オーケーエム(6229)のIPOが東証2部に新規上場承認されたので詳しくご紹介したいと思います。今回も業績や上場規模などを確認し、IPO抽選に参考になるような情報を自己評価してみたいと思います。


主幹事は三菱UFJモルガン・スタンレー証券が務め公開株数1,317,000株、オーバーアロットメント197,500株です。上場規模は想定発行価格1,090円から計算すると約16.5億円になります。


東証2部としては通常サイズの吸収額になりますが、IPOラッシュのため利益が少し見込める程度になると思います。


オーケーエム(6229)IPO上場承認
※オーケーエム公式サイト引用


日本のバルブ製造業は経済産業省工業統計調査によると、2018年時点で従業員4名以上の事業所数は406事業所となっているそうです。大部分が小規模の機械加工を専門とする工場であり、自社ブランドで製造販売を行う会社は150社程度です。


経済産業省のデータによると、2017年においては4,774億円の生産があり、その後も好調な世界経済に牽引され、バルブ生産額は高水準を維持しているそうです。


普通の生活をしているとバルブ市場を気にすることはありませんが、インフラ的な役割も担っているビジネスだと考えられます。主要な販売地域はアジア地域です。


船舶分野では船舶エンジンの排気ガスに対してIMOによるNOx3次規制が2016年から実施され、同社製品はクリアーしていることで日本、韓国、中国のエンジンメーカーのエンジンへ標準搭載されることになっているそうです。


オーケーエム(6229)IPOの上場基本データと引受幹事

項目上場基本データ
市場東証2部
業種機械
事業内容バルブ製造販売事業
上場予定12月17日
ブックビルディング期間12月01日~12月07日
想定価格1,090円
仮条件11月27日
公開価格12月08日
初値結果
企業情報https://www.okm-net.jp/
監査人EY新日本有限責任監査法人


【手取金の使途】

手取概算額997,250千円及び「1 新規発行株式」の(注)5.に記載の第三者割当増資の手取概算額上限199,129千円とあわせて、以下の通りに充当する予定であります。

①建設資金の借入金返済資金
滋賀県野洲市に建設した研究開発センター(1期工事)の建設資金の借入金返済資金として2021年3月期中に1,100,000千円

②連結子会社への投融資資金
連結子会社である奥村閥門(江蘇)有限公司への投融資資金(常熟新工場の新設)として2021年3月期中に96,379千円

なお、上記調達資金は具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用する予定であります。

※有価証券届出書(新規公開時)引用



項目株数データ
公募株数1,000,000株
売出株数317,000株
公開株数(合計)1,317,000株
オーバーアロットメント197,500株
上場時発行済み株数4,315,200株(公募分を含む)
想定ベースの時価総額約47.0億円
幹事団三菱UFJモルガン・スタンレー証券(主幹事)
SMBC日興証券
SBI証券
みずほ証券
いちよし証券
西村証券
委託見込au カブコム証券
DMM.com証券


オーケーエム(6229)上場評判とIPO分析

想定発行価格1,090円を基に吸収金額を算出すると約14.4億円となり、オーバーアロットメントを含めると約16.5億円規模の上場となります。上場規模は問題ありませんが事業がニッチ過ぎるようです。


グループ企業は、オーケーエムと連結子会社「OKM VALVE(M)SDN.BHD.、蘇州奥村閥門有限公司、奥村閥門(江蘇)有限公司」の計4社で構成されており、建築、発電、造船、各種プラント等、幅広い業界における流体配管に使用されるバタフライバルブを中心とした流体制御機器の製造、販売を主な事業として取り組んでいます。


事業はバルブ製造販売事業の単一セグメントになりますが、セグメント別に代えて「陸用」「舶用」の市場区分別になります。


「陸用」の市場区分については、工場市場や建築市場のニーズを捉えて市場に喜ばれる製品を販売し、「舶用」の市場区分については、船舶市場で多くの販売実績を基盤に、更なる市場が求める環境対策分野のニーズを捉えた製品の販売を行っています。


2020年3月期の同社グループ連結売上高は陸用が52.3%、舶用が47.7%の割合を占めているそうです。


オーケーエム(6229)上場評判と業績
※有価証券届出書引用


「陸用」に関しては建築設備、化学、電力ガス、鉄鋼、紙パルプ、水処理業界等幅広い顧客に採用されている特徴があります。「舶用」に関しては各造船所に納入されています。


なお、「舶用」の製品に関連して、世界の環境規制にてIMOがNOx3次規制での舶用排気ガス処理装置の搭載を2016年1月01日より義務付けています。同社は一早く処理装置における世界的なライセンサー2社による船舶排ガス用バルブの製造販売認証を取得しています。


