ZEALS(ジールス)IPOの初値予想と幹事割当数などを自己評価したいと思います。とにかく初値で買っても利益が見込めない銘柄はパス案件と考えて良さそうです。


過密日程の中で無理やり上場させてしまえ感があるIPOかもしれません。イメージを損なっているのは今期大赤字となることでしょう。


ZEALS(ジールス)IPOの評価


項目株数データ
想定価格1,530円
仮条件12月07日
公開価格12月15日
公募株数2,500,000株
売出株数4,912,800株
公開株数(合計)7,412,800株
オーバーアロットメント1,111,900株
幹事団大和証券(共同主幹事)
クレディ・スイス証券(共同主幹事)
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SBI証券
松井証券
楽天証券
マネックス証券
委託見込auカブコム証券


同社はチャットボットを提供している企業です。利用料は無料になり、成果報酬型の収益形態のため利益が見込めるのか?と突っ込みたくなるサービスとなっています。


クライアントからしてみれば成果報酬型のため利用しやすいと思います。売上は勢いよく伸びていますが赤字が先行するビジネスのようです。


前期が黒字化しているためもしかしたらコロナ禍で1年延期したのでは?と感じるところがあります。


また公開価格割れしたフォトシンス(437)と主幹事が同じことで公募組は警戒しているかもしれません。海外販売率が60%~70%などにならない限り初値で利益を上げるには難しい気がします。


類似企業だと国内シェアNo.1のモビルス(4370)が思い浮かびますが、株価を見ていただくとわかるように現時点で売り込まれています。こちらはSaaSサービスでも売り込まれているんですよね。


2021年9月に上場しているためまだ数ヶ月しか経過していません。株価は悲惨な状況です。


ZEALS(ジールス)IPOの大手初値予想と評価はこうなる!

大手初値予想の数値を調べてみました。個人投資家のブックビルディングスタンスにかなり影響を与えると考えています。


最新の初値予想は下記のようになっています!


大手初値予想1,400円~1,600円
※注目度A


大手予想から考えてもIPOはスルーしてよいと考えています。他の銘柄に集中して利益を狙いましょう。


もし利益が出たとしても悔いはありません。最終的な投資判断は自分でお考えください!!


仮条件次第のところはありますが、想定発行価格1,530円あたりで仮条件が設定されるのであれば完全スルーです。


これまでの情報は下記記事でまとめています。業績推移や株主構成なども掲載しています。

ZEALS(ジールス)の上場データと初値予想を考察


ZEALS(ジールス)IPOの幹事割当数と引受割合を調べました

幹事割当数と引受割合を調べました。主幹事は大和証券とクレディ・スイス証券が共同で引受けます。


また、上場前はフリークアウト・ホールディングス(6094)の持ち分法適用関連会社になりますが、上場後は持ち分法適用関連会社から外れることになります。


幹事名割当株数引受割合
大和証券(共同主幹事)5,263,100株71.00%
クレディ・スイス証券(共同主幹事)1,853,200株25.00%
三菱UFJモルガン・スタンレー証券74,100株1.00%
SBI証券74,100株1.00%
松井証券74,100株1.00%
楽天証券37,100株0.50%
マネックス証券37,100株0.50%


当選狙いだと大和証券がお勧めです。私は申込まないと思います。SBI証券だけポイント狙いで申込むと思います。


売出人のフリークアウトHDやジャコフ系VC、サイバーエージェントあたりが儲かるだけでしょう。公募株数も250万株あるため謎ですね。


そもそもストック型の収益構造でもないのに赤字上場が許されるのか?と疑問もあります。売上も上場による吸収金額と釣り合わないと思います。


想定ベースの吸収金額は130.4億円で時価総額233.2億円ですからね。




ZEALS(ジールス)IPOの業績予想と抽選参加スタンスまとめ

最新の業績予想を調べ抽選参加スタンスについて考えてみたいと思います。人気化するとは思えませんが業績もチェツクしておきたいと思います!


ZEALS(ジールス)IPOの業績予想とまとめ
※ZEALS公式サイト引用


業績を確認すると2022年3月期の業績予想を確認することができました。それによれば売上18.59億円となり前期13.77億円から35.00%増、経常利益-12.27億円となり前期1.94億円からの赤字転落です。


四半期利益は-12.27億円となり前期1.90億円から赤字予想となっています。また、EPSは-91.51になります。


赤字は販売拡大による費用となっていますが、スコブル上場タイミングが悪いと感じます。PSRは12.54倍あたりになりますが、そもそもストック型ではないためどうなんでしょうね。


この調子であれば売上続伸となる可能性は高いと思いますが急激な黒字化となるのか読めません。投資したければ業績を確認しながらでも遅くないでしょう。


ETF投資に1万円から投資できるTHEO+docomoだとdポイントが貰えます。新しいサービスでESG関連銘柄にも投資できるようになりました。


ドコモ回線を利用していなくてもdポイントは貰えます。ポイントにこだわる必要はありませんけどね。上手く利益を出している方もいるため純投資でも良いかもしれません。


クラウドバンクを使った投資を5年間続けています

1万円から投資ができコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。実質平均利回りは6.80%で融資元本回収率は100%を維持しています!

クラウドバンク評判

下記記事で実際に投資を行っている内容をまとめています。即時入金も用意され入金を無料化できます。毎月分配金型になり日本円の出金も無料なのでお小遣いにすることも可能です。