JESCOホールディングス(1434)初値予想とIPO分析記事になります。
東証2部案件の野村証券主幹事で、吸収金額は約12.4億円。
地味な業種だが増益見込となり配当金は約1.3%、公開株はそこそこあり
ざっくり初値は1.2倍程度かな?と言った印象ですね 


JESCOホールディングス(1434)初値予想とIPO分析記事


業種:建設業
市場:東証2部
公開予定:09/08
BB期間:08/20~08/26


100株単位
公募株数 1,600,000株
売出株数 400,000株
合計株数 2,000,000株(20000枚)
※オーバーアロットメントによる売出し300,000株


想定価格 510円 ⇒ 5.1万円
仮条件  510円~540円に決定しました!


【幹事団】
野村證券
SMBC日興証券
エース証券
SBI証券      ←ネットマーケティング(6175)主幹事
SMBCフレンド





仮条件は想定価格よりも30円引き上げられました。
これにより吸収金額も増額され約10.8億円となり、オーバーアロットメントを含めると
約12.4億円になります。


JESCOホールディングス評判と初値   
↑クリックで拡大します     期間限定15,000円貰える⇒ シストレ24タイアップ


JESCOホールディングスIPO販売先
↑クリックで拡大します     SMBC日興証券のIPO概要と秘策? 


事業は国内EPC事業、アセアンEPC事業、総合メディア事業に分かれます。
電気設備工事、電気通信工事を行っている持株会社展開企業ですね。


【目論見より】
国内EPC事業では、日本国内における電気設備工事及び電気通信工事等を事業領域として、主に商業施設、移動体通信基地局、防災行政無線、道路付帯設備及び太陽光発電設備等を対象とした配管、配線、機器設置工事等を建設会社、通信電機機器メーカー等の元請事業者及び設計事務所から受注し、設計業務、調達業務、施工管理業務及び保守メンテナンス業務等を展開。

アセアンEPC事業では、ベトナムを中心としたアセアン地域における建築工事、電気設備工事、電気通信工事及び空調衛生工事を事業領域として、主に発電所、空港、工場、商業施設及び道路付帯設備を対象とした配管、配線、機器設置工事等を施主または建設会社、電気設備会社、通信電機機器メーカー等の元請事業者から受注し、設計業務、調達業務、施工管理業務及び保守メンテナンス業務等を展開。

総合メディア事業では、日本国内において、LEDビジョンなどの大型映像装置の設置企画の立案から設計、コンテンツ制作、設置、運用、メンテナンスまで一貫した体制で事業を行っております。具体的には、広告主及び広告代理店を対象に、高速道路から見える場所等に設置しているデジタルサイネージの放映枠を販売しています。また、多目的集客施設等を対象に大型ビジョン等の設置のための資機材の調達業務、運用管理、貸出業務、設計業務及び施工管理業務等を展開。



特徴としては、工事案件のプロセスを一気通貫で受注できる体制を取れる企業で
設計事務所、建設会社、通信電機機器メーカーなどの元請事業者を受注先として
抱えています。国際規格であるOHSAS18001認証登録やESCO安全衛生協議会
の組織化、安全大会の開催等にも取り組んでいます。
ジャパンクオリティだそうですね!
国内EPC事業76.9%、アセアンEPC事業11.2%、総合メディア事業11.8%




JESCOホールディングス初値予想650円



【幹事配分】
野村證券 1,700,000株
SMBC日興証券120,000株
エース証券 60,000株
SBI証券 60,000株 
SMBCフレンド60,000株


【業績等の概要】 平成25年9月1日~平成26年8月31日
売上高68億10百万円(前期比11.3%増)
営業利益2億83百万円(前期比34.4%増)
経常利益3億2百万円(前期比21.4%増)
当期純利益2億6百万円(前期は51百万円の損失)


【類似企業】
山加電業(1789)PER21.76倍
サンテック(1960)PER15.71倍
神田通信機(1992)PER5.07倍



ロックアップは90日間でロック解除倍率は1.5倍です。
ベンチャーキャピタル保有株についてはロックアップが掛かっており、
ストックオプション株数も307,200株が存在していますが行使期間が平成27年12月から
となっており上場時段階での影響は無さそうです。
 JESCOホールディングス(1434)IPOが新規上場承認記事へ


 株ブログ IPO・新規公開株    


EPSが48.1なのでPERは約11.2倍となり妥当水準でしょか。
配当は7円を予定しており配当利回りは約1.3%になります。
国際空港や高速道路がベトナムで拡大を続けていて、アセアンEPC事業が急拡大
しているようで、増収増益見込みとなっています。
小粒なので利益が多く出るような事は無いでしょうが、公募割れも考えにくい案件
かもしれません。売却手数料は取れるでしょう。


 





--------------------------------------------------—

【少しレアなIPO口座】
① 岡三オンライン証券のIPOは委託幹事が多かったりする
② 立花証券のIPOは1口座1抽選の完全平等抽選なのだ
③ 楽天証券のIPOは委託幹事が狙い目かもよ?