この船舶排ガス用バルブ市場で過半数のシェア獲得を目指しているそうです。同社グループの海外売上高比率は約3割を占めており、主に韓国や中国向けに船舶排ガス用バルブを販売しています。


オーケーエム(6229)IPOのバルブ市場規模
※有価証券届出書引用


主な製品は、弁体を90度回転して開閉するバタフライバルブになり、中間開度での流量調整機能に優れ、幅を取らず省スペースでの設置が可能だそうです。


また電子制御バルブについては、コンピューターからの信号によって弁体の開度を調整し、流体をコントロールします。この他にはナイフゲートバルブやピンチバルブなどがあります。


顧客ニーズに合わせたカスタマイズバルブを開発・製造・販売し、標準製品では対応できないニッチ市場を開拓しており、型式、サイズ、部品、材質、制御方法といったカスタマイズの組み合わせにより、10万種類を超える製品種類を取扱っています。


オーケーエム(6229)IPO販売実績と取引先
※有価証券届出書引用


同社グループにおける新製品開発は、さまざまな種類の試験・実験設備を活用しながら行っています。


商品開発部では、新商品の構想や設計・解析ソフトによる構造解析等の机上業務を行うと共に、開発項目に対する製品評価等を実施するために実流体実験装置、高温試験装置及び低温試験装置等を活用して流体制御に関する研究開発を実施しています。


これら研究開発を通じて長年蓄積してきた顧客ニーズに合わせた多様な試験・実験に基づくデータが、新製品開発の大きな手がかりとなっているそうです。


オーケーエム(6229)の企業財務情報と配当性向

回次第58期第59期
決算年月2019年3月2020年3月
売上高8,646,1868,852,118
経常利益1,335,461849,447
親会社株主に帰属する当期純利益891,193573,307
包括利益795,971555,381
純資産額5,161,3885,650,465
総資産額10,884,91610,318,395
1株当たり純資産額1,556.891,704.41
1株当たり当期純利益金額268.82172.93
自己資本比率(%)47.454.8
自己資本利益率(%)17.310.1
株価収益率(倍)
配当性向(%)
営業活動によるキャッシュ・フロー288,4301,573,930
投資活動によるキャッシュ・フロー△1,389,783△819,373
財務活動によるキャッシュ・フロー545,542△859,435
現金及び現金同等物の期末残高2,147,5242,015,202
※数値は千円単位



第60期第2四半期連結累計期間(2020年4月01日~2020年9月30日)
  • 売上高4,439,704千円
  • 営業利益722,487千円
  • 経常利益734,181千円
  • 親会社株主に帰属する四半期純利益526,257千円



【第60期第2期のチェックポイント!】

海外子会社の一社であるOKM VALVE(M)SDN.BHD.において所在する都市のロックダウンにより、操業を全面停止しましたが、1ヶ月程度で解除され通常に稼働することができたそうです。一方、日本国内においては新型コロナウイルス感染症の第2波により引き続き営業活動等の停滞が確認されています。

当第2四半期連結累計期間における業績については前連結会計年度末における豊富な受注残により堅調に推移し、新型コロナウイルス感染症の業績面への影響は比較的軽微だったそうです。


オーケーエム(6229)の株主状況とロックアップについて

会社設立は1962年5月31日、滋賀県蒲生郡日野町大字大谷446番地の1に本社を構えます。社長は村井米男氏(1951年11月17日まれ)、株式保有率は0.94%(31,800株)です。※創業は1902年1月


従業員数228人で平均年齢39.6歳、平均勤続年数10.0歳、平均年間給与5,551,117円です。


連結従業員数は321人になり、バルブ製造販売事業269人、全社共通52人となっています。臨時雇用者は目論見に書かれていません。


氏名又は名称所有株式数(株)所有株式数割合(%)ロック
有限会社クローバー通商618,500株18.23%
OKM従業員持株会379,640株11.19%
奥村 晋一280,030株8.26%
奥村 恵一204,690株6.03%
奥村 芳柾185,850株5.48%
株式会社滋賀銀行158,000株4.66%
奥村 勇樹113,440株3.34%
※株主上位7名の状況


