ユミルリンク(4372)IPOの抽選結果が出ました。主幹事が野村證券となっており抽選が200株セットだったためネット組には厳しい状況となりました。


当選すれば喜ばしくても単純に当選者が減るためです。平幹事では引受け株数が通常よりも多かったため平幹事からの当選は少し期待できるはずです!


ユミルリンク(4372)IPOの抽選結果


メッセージングプラットフォームを運営している企業になり、成長の鈍化は織り込み済みとなっていました。


類似企業との差別化は難しいようですが、SaaS形式でサービスを提供しているため個人投資家に人気が見込めるようです。


ただ成熟感がどうしてもあり、親会社であるアイテック阪急阪神の業績悪化で子会社の株式を売却なのか?と言った声も出ているようです。


また、ユミルリンクが上場しても親子関係を維持できる状況となっています。既存株主にはベンチャーキャピタルが存在せず、ストックオプション(新株予約権)もないためある程度の初値が期待されています。


ユミルリンク(4372)IPOの公開価格が決定

公開価格は仮条件上限の1,000円に決定しました。950円~1,000円と狭いレンジでしたが無事上限決定となっています。


ブックビルディングでは申告された総需要株式数が公開株式数を十分に上回る状況となっています。もちろん申告された需要の価格毎の分布状況は仮条件の上限価格に集中しています。


上場規模は14.7億円に決定し、時価総額は38.9億円になりました。PERも16.4倍と低いため公開価格割れはなさそうです。


また幹事引受け価格は920円に決定しています。同社の業績や幹事引受け株数などは下記記事でまとめています。

ユミルリンク(4372)IPOの初値予想


ユミルリンク(4372)IPOの幹事別抽選結果はこうなりました!

ユミルリンクの幹事別抽選結果を確認してみました。


幹事名抽選結果
野村證券(主幹事)落選
SBI証券落選
SMBC日興証券補欠当選
三菱UFJモルガン・スタンレー証券落選


野村證券ユミルリンク(4372)IPO抽選結果


主幹事の野村證券は落選となっています。また平幹事も落選しているようです。


家族もIPOに参加しているため詳細を確認してみたいと思います!


野村證券が2枚セットでなければ良かったと個人的に感じます。ただ逆に2枚セット当選で爆益となったこともあるため結局は運ですよね。と言うことで落選しました。


未成年口座で当選していると良いんですけどね。参考記事があるので未成年口座に興味があれば下記記事が参考になると思います。




ユミルリンク(4372)IPOの最新の初値予想は?

最新の初値予想を調べてみました。株単価が低いため大きな利益とは言えませんが、お小遣いくらいは出そうです。


最新のIPO初値予想


最新の初値予想は1,500円~1,700円となっています。公開価格に対して50%~70%の利益見込みになります。


野村證券で200株セットだと10万円くらいの利益が見込めるようです。IPOに当選するだけで利益がでる市場が戻ってくるようですね!!


それほど高騰する感じではありませんが、類似企業比較だと割安設定になります。ただ上場日の9月22日は3社上場となっているため、セカンダリーで同社が選ばれるのかはわかりません。


同社は株単価が低いため参戦する個人投資家も多いと考えられます。コアコンセプト・テクノロジー(4371)のほうが注目されているため微妙ですが、公開価格割れはないでしょう。


店頭証券が主幹事なので初値売りは少ないと考えられます!


IPOに当選できなかった方は不動産投資型のクラウドファンディングで利益を狙ってみませんか?先着1,000人になりますがCOZUCHIに口座開設を行うとAmazonギフト券が2,000円分貰えます。


月末までのキャンペーンとなっていますが、早期終了の可能性があるため下記記事で締め切り日をお知らせしています。まだ枠はあるそうです。


利回り10%以上のファンド取扱いもあり、新代表にインタビューさせて頂いているので投資の参考になればと思います。


クラウドバンクを使った投資を5年間続けています

1万円から投資ができコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。実質平均利回りは6.80%で融資元本回収率は100%を維持しています!

クラウドバンク評判

下記記事で実際に投資を行っている内容をまとめています。即時入金も用意され入金を無料化できます。毎月分配金型になり日本円の出金も無料なのでお小遣いにすることも可能です。