バルテス(4442)の初値予想と幹事配分をまとめました。公開株数はOAを合わせ1,203,400株と多い割に、吸収額が約6.5億円と小さく事業もIPOで好まれる情報・通信業となっていることから初値2倍あたりは十分狙えそうです。SBI証券の複数配分では300株を予想しています。


仮条件が5月10日になることから、仮条件次第で上下に予想も振れると思います。初値2倍程度は令和第1号として堅いでしょう。


バルテス初値予想と幹事配分


項目株数データ
想定価格540円
仮条件5月10日
公開価格5月21日
公募株数843,000株
売出株数203,500株
公開株数(合計)1,046,500株
オーバーアロットメント156,900株
幹事団SBI証券(主幹事) ←絶対口座は必要だろう
野村証券
藍澤証券
岩井コスモ証券 ←後期型で申込み忘れ多い
エイチ・エス証券
SMBC日興証券
エース証券
極東証券
東洋証券
ひろぎん証券
丸三証券
むさし証券 ←実は前受け金不要
楽天証券


初値予想1,000円~1,500円


2020年3月期の連結業績予想は売上17.8%増(5.9億円増)、経常利益12.9%増(2,500万円増)の増収増益を見込んでいます。想定発行価格ベースのPERは23.29倍、PBRは3.78倍になります。株価設定は妥当なイメージを受けますが、上場時はPER50倍程度で切りのよい1,200円あたりを付けてもおかしくないでしょう。


類似企業的には割高になりますが、令和1号案件を意識してご祝儀相場があるかもしれません。株主にはベンチャーキャピタル名が多くロックアップ期間90日間、そして発行価格の1.5倍で解除されます。


ロックアップを超えてくるとミンカブ・ジ・インフォノイド(4436)のようになかなか株価が上昇しないパターンも考えられます。SBI証券が主幹事になっていることから個人株主への配分が多くを占めることが予想され、上場当日は成行売り注文が多くなるでしょう。


それを上回るような大量の買い需要が必要になるため株式市場の地合いも大事となります。上場規模が小さいため公開価格割れになるようなことはないと思いますが、個人投資家による売買が多くを占めそうです。


同社の詳細については下記記事でまとめているのでよろしければ参考にしてください。

⇒ バルテスIPO上場と初値予想【SBI証券主幹事で複数配分だ】


幹事名配分単位(株)引受割合(%)
SBI証券(主幹事)889,00084.95
野村証券42,0004.01
藍澤証券10,5001.00
岩井コスモ証券10,5001.00
エイチ・エス証券10,5001.00
SMBC日興証券10,5001.00
エース証券10,5001.00
極東証券10,5001.00
東洋証券10,5001.00
ひろぎん証券10,5001.00
丸三証券10,5001.00
むさし証券10,5001.00
楽天証券10,5001.00


幹事引受けはSBI証券が約85%を引受けるため忘れずに申込んでおきましょう。IPOチャレンジポイントボーダーは200Pあたりと推測されているようです。


想定ベースの初値2倍は1,080円となり300株配分となっても540×3で1,620円の利益です。5月上場はバルテスしかないため予想よりも高く寄り付く可能性もありますが、ポイントを使われる方はよく考えたほうがよさそうです。個人的には200ポイントで20万円程度は利益が欲しいところです。


同社の事業はAV機器、家電、産業機器などの組込系ソフトウェアなどの不具合を見つけることを主力とし売上の86.8%を占めます。売上は伸び続けていますが利益にばらつきがありやや不安定な状況に感じます。今期予想は前期に対し増収増益となっています。


上場空白期間はIPO市場にプラス効果があるため個人的にも期待しますが、ハウテレビジョン(7064)やトビラシステムズ(4441)のセカンダリー値動きがそれほど強くないため気になっています。バルテス上場までに一相場あると資金流入が大きく変わるため連休明け相場に期待でしょうか。


軽量級の上場で株単価が低いところに注目していますが、最近のセカンダリーは火が付くのが遅いのでどうなるでしょうか。まずは仮条件が引上げとなるか機関投資家の意見が必要でしょう。


IPOチャレンジポイントを使わないのであれば、口座を開設している証券会社から徹底的に申し込みを行い1枚当選で5万円利益を狙いましょう!楽天証券岩井コスモ証券は後期型抽選を採用しているので、頑張られる方は資金移動を行い後期型抽選に参加することもできます。


私は入金していますが、面倒な資金移動を行い当選する方も中にはいらっしゃいます。後期型抽選のポイントはブックビルディング段階で資金拘束がなく購入申し込み時に資金拘束となることが多いです。


口座開設するとAmazonギフト券が2,000円貰える 【ユニコーンに登録してみた】
⇒ ユニコーン公式

ユニコーン投資

※ユニコーン(UNICORN)評判とデメリットについてまとめた記事を作成しました

上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!