【ロックアップについて】

本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、当社株主及び売出人である有限会社クローバー通商、奥村恵一、奥村幸代、奥村芳幸、当社株主及び貸株人である奥村晋一、当社株主であるOKM従業員持株会、奥村芳柾、株式会社滋賀銀行、奥村勇樹、奥村俊慈、日本生命保険相互会社、~省略~ 当社新株予約権者である杉野博昭は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後180日目の2021年6月14日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却(ただし、引受人の買取引受による売出し、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと等は除く)等は行わない旨合意しております。

※有価証券届出書(新規公開時)引用



上位株主には180日間(2021年6月14日まで)のロックアップが付与されています。ロックアップ解除倍率の設定は目論見に書かれていません。新株予約権者の杉野博昭氏にもロックアップが適用されます。


親引けは66,900株を上限として予定されています。


オーケーエム(6229)IPOの初値予想と幹事引受け株数

大手初値予想は仮条件発表後に掲載を予定しています。しばらくお待ちください。


最新業績予想の他、仮条件発表後のPERやPBRなども後日追記します。


幹事名割当株数引受割合
三菱UFJ・モルガンスタンレー証券(主幹事)-株-%
SMBC日興証券-株-%
SBI証券-株-%
みずほ証券-株-%
いちよし証券-株-%
西村証券-株-%


三菱UFJ・モルガンスタンレー証券が主幹事なので比較的個人投資家に配分期待ができると思います。また今回はau カブコム証券からの当選者も多いと思います。口座開設者は当選が狙えるため申込を行っておきましょう。


抽選申込と購入申し込みの2回が必要になるため申込み忘れが頻発します。私も忘れないように申し込みを行いたいと思います!




IPOが多くなってきたため資金余裕がない方は前受け金不要の証券会社を利用して抽選に参加しておきましょう!落選当たり前の気持ちで抽選に参加していれば気楽だと思います。


私もそのスタンスです!IPOラッシュになると申込み忘れを行う方が多いため当選のチャンスだと思います。




IPOラッシュになると資金拘束される証券会社で当選確率が高くなります。ある程度資金の余裕がある方はマネックス証券で積極的に抽選参加しておきましょう。


銘柄別に資金拘束されるためIPOラッシュになると申込みができない方が出てきます。微妙な銘柄ほど当選確率が高くなる傾向にあります!




類似企業のPERやPBRを調べてみました

類似企業とPERやPBRは仮条件発表後に記載したいと思います。


類似企業PER
PBR
PER-倍PBR-倍
PER-倍PBR-倍
PER-倍PBR-倍

ストックオプションの株数や発行価格を調べました

ストックオプション行使期間株式の数発行価格
2020年9月29日~2028年7月28日64,000株812円
2021年10月01日~2029年7月31日13,000株1,318円


ストックオプション(新株予約権)は64,000株が行使期限に入っています。残りの13,000株の発行価格は想定価格よりも高く設定されています。


ベンチャーキャピタル保有株は三菱UFJキャピタル30,000株とAGキャピタル17,000株の2社のようです。


ツイッターでもIPO記事のチェックができます!

最新情報を手に入れたい方やレア情報、気になったことをツイートしています。IPO投資歴は13年と長くソーシャルレンディングも4年目突入!安定の利益でブログも14年目に突入。


オーケーエム(6229)IPOの評価と申し込みスタンス

オーケーエムIPOは地味な事業なうえ、さらにニッチな市場だと言えます。個人的には好きな事業です。機械系になると仕事柄、身近に感じます。


オーケーエム(6229)IPOの評価
※オーケーエム公式サイト引用


同社も新型コロナウイルス感染症の世界的な感染拡大の影響等不安要素もあり、先行きは不透明と考えているようです。


しかし、舶用市場では長年の研究開発により船舶排ガス用バルブ等の需要が本格的に立ち上がり、当連結会計年度の売上高は8,852,118千円(前年同期比2.4%増)と過去最高になっています。


コロナ禍でもあまり心配することなく事業継続となっているようです。個人投資家には面白み身のない事業のため人気化することはないでしょう。


連結決算では、「連結子会社財務諸表の円貨換算額及び輸出入取引に係る為替換算額に影響を与える」とあるため為替の影響を受けます。


同社が上場する12月17日は複数社の上場が予定されているため、買い上がる感じではなさそうです。微妙なIPOばかりになっていますが、個人的には当選を狙ってみたいと考えています。


前受け金不要でIPO抽選に参加できる貴重な証券会社 【むさし証券は穴場証券かも?】
⇒ むさし証券公式へ

むさし証券トレジャーネット

※むさし証券のIPO抽選ルールを調べてみた結果

上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!