Finatextホールディングス(フィナテキストHD)IPOの初値予想と幹事割当数などを自己評価したいと思います。ファーストインプレッションは公開価格割れの可能性が高そうです。


前期が16ヶ月決算のため業績の分析にしにくいためスルーされる可能性もあるようです。上場数が集中するため、あえて申込まなくても良いというジャッジを下す投資家もいると思います。


某社レポートを見れば投資する気力が失せるかもしれません。本人次第だと思いますが赤字業績は不安材料です。


Finatextホールディングス(フィナテキストHD)IPOの評価


項目株数データ
想定価格1,290円
仮条件12月03日
公開価格12月13日
公募株数2,800,000株
売出株数12,675,700株
公開株数(合計)15,475,700株
オーバーアロットメント2,321,200株
上場時発行済み株数48,754,628株(公募分を含む)
想定ベースの時価総額約628.9億円
幹事団大和証券(共同主幹事)
三菱UFJモルガン・スタンレー証券(共同主幹事)
松井証券
あかつき証券
楽天証券
岩井コスモ証券
マネックス証券
委託見込DMM.com証券


同社は証券や保険ビジネス向けにクラウド基幹システムを提供しています。


証券インフラストラクチャー「BaaS」の運営や保険インフラストラクチャー「Inspire」の開発・保守を行います。また、金融機関向けにDXの提供や支援を行っています。


さらにビッグデータ解析事業ではデータ利活用の促進を行います。


投資で人気となるキーワードが多く含まれていますが、VC売出し色が強く上場による吸収金額も想定ベースで約229.6億円と巨額のため不安があります。時価総額は約628.9億円です。


サブスクリプションによる収益も4割程度となっていることから業績面の不安も意外にありそうです。同日上場も6社となっているためわざわざ危険なかけをせずに、他の銘柄で利益を狙ったほうが賢いのかもしれません。


個人的にもIPOに参加しない方向で考えています。THECOO(ザクー)も株価設定が高いため悩みますよね。


FinatextホールディングスIPOの大手初値予想と評価はこうなる!

大手初値予想の数値を調べてみました。非常に参考になる数値なので投資前に確認を行っておきましょう!


最新の初値予想は下記のようになっています!


大手初値予想1,000円~1,500円
※注目度A


第1弾発表で公開価格割れ濃厚だと伝わってきます。仮条件次第のところはありますが海外引き受けが何割になるのかがポイントでしょうか。


公開価格の1割程度は既に海外の投資会社が引受けますが、海外上乗せがどのくらいあるのか?と大手でも心配しているようです。


個人レベルでは判断が付きにくいため機関投資家の状況を確認しながら参戦したほうがよさそうです。証券紙で取上げられたりすれば人気が出るかもしれません。厳しそうですけどね。


これまでの情報は下記記事でまとめています。

Finatextホールディングスの上場データと初値予想を考察


FinatextホールディングスIPOの幹事割当数と引受割合を調べました

幹事割当数と引受割合を調べました。主幹事は大和証券と三菱UFJモルガン・スタンレー証券の共同になります。


この2社で公開株数の98%を引受けることになっています。引受幹事上位の松井証券でも0.5%となっています。値崩れ防止なのか?と感くぐるところがあります。


幹事名割当株数引受割合
大和証券(共同)10,833,100株70.00%
三菱UFJモルガン・スタンレー証券(共同)4,333,200株28.00%
松井証券77,400株0.50%
あかつき証券69,600株0.45%
楽天証券69,600株0.45%
岩井コスモ証券46,400株0.30%
マネックス証券46,400株0.30%


平幹事からの申込みをするくらいなら大和証券からの申込みがよさそうです。


また、大和証券グループのストリームでもIPO取扱いの予定が告知されています。


ストリームはBaaSを利用して株式売買手数料を無料化している証券会社です。ついにIPOも取扱われるようです。キャンペーンが行われているためついでに頂いておくといいかもしれません。


最大5,000円相当の株式が必ず貰えます。売却すれば現金化することも可能です。詳しくは下記記事でまとめています。この記事では同社の詳しい事業内容を確認できる記事も掲載しています。


興味があれば参考になると思います。ホントに売買手数料が無料なので驚きます!




FinatextホールディングスIPOの業績予想と抽選参加スタンスまとめ

最新の業績予想を調べ抽選参加スタンスについて考えてみたいと思います。


人気となる見込みが低いと感じているため積極的な参加を見送る可能性が高いと考えています。


Finatext公式


業績を確認すると2022年3月期の連結業績予想を確認することができました。それによれば売上26.54億円となり前期27.51億円から3.53%減、経常利益-7.82億円となり前期-7.57億円とあまり変化がありません。


四半期利益は-10.00億円になり前期-10.12億円とこちらもあまり変化がない予想が出ています。業績評価は難しそうです。


EPSは-24.44になりBPSは174.12になります。想定ベースのPERは赤字のため算出不可でPBRは7.41倍になります。


吸収金額の割に実績が乏しいと感じてしまうため、ストック型収益でも買われないパターンなのではないかと考えています。

クラウドバンクを使った投資を5年間続けています

1万円から投資ができコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。実質平均利回りは6.80%で融資元本回収率は100%を維持しています!

クラウドバンク評判

下記記事で実際に投資を行っている内容をまとめています。即時入金も用意され入金を無料化できます。毎月分配金型になり日本円の出金も無料なのでお小遣いにすることも可能です。