コインチェックで新規口座開設できることになりました。マネックス証券が買収したコインチェックですが、ようやくサービスが前進することになりました。どうやら金融庁との協議が進まず今に至るようです。相変わらず私はコインチェックにそのままコインを放置していますが、これで仮想通貨市場が活性化すれば面白いと思います。


コインチェック2018年10月サービス再開


同社は巨額仮想通貨流出事件を起こしNEM(ネム)を580億円流出させてしまいました。26万人分のNEM仮想通貨すべてをハッカーに奪われています。私もNEMを保有しており驚きました。


流出後売買停止が行われ保証すると同社が発表し、保証金が1枚当たり88.549円と決定します。確か1月27日に起きた事件で心配になり、リアルタイムで会見を見たことを思い出します。とんでもない事件が起きたと当時は思いましたが、ずさんな管理が問題だと言うこともわかりました。


これにより数百万円の含み益が一気に下げ基調となり、市場全体の下げにつながります。その後、仮想通貨の資産がどんどん下がり私も150万円~200万円以上の利益が消えてしまいました。当時はどうなるのかわからず心配していましたが、時間の経過とともに冷静になり、損をせずに済んだだけましだと感じています。


コインチエックサービス拡大は何処まで?

同社のサービスが再開されることになりましたが、全てのサービスが再開されたわけではありません。今までは日本円の入出金、取り扱い仮想通貨の送金および売却、ビットコインの購入のみでした。


今回のサービス拡大では「新規口座の開設」「BTC、ETC、LTC、BCHの仮想通貨入金」「ETC、LTC、BCHの購入再開」になります。売却については書かれていませんが、そもそも売却可能となります。


同社の仮想通貨入金及び購入については下記のようなことが書かれています。


この度の再開に伴い、全てのお客様に、入金の際は入金アドレスを再発行していただく必要がございます。「コインを受け取る」画面より「アドレスを作成」を押下し、新しく入金アドレスを発行していただきますようお願い申し上げます。旧入金アドレス、もしくは異なる仮想通貨の入金アドレスに送金された場合、残高への反映や仮想通貨の返還は致しかねますので、ご留意くださいますようお願い申し上げます。



残額への反映はわかりますが、返還しないようなので気を付けましょう。この辺りのことは初心者にはあまり関係がないと思われますが、気になる方はコインチェックに問い合わせてみるとよいでしょう。ちなみに私は20万円弱を永遠と放置しています。


また、本日ザイフに入金を3万円だけ行い仮想通貨の注文をしています。まだ約定していないようですが、そのうち約定するでしょう。仮想通貨の法整備も進んでいますし、これから拡大すると今でも思っています。どの通貨が主軸となるのかはわかりませんが、期待しています。


昨年の今頃は何となく仮想通貨に投資をしたら数百万円の含み益となり、初めてバブルというものを経験しました。今年も再来してくれると嬉しいですが、まだ時間が必要だと考えています。


マネックス証券の公式ページには書かれていませんが、今後どのようなサービスを展開してくるのか期待しています。また、再開準備となるサービスが多数控えているためこちらも合わせて期待したいと思います。一時期は日本が仮想通貨を主導しているとまで言われましたが、これからどうなる?


この報道を受けても仮想通貨はあまり反応していないようです。マネックス証券から経営陣を導入し期待したいと思いますが、マネックス発表のデータによると、2018年4月~9月の税引前損益は8億4,700万円の損失だそうです。本格的にサービスが開始されれば数ヶ月で取り戻す可能性も?


個人的には仮想通貨市場に期待しています。


リップルの現物取引が可能なビットバンクが熱い! 【取引手数料が全ペアで無料】
⇒ ビットバンク公式へ