ビートレンド(4020)のIPOが東証マザーズに新規上場承認されたので詳しくご紹介したいと思います。今回も業績や上場規模などを確認し、IPO抽選に参考になるような情報を自己評価してみたいと思います。


主幹事はみずほ証券が務め公開株数164,500株、オーバーアロットメント24,600株です。上場規模は想定発行価格2,680円から計算すると約5.1億円になります。上場規模が小さく需給が逼迫するでしょう。


ビートレンド(4020)IPO上場承認
※ビートレンド公式サイト引用


12月17日は5社上場となっていますが初値付かずになると思います。資金分散は気になりますがネガサ株になり利益も大きく見込めそうです。


CRMを中心としたソフトウエアプラットフォームをSaaSで提供している企業になります。CRMを簡単い言うなら顧客管理(顧客関係管理)です。


似たような事業はあると思いますが、投資家に好まれる事業のため面白そうです。前期売上約7.5億円で純利益が約3,800万円と事業規模は小さいようです。


業績から考えると上場規模がやや問題かもしれませんが、イケイケ市場となっているため買われると思います。ストック型のビズネスモデルのため投資家に好まれるでしょう。


ビートレンド(4020)IPOの上場基本データと引受幹事

項目上場基本データ
市場マザーズ
業種情報・通信業
事業内容飲食店・小売店等を展開する企業向け顧客情報管理ツールであるCRMソフトウェアプラットフォーム「betrend」の提供・運営
上場予定12月17日
ブックビルディング期間12月01日~12月07日
想定価格2,680円
仮条件11月27日
公開価格12月08日
初値結果
企業情報https://www.betrend.com/
監査人EY新日本有限責任監査法人


【手取金の使途】

手取概算額192,248千円については、「1 新規発行株式」の(注)4.に記載の第三者割当増資の手取概算額上限60,653千円と合わせた手取概算額合計上限252,901千円を、設備資金として①スマートCRMの機能の追加・既存機能のバージョンアップ、②サービス用システムの冗長化、及び③営業・技術部門の増員に伴う採用費及び人件費に充当する予定であります。

①スマートCRMの機能の追加・既存機能のバージョンアップ
当社が提供するスマートCRMの機能の追加・既存機能のバージョンアップに145,000千円を充当する予定

②サービス用システムの冗長化
当社が提供するCRMサービスはSaaSで提供しており、顧客企業とそのお客様が安心してサービスを利用していただくためシステム稼働の安定化が重要であります。インフラ設備を含むシステムの冗長化を更に進めるため81,000千円を充当する予定

③採用費及び人件費
当社のCRMサービスを更に拡大するため新規案件の開拓及び既存顧客の規模拡大のため営業人員を増強し販売体制を強化する予定です。また、導入企業の既存システムとの連携、導入企業ごとのニーズに合わせたシステム構築などのシステム開発の需要の高まりに対応し開発体制を強化するため、これらの採用費及び人件費に26,901千円を充当する予定

※有価証券届出書(新規公開時)引用



項目株数データ
公募株数80,000株
売出株数84,500株
公開株数(合計)164,500株
オーバーアロットメント24,600株
上場時発行済み株数1,028,800株(公募分を含む)
想定ベースの時価総額約27.6億円
幹事団みずほ証券(主幹事)
丸三証券
いちよし証券
岩井コスモ証券
エース証券
マネックス証券
委託見込ライブスター証券
DMM.com証券


ビートレンド(4020)上場評判とIPO分析

想定発行価格2,680円を基に吸収金額を算出すると約4.4億円となり、オーバーアロットメントを含めると約5.1億円規模の上場となります。


ビートレンドは飲食店や小売店を展開する企業等に対して、顧客管理ツールとして多様な情報送受信の手段及び情報分析手段を有するCRMソフトウエアプラットフォーム「betrend」を、SaaS型で継続的に提供するとともに顧客ニーズに合わせた周辺サービスを提供しています。


「betrend」は、顧客情報をベースとした機能をメール配信サービスに限定した「メールマーケティングサービス」及び「メールマーケティングサービス」機能に加え、顧客管理ツールも含めた「スマートCRMサービス」の2つのサービスに大別され、直販または代理店販売により提供しています。


サービスは月額定額課金に加えて、会員数や通信料に応じた従量課金や店舗毎課金を組み合わせた年間契約(リカーリングレベニュー)を基本とする、ストック型のビジネスモデルとなっています。


この他、サービス導入時の初期設定や導入企業の既存システムとの連携、導入企業毎のニーズに合わせたカスタマイズ開発、その他スマートCRM周辺サービスとして都度手配されるサービス(ワンショットレベニュー)で構成されます。


ビートレンド(4020)上場評判と業績
※有価証券届出書引用


スマートCRMサービスの導入企業は、主として飲食店・小売店・サービス提供店など実店舗を多店舗展開する企業となっています。


導入企業はスマートCRMサービスを活用し、会員登録する顧客の個人情報である氏名・メールアドレス・会員ID・住所・性別・生年月日・職業などの属性データを得ることができます。


