プレイド(4165)IPOの初値予想と幹事割当数などを今回も自己評価したいと思います。上場前の抽選参加スタンスや業績予想などについても調べています。


業績は赤字となるようですが海外販売比率が大きく、グーグルが株主になっていることで注目されそうです。ただ地合い悪化になると利益が見込めないと思っています。


プレイド(4165)IPO初値予想


項目株数データ
想定価格1,400円
仮条件11月30日
公開価格12月07日
公募株数1,522,000株
※国内募集608,800株、海外募集913,200株
売出株数12,817,000株
※国内売出4,697,200、海外売出8,119,800株
公開株数(合計)14,339,000株
オーバーアロットメント716,000株
上場時発行済み株数36,930,900株(公募分を含む)
想定ベースの時価総額約517億円
幹事団みずほ証券(共同主幹事)
BofA証券(共同主幹事)
野村證券
SBI証券
マネックス証券
楽天証券
クレディ・スイス証券
岩井コスモ証券
岡三証券
大和証券
東海東京証券
極東証券
丸三証券
委託見込岡三オンライン証券
SBIネオトレード証券


今期業績は売上増となりながらも大きく赤字になります。業績面の評価は難しそうですが、サブスクリプションモデルの収益構造のため機関投資家に人気があります。


今回はグローバルオファリング案件になり海外販売は公開株数の約63%になります。海外比率が高いことから需要が多いと考えているようですね。


また、今期赤字の要因の一つに新規顧客開拓のための広告宣伝費や人件費の増加等の先行投資を実施したことなどが挙げられています。


サブスク型でクラウド方式を用いて提供されるSaaSのため、いずれ安定した収益を得る期待があると思います。ただ上場時に赤字額が過去最高になるってどうなんでしょうね。


個人投資家だと怖くて投資できませんが、ここは大手予想や某証券紙を信じで参戦しておきたいと思います!


Jointoα(ジョイントアルファ)
※口座開設でAmazonギフト券が期間限定で貰えます


プレイド(4165)IPOの大手初値予想と評価はこうなる!

大手初値予想の数値を調べてみました。非常に参考になる数値なので、投資家のブックビルディングスタンスにも影響を与えると考えています。


IPO初値予想


最新の初値予想は下記のようになっています!


大手初値予想1,700円~2,500円
※注目度A


事業はクラウド型CXプラットフォームであるKARTE(カルテ)の提供を行います。


KARTEは、定量面・定性面を含めて多面的に「一人ひとりの顧客がわかる」機能、分析や施策アクション機能の強化を継続的に実施しているとあります。


デジタル・マーケティング・サービス領域だけでなく、カスタマーサポート領域、営業領域など、あらゆる部署を顧客目線へと導くことのできるプロダクトとして様々な部署で活用できるそうです。


簡単サービスを説明すると、運用サイトに訪れたユーザーとその行動をリアルタイムに解析・可視化するツールです。サイト運営側も時代共に運営にお金がかかりますよね。


もっと詳しく知りたい
プレイドの詳細情報を知りたい方は下記記事にまとめているので参考にしてください。仮条件発表後には追記する形で最新の初値予想も記載しています。
プレイド(4165)IPO上場承認と初値予想!SaaS事業でKARTEが急伸もデメリット発見

Twitterでも情報発信しているのでよかったら参考にしてください。Twitterは投資材料の宝庫なので上手に使いましょう!


よろしければフォローしていただく事で情報共有ができるようになります。



プレイド(4165)IPOの幹事割当数と引受割合を調べました

幹事割当数と引受割合を調べました。主幹事はみずほ証券とBofA証券が務めます。


幹事名割当株数引受割合
みずほ証券(共同主幹事)3,846,300株72.49%
BofA証券(共同主幹事)265,300株5.00%
野村證券418,100株7.88%
SBI証券179,300株3.38%
マネックス証券179,300株3.38%
楽天証券143,300株2.70%
クレディ・スイス証券119,400株2.25%
岩井コスモ証券32,900株0.62%
岡三証券32,900株0.62%
大和証券32,900株0.62%
東海東京証券32,900株0.62%
極東証券11,700株0.22%
丸三証券11,700株0.22%


初値利益を狙うのもリスクが伴うため損失を出したくない方は申込みを控えてもよいと思います。この時期になると微妙なIPOが増えるため困りますよね。


引受幹事が多いためほどよく申込を行い当選を目指しましょう。楽天証券や岩井コスモ証券は購入申し込みを忘れるため忘れないように努力しましょう!


記事更新があると私は申込んだ気になり忘れることが多いです。ブックビルディング申込みが面倒だと思うことも最近はあるため私も頑張ります。


それでも申し込み忘れますからね。流石に当選後の買付けを忘れることはないと思いますが、過去に1回だけあるんです。




プレイド(4165)IPOの業績予想と抽選参加スタンス

プレイドの最新業績予想を調べ抽選参加スタンスについて考えてみたいと思います。人気が見込めれば積極的に参加しIPOで利益を狙いたいと思います!


業績予想とBBスタンス考察


業績を確認すると2021年9月期の業績予想を確認することができました。売上52.11億円となり前期40.07億円から30.0%増、経常利益-2.35億円となり前期-12.05億円からかなり改善しています。


四半期利益は-2.38億円で前期-12.07億円から大きく改善する予想がでています。EPSは-6.51になりBPSが55.65になります。PERは算出不可でPERは25.16倍です。


類似企業比較だとPER50倍~150倍のようです。※2020年11月25日調べ


証券紙などで取上げられ初値期待ができると言われていることから個人的にはブックビルディングに全力参加予定です。地合いを日々確認しながら調整したいと思います。


ECF投資ができるイークラウドで口座開設を行うとAmazonギフト券1,000円貰えます!投資家を増やすための戦略だと思いますがIPOとも関連性が高いため口座だけ持っておくと良いと考えています。


上場する可能性が高い案件だけ投資を行っておくことをお勧めします。たまに優良案件が出ますからね。


将来IPOを行う可能性があるベンチャー企業に投資できる! 【大和証券グループがサポート】
イークラウド


詳しい内容は下記記事でまとめています。大和証券主幹事になる可能性が高いと考えていますが、同社へインタビューを行った際に企業側が選択すればよいとお話を頂きました。


大和証券にも期待しています!ガチガチのIT企業が登場する可能性もありますからね。


クラウドバンクを使った投資を5年間続けています

1万円から投資ができコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。実質平均利回りは6.80%で融資元本回収率は100%を維持しています!

クラウドバンク評判

下記記事で実際に投資を行っている内容をまとめています。即時入金も用意され入金を無料化できます。毎月分配金型になり日本円の出金も無料なのでお小遣いにすることも可能です。