ネクステージ(3186)IPO考察記事になります。
地味な案件でしたがIPOが人気なのでここも無事公募価格を超えると思います。


業種:小売業
市場:マザーズ
公開予定:07/30
BB期間:07/11-07/18


【事業内容】
当社グループは、当社及び当社連結子会社(株式会社ASAP)の計2社で構成されており、中古車販売事業として中古車販売店事業、整備事業、保険代理店事業及び自動車買取事業、その他事業として自動車出張買取事業及び中古車輸出事業、カーコーティング事業を主な事業として取組んでおります。

まとめると⇒ 中古車販売事業 


【資金使途】
手取概算額869,060千円については、新規出店(関東甲信越地方2拠点、東海北陸地方1拠点、関西地方2拠点、中国四国地方1拠点)にかかる設備資金として平成25年11月期に400,000千円、平成26年11月期に125,000千円を、残額については新規出店にかかる商品仕入のための運転資金として平成25年11月期に充当する予定であります。


100株単位
公募株数 637,000株 
売出株数  80,000株
合計枚数 717,000株(7170株)


想定価格 1500円
仮条件  1500円~1700円


【幹事団】
野村證券
東海東京証券
三菱UFJMS証券
みずほ証券
SBI証券
極東証券
エース証券
高木証券


--------------------------------------------------------


ネクステージIPOは次に続くIPOも期間が離れていますのでそこそこ注視されて
人気化すると思われます。
想定発行価格1500円から仮条件上限は200円アップの1700円なので主幹事野村證券
も強気で攻めていると思われます。


ネクステージIPO
↑クリックで拡大します


想定発行価格ベースでの吸収金額はオーバーアロットメントを含めて
約12.4億円でしたが仮条件がアップしたので最終的には最大で約14億円になります。
それでもマザーズ案件では小さい方なので公募を取得すれば儲かるでしょう♪
IPO低迷期だったら公募価格にプラス5万円がいいところだと思われますが今はIPOが
かなり人気なのでプラス20万円か?


ネクステージ(3186)は昔からある中古車販売事業なのですが、海外への輸出も
行っており増収増益を打ち出しています。
さらに事業展開では関東甲信越地方・九州沖縄地方に出店を進めたて手広く事業を
展開しています。


【幹事配分】
野村證券      573,900株
東海東京証券     71,700株
三菱UFJMS証券  21,500株
みずほ証券      14,300株
SBI証券        14,300株
極東証券        7,100株
エース証券       7,100株
高木証券        7,100株


【業績等の概要】
中古車業界におきましては、平成24年12月から平成25年5月までの国内中古車登録台数は3,365,274台(前年同期比100.3%)と前年と同水準の結果となりました。車種別では、普通乗用車登録台数が1,796,884台(前年同期比98.2%)であり、軽自動車の登録台数は1,568,390台(前年同期比102.7%)という結果となりました。(出典:一般社団法人日本自動車販売協会連合会統計データ・一般社団法人全国軽自動車協会連合会統計データ)
当社グループにおきましては、近年、近隣業者との価格競争等が激化するなか、関東甲信越地方・九州沖縄地方に出店を進めた結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は182億97百万円、営業利益は4億55百万円、経常利益は4億94百万円、四半期純利益は2億93百万円となりました。


【類似企業】
アップルインターナショナル(2788)
ユー・エス・エス(4732)
ガリバーインターナショナル(7599)
カーチスホールディングス(7602)


ネクステージPERはEPS192.59で算出すると約8.8倍になり十分上値余地があると
思あれます(仮条件上限1700円算出)
今のIPO市場ならば2倍以上の初値が見込めるかもしれませんね(持論)


【地域別売上】
ネクステージIPO詳細
↑クリックで拡大します



【株主状況】
ネクステージ初値予想
↑クリックで拡大します


株主にはベンチャーキャピタルがいますが一部は売出になっています。
ストックオプションの未行使分がたくさんあり少し危険かな~(上場直後からOK)
ロックアップは90日となっており1.5倍以上で解除されますので初値的に重要ポイント。
色々と分析しても結局今の市場では全力申込みですよね♪


ネクステージ幹事のSBI証券!! ネット証券引受け最多
SBI証券公式HPへ


※SBI証券のIPO詳細記事はこちらへ

-------------------------------------------------------—-

【IPOは口座が命です】
① 口座毎に完全抽選される証券会社はこちらの記事へ【マネックス証券】
② 2013年も大活躍、ネット証券で幹事もこなす記事へ 【SBI証券】  
③ 2012年大活躍の証券会社はこちらの記事へ【エイチ・エス証券】
④ 主幹事もする店頭系ネットでお勧めしている記事へ【SMBC日興証券】 



上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!