来店回数・来店日付・ポイント数・クーポン利用回数・来店スタンプ数・購買商品・購買金額などの行動履歴や購買履歴情報など多くの情報を管理しています。


情報送受信の手段には、会員登録フォーム・メール配信・空メール送信・アプリプッシュ通知・音声自動送受信・LINE連携などがあります。


ビートレンド(4020)IPOの売上に占めるリカーリング
※有価証券届出書引用


スマートCRMサービスはポイント機能やスタンプ機能など購買行動履歴や来店履歴を蓄積管理している顧客導入企業が多く、継続利用が前提のサービスとなっています。


直近12ヶ月の平均月次解約率は契約金額ベースで0.6%となっています。


メールマーケティングサービスは、継続的に利用されるサービスですが、スマートCRMに比べて情報配信のみに機能が限定されることから他のサービスへのシフトなどにより、直近12ヶ月の平均月次解約率は契約金額ベースで1.5%とスマートCRMサービスに比べ高くなっています。


導入企業は飲食店や小売店だけでなく、金融機関、学校、官公庁・自治体、エンターテイメントサービスなど、大量高速のメール配信機能を活用する幅広い顧客層がいるそうです。


ビートレンド(4020)IPO販売実績
※有価証券届出書引用


この他、カスタマイズサービスでは導入企業の既存システムとの連携、導入企業ごとのニーズに合わせたシステム構築などカスタマイズのためのシステム開発が伴う場合に、開発費と年間保守料を収受しています。


その他サービスでは、上記サービスに加え周辺サービスとして、スマートCRMのデータを活用したDM配信指示を受け、DMや会員カード等を印刷納品・郵送するサービス、ネット通販を支援するフルフィルメントサービスや商品・決済会社と接続連携するサービス等を提供しています。


ビートレンド(4020)の企業財務情報と配当性向

回次第20期第21期
決算年月2018年12月2019年12月
売上高635,570746,824
経常利益16,75553,574
当期純利益9,34237,809
資本金172,583172,583
純資産額230,338268,147
総資産額345,803404,994
1株当たり純資産額244.16284.24
1株当たり当期純利益金額9.9040.08
自己資本比率(%)66.666.2
自己資本利益率(%)4.115.2
株価収益率(倍)
配当性向(%)
営業活動によるキャッシュ・フロー73,35591,231
投資活動によるキャッシュ・フロー△59,276△58,680
財務活動によるキャッシュ・フロー△26,616△4,252
現金及び現金同等物の期末残高118,935147,236
※数値は千円単位



第22期第3四半期累計期間(2020年1月01日~2020年9月30日)
  • 売上高629,445千円
  • 営業利益80,785千円
  • 経常利益80,624千円
  • 四半期純利益55,096千円



【第22期第3期のチェックポイント!】

新型コロナウイルス感染症の影響はあったものの、新規顧客獲得に関する取り組みが功を奏し、スーパーやドラッグストア等の量販店からの受注もあり、2020年9月末時点での会員数が17,155千名(前期末比14.1%増)と拡大につながっているそうです。

営業活動では新型コロナウイルス感染拡大防止に係る政府見解を踏まえ、顧客と従業員の安全確保のため、在宅勤務及び時差出勤を励行しつつ、十分な感染防止策を講じ効率的な対応をしているそうです。


ビートレンド(4020)の株主状況とロックアップについて

会社設立は2000年3月10日、東京都港区赤坂二丁目22番24号泉赤坂ビル3Fに本社を構えます。社長は井上英昭氏(1962年1月06日生まれ)、株式保有率は22.05%(224,400株)です。


従業員数46人で臨時雇用者0人、平均年齢39.8歳、平均勤続年数6.6年、平均年間給与5,875,000円です。


セグメントはbetrend事業の単一セグメントとなっています。


氏名又は名称所有株式数(株)所有株式数割合(%)ロック
永山 隆昭521,500株51.25%
井上 英昭224,400株22.05%
富士フイルム株式会社92,400株9.08%
株式会社USEN-NEXT HOLDINGS20,000株1.97%×
投資事業組合オリックス11号20,000株1.97%×
須山 聖一12,000株1.18%×
株式会社エスネットワークス10,500株1.03%×
※株主上位7名の状況


【ロックアップについて】

本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人かつ貸株人である井上英昭、売出人である永山隆昭並びに当社株主である平川雅隆、澤田瑞樹及び谷内進は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後180日目の2021年6月14日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却(ただし、引受人の買取引受による売出し、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと等は除く)等を行わない旨合意しております。

売出人である富士フイルム株式会社は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の2021年3月16日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却(ただし、引受人の買取引受による売出し等は除く)等を行わない旨合意しております。

※有価証券届出書(新規公開時)引用



上位株主には180日間(2021年6月14日まで)のロックアップが付与されています。また富士フイルムに対して90日間(2021年3月16日まで)のロックアップが別に設定されています。どちらもロックアップ解除倍率の設定はありません。


