ウイングアーク1st(4432)が上場中止を発表しました。同社は東証1部又は東証2部へ上場する予定でしたが、東京証券取引所から新規上場の承認取消しの発表が行われています。内容を確認すると「最近の株式市場の動向等諸般の事情を総合的に勘案し」とあります。


今の地合いで上場できないのは再承認されても厳しいのではないでしょうか。上場規模がスリムになればその限りではありませんが、国内向けと海外向けに売出株20,955,000株というボリュームには問題があったのかもしれません。事業的にはそれほど悪くありませんでしたが、某レポートを見た限りでは厳しい意見が出ていました。


ウイングアーク1st上場中止


【ウイングアーク1st公式サイト抜粋】

2019年1月31日及び2019年2月25日開催の当社取締役会において、当社普通株式の東京証券取引所への上場に伴う株式売出しについて承認いたしましたが、2019年3月4日開催の当社取締役会において、最近の株式市場の動向等諸般の事情を総合的に勘案し、当該株式売出しの中止を承認し、それに伴い当社普通株式の東京証券取引所への上場申請を取り下げることを決議いたしましたので、お知らせいたします。なお、今後の上場手続きの再開につきましては、株式市場の動向等を見極めたうえで、引き続き検討してまいります。



地合いは悪くないと考えられますが、ソフトバンク上場で損失、又は含み損を抱えている投資家の参戦がなかったのかもしれません。厳しいと思ったら最近の投資家はシビアなのでその影響も考えられます。


私はSBI証券のIPOチャレンジポイントを狙って申し込んでいましたが、ポイントを貰えず終了となりました。たまにこのようなことも起きます。抽選結果が出る前のタイミングだったためIPO投資家への影響はほとんどないでしょう。


グローバル企業になるため日本で上場しなくても他国では人気かもしれませんし、どこかで今後お会いしましょう!国内ではベンチャーキャピタルファンド売出し案件としてある意味注目度が高かった銘柄です。個人的にはブックビルディング積み上がりが思うようにいかなかったのでは?と考えています。


DMM.com証券がIPO取扱いをついに発表しました! 【前受け金不要で抽選に参加できる】
⇒ 株をはじめるなら、DMM.com証券

【DMM 株】口座開設

※DMM.com証券のIPO抽選ルール完全版【DMM株は抽選に前受け金不要だ】






クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

またクラウドバンク社長にインタビューを行い気になることもズバット聞いてみました。全ての問いに回答頂けるなんて思ってもおらず私の中で信頼度UPとなっています。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

現在のところ投資額は60万円弱でソーシャルレンディングへの投資は総額250万円を超えています。余裕資金があればぶち込みですね!

クラウドバンク投資4年の実績と評価記事