コインチェックがハッキングに合っているようです。
私も預入資産がそこそこあるため気が気ではありません。しかし、どうにもならないため公式サイトからの発表を待つしかありません。
仮に倒産したとなれば顧客の資産は・・・・





【ヤフーニュース】

国内のビットコイン取引所大手のコインチェック(coincheck)社で、顧客の預かり資産とみられる仮想通貨「XEM」が5.4億XEM、日本円にして約620億円以上が引き出されていることが分かりました。

現在、コインチェック社に問い合わせを行っても繋がらず、オンラインで個別に質問を投げても「公式に説明ができる状況になるまで待ってほしい」という内容の返答があるのみの状態です。

~省略~

関係者によると、投資家の資金を保全するための措置をどうもコインチェック社は取っておらず、この方針はコインチェック社の経営方針に深い影響力を持っている佐俣アンリさん率いる株主の「ANRI」によるものだと言われています。


これがマウントゴックス社の事例のようなクラッキングによる盗難であったとしても、取引所は投資家の資金を可能な限り返還する必要がありますが、取引所がきちんと投資家保護のための口座分割をせずただ利益拡大のためにずさんな経営管理をしていたのだとするならば経営陣のみならず株主も責任を問われることになるでしょうし、仮想通貨全体の相場観を大きく冷やすことにもなるでしょう。


ただコインチェックの対応は素早く「NEM.io財団」との連絡を早期に取っていたもようです。
お隣の韓国でも同様のことが以前起こり、その時は企業が耐えましたが、しばらく前に2回目の被害で倒産しています。


私は投資した時期が早かったので投資額は低いですが、心が痛いですね。それにウォレット口座は持っていましたが、移したことはありませんでした。


決済して出金までは絶対にしていなかったと思うので、どうせ一緒ですね。
状況を見据えてから行動に移すしかありません。なんとなくやばい話ですが、日本企業ですし、取締役の和田圭祐氏と大塚雄介氏たのみますよ・・・





【追記】
その後、現金で支払うことが決まったようです。
コインチェックの決断は早いですね!!
私はいてもたってもいられずに仮想通貨を少しだけ利益確定させました。


コインチェック株式会社(代表取締役社長:和田晃一良、以下:当社)が運営する仮想通貨取引所サービス「Coincheck」において発生した仮想通貨NEMの不正送金に伴い、対象となる約26万人のNEMの保有者に対し、以下の通り、補償方針を決定いたしましたので、お知らせいたします。

1月26日に不正送金されたNEMの補償について
総額 : 5億2300万XEM
保有者数 : 約26万人
補償方法 : NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。
算出方法 : NEMの取扱高が国内外含め最も多いテックビューロ株式会社の運営する仮想通貨取引所ZaifのXEM/JPY (NEM/JPY)を参考にし、出来高の加重平均を使って価格を算出いたします。算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から本リリース時までの加重平均の価格で、JPYにて返金いたします。
算出期間  : 売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間)〜本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間)
補償金額  : 88.549円×保有数
補償時期等 : 補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。なお、返金原資については自己資金より実施させていただきます。


下記の記事で自分のメンタル面のなさを見てはいよ~
これで仮想通貨がぶっ飛んでも痛手は終わないと思います。気持ちの問題かもしれません。