一部の株主にはロックアップが掛けられていません。保有率は少ないようですが初値が高騰すれば動くかもしれませんね。


親引けは行われません。


ビートレンド(4020)IPOの初値予想と幹事引受け株数

大手初値予想は仮条件発表後に掲載を予定しています。しばらくお待ちください。


最新業績予想の他、仮条件発表後のPERやPBRなども後日追記します。


幹事名割当株数引受割合
みずほ証券(主幹事)
-株-%
丸三証券-株-%
いちよし証券-株-%
岩井コスモ証券-株-%
エース証券-株-%
マネックス証券-株-%


株数から考えると厳しい戦いになりそうです。エース証券以外の証券会社から全力で申込を行いたいと思います。エース証券は口座を開設していません。ネット申込ができないんですよね。


丸三証券から今回は抽選に参加できます。最近取扱いが増えています。過去に当選したことがあるため意外と穴場だと思っています。


余裕があれば口座の準備だけ行っておきましょう。引受幹事が多いとは言えませんがコンスタンスに幹事入りしています。むさし証券などと似たようなパターンだと思います。幹事引受け株数が多い場合は積極的に抽選に参加しておきましょう。




ETF投資に興味がある方はウェルスナビで新しいタイアップが始まりました!口座開設で1,000円プレゼント特典が用意されています。


ETF投資はめっちゃ地味だと思いますが、中長期で利益を狙うため積み立てが大事だと考えています。ドルベースだと利益率も大きいようです。今後、円安に動くと私の場合はさらに利益が積み増しとなりそうです。


ウェルスナビ運用画像(利益数値)
※ウェルスナビ公式サイト引用


通常キャンペーンは行われていませんが、タイアップキャンペーンが始まっています。下記記事にどんな投資なのかまとめてみました。よかったら参考にしてください。




ドコモユーザーだとTHEO+docomoのほうがdポイントが貯まるのでお勧めです。私はどちらも利用していますけど、ドコモユーザーではありません。


ポイントで投資できる環境が整ってきたため、賢い知識が必要だと思います!ウェルスナビと投資対象が異なるため似てるようで値動きが異なります。


ログインしてみるとこちらも利益が出ていました。積立を行っていないため約3%の利益となっていました。





類似企業のPERやPBRを調べてみました

類似企業とPERやPBRは仮条件発表後に記載したいと思います。


類似企業PER
PBR
PER-倍PBR-倍
PER-倍PBR-倍
PER-倍PBR-倍

ストックオプションの株数や発行価格を調べました

ストックオプション行使期間株式の数発行価格
2015年4月01日~2022年3月31日1,300株350円
2016年4月14日~2023年4月13日4,700株350円
2017年4月20日~2024年4月19日700株350円
2018年6月16日~2025年6月15日6,800株350円
2019年4月14日~2026年4月13日12,000株350円
2020年4月23日~2027年4月22日35,000株350円
2020年12月25日~2027年12月24日2,300株350円
2021年4月18日~2028年4月17日4,600株350円
2022年4月27日~2029年4月26日1,300株350円


上場時点で関係があるストックオプション(新株予約権)は60,500株になります。


ベンチャーキャピタル出資は1社で20,000株になるよです。



ツイッターでもIPO記事のチェックができます!

最新情報を手に入れたい方やレア情報、気になったことをツイートしています。IPO投資歴は13年と長くソーシャルレンディングも4年目突入!安定の利益でブログも14年目に突入。


ビートレンド(4020)IPOの評価と申し込みスタンス

ビートレンドIPOは鉄板系の銘柄なのでとにかく資金と口座が用意できれば積極的に申込みを行ってよさそうです。


上場日が重なっているため申込み忘れには気を付けましょう!他の銘柄を逆に狙う発想もありだと思います。


ビートレンド(4020)IPOの評価
※ビートレンド公式サイト引用


CRMソフトウエアは、導入企業が独自のシステムとして構築し保有するオンプレミス型と、自社ではシステムを保有せずアプリケーションサービス事業者が提供するクラウド型に区分されます。


同社が提供する「CRMサービス」はクラウド型CRMの市場に属し市場規模は年々拡大しているそうです。従来型のオンプレミス型からクラウド型へと変遷しているそうです。


競合は複数社で確認でき、ますます競争が激化してくると予想されています。競合企業との差別化を行うためワンストップで機能活用ができるソフトウエアプラットフォームを構築するそうです。


新型コロナウイルス感染症の影響は、現時点で主な取引先である大手外食チェーン店やスポーツクラブ、大手百貨店等の業績も多大な影響を受けているそうですが、経営基盤が厚い企業が多いことでシステム利用は堅調に維持されているそうです。


このことから、同社サービスを利用している企業の業績が大きく傾かない限り、サービス利用は継続されると考えられます。ストック型ビジネスの強みですからね。


株式売買手数料がなんと無料の企業がついに登場! 【日本初のサービス】
スマートプラス(STREAM)


株式売買手数料がずっと無料の企業があることをご存知でしょうか?デメリットはスマートフォン(株取引アプリ)のみの売買になっていることです。現物取引手数料や信用取引手数料は必要ありません!


スマートプラスでは手数料が無制限に無料となっています。詳しく内容をまとめたので興味があれば参考にしてください。


上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!