Speee(スピー)IPOの抽選結果が出ました。大手予想の評価は心配する面もありますが、利益が出る可能性が高いとの情報です。ありきたりなSEOコンサルティングを行う企業とは言え結果が出ているため評価されるようです!


エブレン(6599)やグッドパッチ(7351)の初値形成後の値動きが下げているためセカンダリー相場が気になります。コマースOneホールディングスに至っては連日の下げとなっています。


Speee(スピー)IPO抽選結果


あまり人気がないと思っていましたがIPO地合いが良いため申込者が多かったようです。ただ少し地合いが変わってきている気がするので注意したほうが良いかもしれません。


初値利益はでると思いますがIPOに参加している投資家も少し心配のようです。ネットでは当選者が出ているようです。また補欠当選者がなぜか多い気がします。


補欠当選を申込めば繰上り当選期待もあるかもしれません!直近のIPOと比較するとやや人気が薄れると思われます。


Speee(スピー)IPOの公開価格が決定

Speeeの公開価格は仮条件上限の2,880円で決定しています。幹事引受価格は2,649.60円になります。


訂正事項によると以下の内容が記されています。


① 申告された総需要株式数は公開株式数を十分に上回る状況であったこと
② 申告された総需要件数が多数にわたっていたこと
③ 申告された需要の価格毎の分布状況は、仮条件の上限価格に集中していたこと


ブックビルディングに参加した方が多く、仮条件上限に決定したと言った内容になっています。現在の地合いを考慮すれば当たり前だと思います。


少し過熱感があるため心配しています。この過熱感が上場に冷めていると公開価格前後の初値が付く可能性もあると思います。日本もコロナ禍の影響が出始めているためもう少し投資に慎重になっても良いかもしれません。


上場承認時の記事は下記になります。業績や事業内容などをまとめているのでよかったら参考にしてください。
Speee(スピー)IPO上場承認と初値予想!魅力ある事業でも公募割れ懸念「再承認」


Speee(スピー)IPOの幹事別抽選結果はこうなりました!

野村證券主幹事のためそこまで期待はしていませんでした。しかし結果はほぼ落選となっています!


幹事名抽選結果
野村證券(主幹事)落選
SBI証券補欠当選
みずほ証券抽選前
楽天証券後期型抽選
SMBC日興証券落選
大和証券抽選前
マネックス証券落選
藍澤證券申込忘れ
いちよし証券電話待ち


speee(スピー)IPO補欠当選


SBI証券で補欠当選を頂いています。繰上げ当選期待は少ないですがIPOチャレンジポイントを貰うために申込を行っておきたいと思います。


マネックス証券も引受け株数が少なく落選となりました。野村證券で当選できなかったことが悔やまれます。


Speee(4499)抽選結果


なかなか思うようにIPO当選となりませんが気を落とさずに申し込み続けましょう。面倒だと思う方は抽選参加をやめておきましょう。残った投資家でIPOを楽しみたいと思います。


IPO投資は面倒なので途中で離脱する方も多いのが現状だと思います。




Speee(スピー)IPOの最新の初値予想は?

スピーの最新初値予想を調べてみました。現在のところ人気なのはわかっていますがこのまま地合いが維持できるのか少し心配です。


最新のIPO初値予想


大手予想は公開価格2,880円に対して初値予想が5,000円~6,000円になっています。


今後修正される可能性もありますが最終予想は上場前日に情報共有できればと考えています。初値2倍に届けば大成功になるでしょう。


再承認で大幅に上場規模を変更し、上場市場を変更してきたことも思い出してください。他の銘柄よりもリスクがあると思うのでご当選された方もよく考えて購入申し込みを行いましょう。


当選していたら購入申込みすると思いますがコロナ第二派懸念などもあるためどうでしょうか?現状で初値6,000円の期待は大きいようです。


前受け金不要でIPO抽選に参加できる貴重な証券会社 【むさし証券は穴場証券かも?】
⇒ むさし証券公式へ

むさし証券トレジャーネット

※むさし証券のIPO抽選ルールを調べてみた結果

上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!