・ウェブ】
2015年3月期の連結経常収益の構成比は、保険料等収入58.6%、資産運用収益14.4%、その他経常収益27.1%。ソルベンシー・マージン比率1644.2%

 かんぽ生命保険(7181)IPOが新規上場承認記事へ


個人参加のIPOと言われており、中長期の投資家が多いとの事です。
私のように初値で利益を得ようとするハイエナ君はあまりいないのかもしれません。
市場形成や店頭口座にとってはハイエナ君も必要ではありますが 
どれだけ資金を回転させて利益を得ることが出来るのかがハイエナ投資法です。
2013年はIPOだけで420万もあったのですが、今年は調子が悪く86万円です。
余談でした (T_T)
今年は余裕で競い合っている読者様に負けてるのが痛いです。






クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

クラウドバンク投資4年の実績と評価記事