仮想通貨ニュースで追い風になりそうなニュースを見つけました。フィスコ・ビットコインニュースに掲載されていましたが、ユニセフがブロックチェーンの新興企業に投資をすることを検討しているそうです。


何となく凄い気がするのは私だけでしょうか?





【フィスコ・ビットコインニュース】

ユニセフが、世界中の子供たちを助けるというミッションのもと、ブロックチェーンの新興企業に投資をすることを検討しているという報道が出た。

1月16日に出された声明によれば、国連のプログラムはオープン・ブロックチェーンのソリューションを開発するシード・ステージの企業に50,000~90,000ドルの投資をするという。また、オリジナル性に優れ、拡張性や適用力をもって分散型元帳技術を使用することができる企業への関心も表している。

ユニセフによるこの動きは、人道的な事由へのブロックチェーン技術の適用を支援するという非営利団体による投資として最新の事例である。

ユニセフは2016年にも南アフリカのブロックチェーン新興企業へ投資している。ユニセフ ・ベンチャー代表のクリストファー・ファビアン氏はこの件について、新しい企業を見つけて投資するための最初の一歩になったと述べ、さらに近い将来のブロックチェーンの使用への期待を見せている。


仮想通貨のあり方が変わろうとしている気がします。今後どのようになるのか分かりませんが、様々な企業が参入している仮想通貨分野に未来はあるのか?


あろうがなかろうがユニセフは応援しますが、色々と見解はあると思います。


仮想通貨暴落を受けて私の資産はどうなった?




だいぶ含み益が減りましたがまだ決済をしていません。


それよりも暴落時に買い向かおうと思いましたが、悩みに悩んで現状維持となりました。買っていれば一瞬にして利益が出ていたように思いますが、リスクが嫌いなので現状維持を判断です。


仮想通貨のMAX利益は250万円程になったと思いますが、現在は100万円程度まで落ち込んでいます。株やFXなどはすぐに決済をしますが、なぜか仮想通貨は決済をしません。


投資額が無くなるあたりまで下落すれば考えるかもしれませんが、その日がこないことを祈るばかりです。


年末に仮想通貨が盛り上がり、決済をしたくてうずうずしていましたが、所得区分の問題で本年度に持ち越し暴落を体験しています。ただこれからも買い増しをしてみるつもりです。


草コインなどにも興味がありますが、運営企業に問題があるかもしれない?ということが引っかかります。やはり日本人に対応している企業がよいですよね。


利益確定を逃した私に言われたくないと思いますが仮想通貨はタイミングなんですよね。1日の値幅変動も大きいためハイリスクハイリターン投資と言えそうです。


DMMなどもCMを開始しているので日本人の暗号資産(仮想通貨)投資家も増えると思います。利益が出ると言うことは誰かが損している可能性があるため取引は慎重に行っておきましょう。


積立投資を行う投資家も少しづつ増えているようです。富裕層もリスク分散で暗号資産(仮想通貨)を買っているそうです!


上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

Funds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的に記事でまとめています。

Funds(ファンズ)

先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。1円から投資できるスキームは他社にありません!