日本郵政グループのIPO申込が10月08日から始まります。
まだ口座開設は間に合うと思いますが、書類不備などがあると痛いです。
なので口座開設は早めにした方がよいです。


マネックス証券のIPO当選方法は平等抽選


証券会社によっては口座開設の遅れが出ているようなニワンスがホームページ
から伝わります。画像はマネックス証券ですが、注目情報として掲載されています。
インターネット証券なので気軽にネット応募ができ、しかも機械的な抽選が魅力なので
口座開設も多いのでしょう。
⇒ マネックス証券のIPOルールと当選など


【日本郵政グループIPOに当選するために】

① カブドットコム証券が穴場証券だって?記事へ
② 日本郵政IPOに入金不要で参加できる記事へ
③ 日本郵政IPO幹事でも狙える企業(SMBC日興証券)
④ 日本郵政IPO幹事、マネックス証券配分率



またマイナー企業でも当選する確率は高いので資金や手間などを考えて
申込するのもありです。
① 立花証券のストックハウス
② むさし証券
③ 安藤証券


店頭口座を開いて数千万規模で参加される方もいるようですが、
個人的には数百万がいっぱいいっぱいです。
今週から電話の嵐だと思いますが、予定の資金は500万円以下です。
既に200万はokを出したので、ネットと別口でどうなるかですね。


グリーンペプタイドIPOよりも郵政IPOの方が利益が出ると踏んでいます。


日本郵政グループIPO幹事です!! 完全抽選で私も多数GET
マネックス証券

※マネックス証券の当選履歴などはこちらで確認
※マネックス証券で端株を貰いながらIPO口座として利用する方法はこちら