STUDIOUS(3415)初値予想とIPO分析記事になります。初値利益は出そうですが、中長期的には厳しい感が個人的にあります。ただ、ネット販売の拡大によっては面白いかもしれません。意外に小売業のIPOは人気が高く上場後も売買が盛んなように思います。月次が発表されるため判断しやすいのかもしれませんね。


STUDIOUS(3415)初値予想とIPO分析記事


業種:小売業
市場:マザーズ
公開予定:09/02
BB期間:08/18~08/24


100株単位
公募株数 119,000株
売出株数 215,000株
合計株数 334,000株(3340枚)
※オーバーアロットメントによる売出し50,100株実施します


想定価格 2770円 ⇒ 27.7万円
仮条件  2770円~2870円に決定しました


【幹事団】
SMBC日興証券(主幹事)
SBI証券    ←IPOチャレンジポイントでも当選する
みずほ証券
マネックス証券    ←口座毎の完全平等抽選





仮条件上限が引上げられ、吸収金額も増額しています。
上限2870円を基に吸収金額を算出すると約9.6億円となり、オーバーアロットメント
を含めると約11億円です。
吸収金額的な荷もたれ感は無さそうですが、今後は新規出店などにより利益率
が下がるとも言われています。


ステュディオスIPO初値予想 
↑クリックで拡大します    


STUDIOUS評判とネット販売 
↑クリックで拡大します     



セレクトショップ「STUDIOUS」の運営と
グローバルコンテンポラリーブランド「UNITED TOKYO」の運営を行っている企業で
全てメイドインジャパンの商品を取扱います。
STUDIOUSでのターゲット顧客は20代~30代と比較的若く、UNITED TOKYOでは
20代から40台をターゲットとしています。


オリジナルブランド等の取扱もありリーズナブルな設定となっているようです。
ブランド品も26ブランドの取扱がありJUNYA WATANABE COMME des GARÇONS MAN
、kolor BEACONなどがあります。


店舗は東京・原宿や大阪・南堀江等にあり、落ち着いた路面店4店舗、
大都市圏ターミナル駅前ファッションビルに入居するビルイン店舗15店舗となります。
さらにインターネット販売も手掛けており自社直営サイトやスタートトゥデイのZOZO
TOWNにも出店しています。


【トレーダーズ・ウェブ】
2015年2月期の売上高構成比は、衣料品販売事業100.0%
(実店舗販売67.6%、インターネット販売32.4%)


STUDIOUS初値予想3500円~3800円


【幹事配分】
SMBC日興証券300,600株
SBI証券16,700株
みずほ証券 10,000株
マネックス証券6,600株


【業績等の概要】 平成26年3月1日~平成27年2月28日
売上高4,470,026千円(前年同期比44.9%増)
営業利益628,139千円(同26.0%増)
経常利益626,985千円(同26.0%増)
当期純利益385,540千円(同25.6%増)


【類似企業】
アダストリア(2685)PER42.15倍
スタートトゥデイ(3092)PER43.49倍
ユナイテッドアローズ(7606)PER26.49倍


ロックアップは90日と180日になります。
ベンチャーキャピタルへのロックアップが付与されており1.5倍で解除となります。
配当は無く優待もありません。
STUDIOUS(3415)IPO新規上場承認記事へ


PERは約15.3倍となり上値余地はあると思います。
ネット販売にも取り組んでおり、スタートトゥデイ(3092)のような展開も
もしかしたらあるかもしれません。
当面はコストがかさみ利益を押し下げるようです。
第一四半期の売上達成は目標の20%程度だったようです。

上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

Funds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的に記事でまとめています。

Funds(ファンズ)

先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。1円から投資できるスキームは他社にありません!