Branding Engineer(ブランディングエンジニア)が明日上場します。地合いも良いことから初値7倍を超えてくる可能性があるようです。吸収額が公開価格490円に決定し上場規模が約2.1億円と小さく需給ひっ迫状態だと伝えられています。


ご当選されている方おめでとうございます。セカンダリー投資を専門にされている方の動きが気になりますね。機関投資家が参戦するには規模が小さいため個人投資家の売買が中心となりそうです。


Branding Engineer(ブランディングエンジニア)最終初値予想と気配運用
※ブランディングエンジニア公式ページ引用

項 目気配運用の内容
板中心値段490円(公募・売出価格)
上限値段1,127円(更新値幅25円、更新時間10分)
下限値段368円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲123円以上、1,960円以下


企業に対してエンジニアリソースの提供を行うMidworks事業を主力にし、メディア事業やFCS事業などを行っている企業です。注目されている事業は、ITエンジニアとITサービス開発を行う企業をマッチングさせるビジネスです。


派遣などの人材関連ビジネスはコロナ禍により影響が出始めているようです。しかし、同社の場合は専門的な人材ということで慢性的な人手不足が指摘されているようです。


他の上場企業もIT系の技術者に対して需要が多いと伝えられているため、ITなどの専門知識を持った人材はコロナ禍の中で貴重な存在なのかもしれません。


ブランディングエンジニアの2020年8月期本決算では増収減益予想となっているようです。


ITエンジニアは割と仕事をテレワークに切り替えやすいため、新型コロナウイルス感染症による事業への影響は少ないのかもしれません。某社によれば今後の業績を考えれば700円あたりが妥当水準かも?と言った意見もあるようです。


上場時は株数が少ない事と上場規模が小さいことで初値買いが多くなる見込みです。またベンチャーキャピタルに対してロックアップ解除倍率が付与されていないため90日間は売却不可となっています。


このためVCが初値売りを行わない安心感がセカンダリー投資においてあります。幹事引受け価格は450.80円となっています。詳しくは上場承認記事でまとめているので参考になるかと思います。
Branding Engineer(ブランディングエンジニア)IPO上場承認と初値予想!


Branding Engineer(ブランディングエンジニア)のIPOチャレンジポイントボーダーライン当選は100株

Branding EngineerのIPOチャレンジボーダーラインは380Pあたりだったようです。そしてSBI証券の複数当選が期待されていましたが、100株の単元株当選になりました。


これまでの流れからすると幹事引受け株数が336,500株あるため200株配分が濃厚でした。もしかすると公募と売出株の引受け比率に関係があるのか?と思うところもあります。


調べると引受株数200,300株になり、売出株136,200株となっています。合わせると336,500株です。詳しく分析してみる価値はありそうですね。


SBI証券のIPOチャレンジポイントについては下記記事でまとめています。数年間ポイントを貯めることでIPO当選を狙えます。ただ凄く根気がいります!私は50万円~100万円利益を目指して頑張って貯めている最中です!




たまにIPOチャレンジポイント狙い(通常抽選)でも当選できているので、たまに当選できればモチベーション維持ができると思います。


SBIネオモバイル証券(ネオモバ)抽選結果


また今回はSBIネオモバイル証券(ネオモバ)でIPO抽選に参加された方も多かったと思います。私は29株申込んでいましたが完全落選となりました。


通常の抽選参加と流れが異なるのでこれからIPO抽選に参加される方は下記記事をご一読されるとわかりやすいと思います。はじめて申込んだときは当選できたんですけどね。それにネオモバのTwitter抽選で1万円分のTポイントも頂いています!




Speee(スピー)の補欠当選は繰り上がったのか?まさかの神降臨

Speee(スピー)の補欠当選で購入申し込みを行っていました。しかもSBI証券で補欠当選だったので繰り上がることはまず無理だと考えていました。


当落状況を確認してみると!


Speee(4499)補欠繰上りと落選


なんと普通に落選でした。そしてIPOチャレンジポイントを1P頂いています。


これが現実なんですよね。でもたまに当選するからIPOを続けられています。ここ数日で利益が30万円~50万円出そうな銘柄の抽選結果があります。


そろそろIPOに当選していてもよいと思っています。ブランディングエンジニアはIPOチャレンジポイントを使えば当選できていました。しかし、欲張りなのでまだ使わずに温存することを判断しました。


前受け金不要でIPO抽選に参加できる貴重な証券会社 【むさし証券は穴場証券かも?】
むさし証券トレジャーネット


店頭系の企業も前受け金不要で抽選に参加できるところがあります。むさし証券も前受け金不要なので口座がない方は用意しているとチャンスがあるかもしれません。


Branding Engineerは上場2日目に初値が付かず上場3日目に突入する予想が出ています。その間に地合いが変化しないことをホルダーは祈りましょう。今日はロコガイドがストップ高になっています!PTS取引では上場来高値を記録しているようです。

上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!