ハイブリッドテクノロジーズ(4260)IPOの初値予想と幹事割当数などを今回も自己評価したいと思います。オフショア開発会社で注目されるもエアトリの元開発子会社のためそれほど人気が見込めないようです。


上場規模が適度でIPOに当選しやすいため1単元あたり数万円の利益と考えていましたが、盛り上がりに欠けるIPOのようです。


IPOには当選しやすいと考えています!!


ハイブリッドテクノロジーズ(4260)IPOの評価


項目株数データ
想定価格460円
仮条件12月03日
公開価格12月14日
公募株数2,600,000株
売出株数68,700株
公開株数(合計)2,668,700株
オーバーアロットメント200,000株
幹事団SBI証券(主幹事)
SMBC日興証券
みずほ証券
岡三証券
東海東京証券
岩井コスモ証券
水戸証券
極東証券
松井証券
委託見込SBIネオトレード証券
岡三オンライン証券


同社はDXを推進するためのソフトウェア開発を行っている企業になります。日本とベトナムのエンジニアを連携させたオフショア開発会社です。


人件費の問題でオフショア系は意外に投資家に好まれており、業績引上げにつながると考えられています。


同社の場合は業績規模が小さいものの今期は結果を出せた形になり、ある程度買われる構想を描いています。しかし大手予想では思ったほどの評価が出ておらず残念としか言いようがありません。


初値買いに参加するのは主に個人投資家となっており、機関投資家を呼び込むには業績や上場規模の面で厳しいようです。


ただストックサービスが2021年9月期売上の88.8%を占めており収益性は良さそうです!


ハイブリッドテクノロジーズ(4260)IPOの大手初値予想と評価はこうなる!

大手初値予想の数値を調べてみました。利益見込みは強いと思いますが株単価が低いため手数料程度で終わる可能性もあるかもしれません。


最新の初値予想は下記のようになっています!


大手初値予想500円~700円
※注目度B


上場ラッシュでなければ800円~1,000円あたりの初値が期待できたと思います。


しかし同社が上場する12月23日は5社上場となっています。翌日の24日は7社の上場なので異常だと思います。


東証再編(市場区分の見直し)の前に駆け込み上場となることはわからないでもありませんが、ここ10年の上場数から考えてもホント異常なくらいです。


公開価格割れも複数社出ると多くの投資家が考えているようです。また同社の業績や株主構成などは下記記事でまとめています。

ハイブリッドテクノロジーズの上場データと初値予想を考察


ハイブリッドテクノロジーズ(4260)IPOの幹事割当数と引受割合を調べました

幹事割当数と引受割合を調べました。主幹事はSBI証券が単独で務めます。グループ会社も多く積極的に参加予定です。


幹事名割当株数引受割合
SBI証券(主幹事)2,268,400株85.00%
SMBC日興証券106,700株4.00%
みずほ証券106,700株4.00%
岡三証券53,400株2.00%
東海東京証券26,700株1.00%
岩井コスモ証券26,700株1.00%
水戸証券26,700株1.00%
極東証券26,700株1.00%
松井証券26,700株1.00%


多くの方はSBI証券に資金を集中させ当選を狙うと思います。預け入れ資金が多いほど当選確率が高くなると考えられています。色々不思議な証券会社だと思います。


株数が多いためSBIネオトレード証券からの申込みも行っておきましょう。また、魅力が今回はあまりありませんがネオモバからも1単元から抽選に参加できます。


ネオモバだと1単元当選しても数十円の利益かもしれません。なんだか面倒なのでスルーしても良さそうですね。IPO当選にこだわるのであれば狙いましょう!


SBIネオトレード証券ではタイアップを行っているためよかったら現金2,000円を頂いてください。手数料を無料化することもできます。SBI証券と似ています。




ハイブリッドテクノロジーズ(4260)IPOの業績予想と抽選参加スタンスまとめ

最新の業績予想を調べ抽選参加スタンスについて考えてみたいと思います。人気が見込めれば積極的に参加しIPOで利益を狙いたいと思います!


ハイブリッドテクノロジーズIPOの業績予想とまとめ
※ハイブリッドテクノロジーズ公式サイト引用


業績を確認すると2022年9月期の連結業績予想を確認することができました。それによれば売上収益22.25億円となり前期17.02億円から30.73%増、税引き前利益1.90億円となり前期1.05億円から80.95%増になります。


四半期利益は1.67億円となり前期0.75億円から122.67%増を予想しています。増収増益となり成長過程にあると感じます。


想定発行価格460円から指標を計算するとEPS16.45からPER27.96倍、BPS169.93からPBR2.71倍になります。類似企業比較では割安だと考えられます。


将来的には日本のエンジニア採用は企業コストを押し上げると考えられており、長い目でみれば株高期待はあります。


ただIPOの初値だけを考えると材料不足かつIPOラッシュにより、思ったほど資金が入らない可能性があります。株単価が低いため個人投資家の資金を呼び込みやすい環境のため公開価格割れはないと考えています。


某社ではオフショア開発系は評価が高いようなので期待したいと思います!


CAMPFIRE Ownersに投資を行いましたか?私は償還された資金があるため今回も10万円の投資を行いAmazonギフト券を3,000円分頂く予定です。


最近はAmazonで購入する機会が増えているためアマギフは嬉しいです。他社でもたくさんアマギフを頂いているため第4弾も期待しています。


クラウドバンクを使った投資を5年間続けています

1万円から投資ができコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。実質平均利回りは6.80%で融資元本回収率は100%を維持しています!

クラウドバンク評判

下記記事で実際に投資を行っている内容をまとめています。即時入金も用意され入金を無料化できます。毎月分配金型になり日本円の出金も無料なのでお小遣いにすることも可能です。