LINEがIPOをするため、東証に上場再申請しました。
しかし広報担当者はお決まり文句でしょうか!?


LINE IPO承認


【日本経済新聞】
無料対話アプリのLINE(東京・渋谷)が東京証券取引所に株式の新規上場手続きを再申請したことがわかった。昨秋に上場手続きの一時凍結を表明していたが、早ければ2015年内の上場を目指して再び準備を進める。

東証への上場を最優先にしながら、米国での上場も引き続き模索する方針。時価総額は1兆円を超えるとの声もあり、上場が実現すれば今年の新規株式公開(IPO)では日本郵政に次ぐ規模になる見通しだ。LINEは当初、14年中の上場を目指していた。だが、親会社の韓国ネイバー内で上場の方法を巡って意見の食い違いがあったことなどから、昨年9月に14年内の上場見送りを決めた。



【ITmedia ニュース】
LINEが東京証券取引所に上場を再申請したという一部報道について、LINEの広報担当者は「年内の上場を延期すると案内した昨年9月からステータスは変わっておらず、どの時期にどの市場で上場するなど、決まったことはない」とコメントした。2日付けの日本経済新聞が、LINEが東証に株式の新規上場手続きを再申請し、早ければ年内の上場を目指すと伝えた。米国での上場も引き続き模索すると報じている。

LINEは昨年にも上場がうわさされたが、昨年9月に「年内の上場を見送る」と発表。10月の記者説明会で森川亮社長(当時)は「LINEがいつ上場すると発表したことはなく、選択肢の1つとして考えていた。大事なのは事業を安定的に伸ばすこと。確実に安定的な収益につなげるのがIPOより重要だ」とコメントしていた。


      


結局上場するんでしょうけど、グミのような上場は勘弁ですね。
既に関係銘柄は吹いているようですが・・・
全く保有株には入っていません(汗)
それに昨日の雇用統計は勝てました♪ 微益でしたが勝つと気分が違いますね 


株主優待クロスを始めたい方必見! タイアップで現金プレゼント中
au カブコム証券
カブドットコム証券  

①au カブコム証券タイアップ詳細とローリスク優待取得方法♪
②一般信用で株主優待をローリスクに取得したい方はこちら



【少しレアなIPO口座】
① 立花証券のIPOは1口座1抽選の完全平等抽選なのだ
② 楽天証券のIPOは委託幹事が狙い目かもよ?
③ むさし証券でもIPOの取り扱いは1口座1抽選の平等抽選なんです
④ 安藤証券のIPO取扱いが始まって超穴場口座だったりする 



上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!